ワールドビジネスサテライト,1/8,2010年電子書籍元年〜その実力は〜:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/8,2010年電子書籍元年〜その実力は〜

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/8,2010年電子書籍元年〜その実力は〜

特集 2010年電子書籍元年〜その実力は〜

2010年は3Dテレビと並び電子書籍元年ともいわれる
専用端末で書籍を読めるのはもはや当たり前
さらに進化した機能で各社がしのぎを削る

次なるステージに突入した電子書籍
新たな巨大市場となるのか

アメリカ ラスベガス
世界最大の家電ショーCES2010 (44回目)
で今年初めてあるコーナーが設けられた

ところ狭しと並んでいたのは電子書籍だ
中でも早朝7時半会場前から人だかりができていたのは

プラスティックロジック(ケンブリッジ大学発のベンチャー)

の「QUE」だった
コレまでのモノとは一線を画すと胸を張る
ただ単に電子書籍を読む端末ではなく
タッチスクリーン式で書き込みもできる

アメリカの電子書籍市場はamazonが2007年に発売した
電子書籍専用端末「kindle」」がおよそ60%のシェアを占める

新刊の書籍などが
1冊 9.99ドル(約925円)
パソコンを通さずに無線で接続して直接電子書籍を購入できるうえ
操作の手軽さや紙に印刷された文字のように映るディスプレイが支持された
日本での発売も始まっている

プラスティックロジックは次なるステージに来たと自信を見せる

プラスティックロジック フランク・カノバ副社長
「ビジネス用の電子書籍という新たな分野で市場の開拓を狙う」
「今後の拡大に期待している」

この他にも
レシピ用の電子書籍
など各社は端末の差別化に力を入れる

eDGe 490ドル(約4万5000円)2月から発売
2画面の端末
ネットに接続して画像をダウンロード
電子書籍を読みながら動画を楽しめる
ネット検索もできる

エンロトラージュシステムズ ダグ・アトキンソン氏
「われわれは小さな企業だがその分市場のニーズに合わせ」
「素早く製品を開発している」

アメリカでの電子書籍市場の拡大
それを目にした海外からのバイヤーは

南アフリカのバイヤー
「南アフリカでは需要は月ごとに高まっている」

ヨーロッパのバイヤー
「アメリカで電子書籍がココまで広がっているのは驚いた」

書店の大手もこの状況に黙ってはいない

バーンズ&ノーブルズ
は去年10月独自の電子書籍端末「nook」を発売した
・1500冊分の収納が可能
・カラーのタッチスクリーンを搭載(下の一部に)
・100万冊以上の書籍 雑誌が購入可能

米国電子書籍
2009年 520万台 → 2013年 2200万台
となる見込みだ

専門家は音楽配信と同じ状況が起きていると話す

アイサプリ ジョー・エイブルソン氏
「出版業界が音楽業界と同じ道をたどうるなら書店が最も大きな打撃を受けるだろう」
「今後書店は存続の危機に直面するかもすれない」

一方日本での電子書籍の市場も
この5年間で25倍に成長している

その約8割を占めるのがスマートフォンなど携帯電話向けの電子書籍
特に大画面で読みやすいiPhoneでは4割近くのユーザーが電子書籍ソフトを
利用している

アメリカと違い日本では電子書籍の普及は失敗に終わってきた
04年 パナソニック ソニーなどが端末を発売
→製造中止に

だがソニーはアメリカでは健闘している
ソニー米国電子書籍シェア 35% 2位

去年発売した新たな電子書籍は
タッチパネル式で直接文字も書き込めるものだ

ソニーがかつて日本で撤退した理由は
読める書籍がそろっていない事

今後は日本での展開もにらみ
2010年までに世界シェア40%を目指す

ソニー電子ブック事業部  織井 賢ディレクター
「今までにないハードだけを売るというビジネスモデルではなく」
「ハードを売ってソフトもつくり書店もやるという3つの統合した形が強み」

やはりこの市場でも強敵となりそうなのが韓国メーカー
サムスンも6日に
電子書籍市場への参入を表明

アップルも今月にも新たに参入すると見られる

マックタブレットの事か?


強力なプレーヤーが顔を揃えた電子書籍市場
競争はコレから本格的な激しさを増すと専門家は話す

アイサプリ ジョー・エイブルソン氏
「今後ウォルマートのような小売店が電子書籍市場に参入するのは避けられないだろう」

ソニー電子ブック事業部  織井 賢ディレクター
「いろいろな企業が参加することで市場規模も広がる」
「新しい技術も出てきているのは非常にプラスになる」
「非常に前向きにとらえている」

任天堂はいっそのことノートPCサイズのDSでも出せば
電子書籍端末としても使えそうなんだけどなぁ
Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。