ワールドビジネスサテライト,12/14,トップニュース:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/14,トップニュース

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/14,トップニュース

今温暖化対策などを背景に輸送手段を鉄道にシフトする動きが
世界各国で持ち上がっています

こうした動きは日本企業にとって新たなビジネスチャンス
鉄道メーカーなどが海外に進出する動きが相次いでいます

イギリス・ロンドン
2009-12-14_235107.jpg
営業開始した日立製 高速電車「クラス395」
・車体を軽量化 ・営業最高時速225km
→省エネも実現

日立
・174両を納入 ・保守事業
→受注総額 約500億円

イギリスでは今後別の路線の高速かも予定
日立を優先した交渉が進められている

イギリス鉄道高速化
来年3月にも交渉成立の見通し
→総事業費1兆円超の予定

こうした事から日立は
イギリス国内にも年間約500両を製造する工場建設へ
2014年ごろから製造を開始予定

日立レールヨーロッパ 植田 千秋 会長
欧州は世界市場の約50%を占める
マーケットの大きさを考えると我々の技術が発揮できる市場

一方鉄道車輪で国内トップの住友金属
6月 ドイツ鉄道から取り換え用車輪を受注(今後3年間で7000枚)

ヨーロッパの鉄道会社からこうした長期の契約を取りつけたのは初めてだ
決め手となったのは

住友金属 製鋼所 伸田 摩智 副所長
(欧州より)日本の車輪の方が1.6倍長持ちするという事があり
我々のところに注文をいただいた

車輪はレールに当たるところが徐々に磨耗する
磨耗しやすい車輪はそれだけ寿命がそれだけ短いが

伸田 氏
(車輪の)鉄に含まれるカーボンの量が欧州のものに比べ多い
材料や熱処理の方法が均一で欧州で起こっている問題にメリットがあった

受注合戦は新興国でも本格化しています
中国・北京
総額11兆円規模の地下鉄建設計画

三菱電機
北京地下鉄向け電気機器を受注

ここでも日本企業が存在感を高めています

信号機メーカーの日本信号も先月列車制御システムを受注

日本信号の列車制御システム
無線で列車の位置把握・制御
→列車間の距離 狭い運行可能に

そして日本の鉄道システムの大本命が新幹線です

オバマ大統領
高速鉄道を整備する方が道路を増やしたり
すでに限界の航空システムを増やすより簡単でコストがかからない

今年4月全米で高速鉄道を整備する計画と発表したオバマ政権

JR東海
アメリカを訪れ運行の正確さをアピール

またベトナムの高速鉄道をめぐり
鳩山総理との首脳会談へて

ベトナム政府
新幹線方式の採用を決める

官民あげての受注合戦が本格化しています

国土交通省 馬淵 副大臣
海外との政治主導の環境整備や外交筋を通しての交渉など
システム・パッケージ全体として協力できる部分はしていく

世界の高速鉄道計画
アメリカ(2020年)
ロサンゼルス〜サンフランシスコなど

ベトナム 
ハノイ〜ホーチミン(新幹線方式へ)

中国(2020年)
1万6000km整備
北京−上海(2012年)など

ブラジル(2014年)
リオデジャネイロ〜サンパウロなど

ロシア
モスクワ〜サンクトペテルブルグなど

インド
ハノイ〜インド西部都市など

こうしたなか激しさを増すのが高速鉄道の開発競争です

カナダ
ボンバルディア 
アセラ・エクスプレス(アメリカ)中国高速鉄道CRH1

ドイツ
シーメンス 
ICE(ドイツ)

フランス
アルストム 
TGV(フランス)KTX(韓国)

のビッグ3と呼ばれる車両メーカーがあります
いずれも高速鉄道の分野で高い納入実績を持ち3社を合わせると
世界シェアのおよそ6割を占めます

一方で鉄道新興国といわれる日本ですが
日本車両、日立製作所、川崎重工、東急車輛、近畿車輛など
複数の車両メーカーがありますが

海外でのシェアは全部合わせても1割にも満たないといわれています
その原因は何処にあるのでしょうか?

技術力では世界トップクラスといわれる日本

鉄道を納入する際
安全性・信頼性を評価する国際規格は欧州基準
日本には既に分が悪い

今後海外の受注を増やすには何が必要なのか

三菱総合研究所 首藤 俊夫 主席研究部長
あまりに政府が介入するのはよくないが介入するうまい仕組みが必要

鉄道のビッグ3を抱えるフランスは
国が100%出資する
    鉄道運行支援会社−出資→コンサルティング会社 がある
民間      └契約−アルストム(車両など)

首藤氏
(納入する国で)技術上の問題に対する規制や規格が整備されているが
ない可能性もある
ただ単に鉄道だけを売るのではなく社会システムに近いものを提案して
環境を整備しないとだめ、そのための機能が必要


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。