ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,3Dテレビ元年その行方:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,3Dテレビ元年その行方

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/7,特集,3Dテレビ元年その行方

特集 3Dテレビ元年その行方 

CES2010
ソニーなどが大々的に3D対応を発表

2010年は3D元年になるという

CESはラスベガスで年一度行われる
コンシュマー・エレクトロニクス・ショー
今年一年の家電の動向を占う世界最大の家電ショーだ

世界的に経済回復が遅れる中今年は
新規出展330社以上 (過去最高)

家電ショーの花形と言えばやはりテレビだ

シャープ 片山 幹雄 社長
「シャープはテレビを超える市場をつくる」

テレビを超えるテレビとは?
シャープは初めて
赤緑青の3原色に黄色を入れ4原色とした
色彩領域が100倍に
消費電力 従来の50%
価格 約17〜60万円
今年春に各国に投入を予定している

シャープ 片山 幹雄 社長
「ブラウン管テレビの歴史から見ても非常に革新的な技術」
「これは明らかな差別化になるだろう」

シャープさんソレもいいけど
リモコンの操作性もっとよくした方がいいと思うよ


一方今年大きな注目を集めているのは3Dテレビ
ソニー ストリンガー会長
「ソニーは3D市場をリードします」
「ソニーだけがす3Dすべてに対応できます」

ソニー3Dテレビ
従来比 ↑約1万8000円
今夏 欧米で発売

さらに

ソニー
ディスカバリーコミュニケーションズなどと提携
→2011年より3D放送を開始

スポーツ専門放送局
今年のワールドカップを3Dで生中継

テレビなどのハードからソフトへと広がりを見せている

ソニー 吉岡 浩 副社長
「3Dテレビでシェアをとるにはコンテンツがあることと綺麗に見えること」
「ソニーでも3Dのコンテンツをつくるし業界全体でたくさんつくる事が重要」

ソニーのCES キーノート動画とかあります

一方パナソニックも3Dテレビで攻勢をかける
パナソニックノースアメリカ 山田 喜彦 会長
「明日は素晴らしい日になる」
「パナソニックとケーブルテレビの提携で初の3D放送を体験していただく」

パナソニックもコンテンツの充実なしに3Dテレビ市場の拡大はないと
ディレクTVと提携→6月より3D放送開始

それに対応する
3Dプラズマテレビを3月から発売

パナソニックは消費者のアピールをいち早く進めるために目を付けたのが

アバター
3Dの最新技術を駆使し制作費はおよそ220億円
現在世界中でヒットしている

パナソニックはこの映画を撮影するためのプラズマモニターなどを機材を提供
コレも3D市場でのブランドをいち早く根付かせる戦略の1つだ

さらに
3D体験トレイラーで人が集まる場所に出向き
3Dの体験をしてもらう出張トレイラー
パナソニックが去年末から投入しコレから全米を周る予定だ

動きがある映像は駅用よりもプラズマが向いているともいわれている
プラズマテレビを得意とするパナソニック
液晶テレビに押される薄型テレビ市場で今後は3Dプラズマテレビで巻き返しを図る

パナソニックノースアメリカ 山田 喜彦 会長
「2010年は3D元年になる」
「アメリカは豊か付加価値があるものにお金を使うので期待は大きい」

そんな中パナソニックは今日
世界最大3Dテレビ(プラズマ)
152型 1.8x3.4mを開発したと発表した
8日から家電ショーで公開される

日本で今売られているヒュンダイなどの3Dテレビ
販売競争はまだこれからという感じだがポイントとなるのが価格だ
今は通常のものより10万円ほど高い

日本製の3Dテレビがいくらで店頭に並ぶのか注目される
通常のテレビに数万円上乗せした価格になると見られている

低価格を武器に世界シェアを取ったメーカーは

サムスン・アメリカ ティム・バグスター社長
「人々は家で映画館のような体験をしたいと思っている」
「サムスンはソレができる準備が整った」

サムスンも省エネ意識した3Dテレビを前面に押し出す
薄さは3.5cmほど
今年の販売を見込んでいる

さらに
米映画会社ドリームワークスと提携
3Dコンテンツをブルーレイ化するためタッグを組む

3Dディスプレイは2018年までに2億台近く
220億ドルの収益が見込めるとされる巨大市場だ

サムスンはコレまで薄型テレビをリードしてきた余裕を見せる

サムスン・アメリカ ティム・バグスター社長
「どこも3Dテレビをつくっている」
「サムスンはこれまでの販売実績から自身を持っている」

3D元年の今年始まったばかりの戦い誰が勝者となるのかソレはまだ見えてこない

3Dテレビそんなに普及しますかねぇ?
それよりもカメラでインタラクティブな操作ができるデバイス化
してただのテレビを脱却する方が面白いと思うが
ん!?それってプロジェクトナタルか・・・
2万円程度なら操作と録画など様々な付加価値をつけるデバイスができそうだが
どうなるんでしょうテレビの未来は?


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。