ワールドビジネスサテライト,1/13,特集 狙うはアジア医療ビジネス:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/13,特集 狙うはアジア医療ビジネス

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/13,特集 狙うはアジア医療ビジネス

特集 狙うはアジア医療ビジネス

盲腸手術入院の総費用(2泊3日)
ニューヨーク
216万円
ロンドン
151万円
上海
68万円
日本
30〜40万円
NYたか!

また

日本のCTやMRIの台数は
他の国の数を圧倒しています

こうした日本の強みを生かし海外の需要を取り込もうとする
動きがでています

医療を核に外国人客を呼び込もうとする
医療ツーリズム

リードする韓国

前原国土交通大臣
「日本は後発国」
「追い上げて追い越さないといけない」

なるほど交通費かけても医療費が安いから安く上がるとか!?

徳島・徳島市

先週金曜日
徳島県庁では県を挙げたあるプロジェクトの会議が開かれていた

新産業戦略課 小川 卓志 課長
「糖尿病の検診・運動・食事療法を取り入れた観光メニューの提供で」
「医療観光を推進していきたい」

徳島県
糖尿病検診と県内観光をあわせたモデルツアーを実施

モデルツアー
糖尿病患者やマスコミなど20名を招待予定

徳島県は
5月からの上海万博で検診ツアーを世界販売する計画

実際に病院などで通訳を担当する中国人スタッフの姿も
徳島大学 糖尿病対策センター 銀 花さん
「中国の人は自分の体の健康のために医療技術の優れた所に」
「行きたいと思っている」
「日本に来る事は中国の患者にとってもチャンス」

この日県内最大の医療機関
徳島大学病院に県庁幹部の姿があった

たずねた相手は病院長

県庁幹部は
実施時期は3/20〜3/23の3泊4日で行い
予定は20名で10名ほどが糖尿病予備軍とか糖尿病の方だという

徳島県
1993年〜14年連続
糖尿病死亡率 全国1位

大学病院には今月、糖尿病対策機関が設置されるなど研究が盛んだ
県はこの病院での本格的な検査と、県内の観光を結び付けたい考えだ

徳島県でなぜそんなに長い期間1位が続いたんだ?
食生活かやはり?


県内の観光産業も大きな期待を寄せる

鳴門パークヒルズ 岩井 正 総支配人
「中国の富裕層の方を中心にどんどん日本に」
「四国に徳島にと来ていただける波及効果を期待している」

ツアーでは検診のほか県内の観光地めぐりなどが組み込まれる予定だ
大鳴門橋
大塚国際美術館
など

徳島県 飯泉 嘉門 知事
「地域活性化また100年に一度の経済危機を振り払っていく
「大きな起爆剤として、医療観光 まさに徳島モデルというものを」
「これから打ち出して行きたい」

政府が先日発表した新成長戦略
医療ツーリズムでアジアの富裕層をを取り込もうとの一文が
関係省庁の期待は大きい

前原 国土交通大臣
「観光立国をさらに推し進めて」
「日本経済の牽引車になればいいと思っている」
「医療も核の1つとして考えて行きたい」

国のガン研究の中核機関

国立がんセンター
ここでは来年度からがん検診に外国人を受け入れる計画が進んでいる
その事業を支援するのが経済産業省だ

直嶋 経済産業大臣
「アジアの富裕層は1億人と言われていて将来はまだ増えていく」
「日本の人口を上回る大きなマーケットになる」
「医療分野は新しい産業としての可能性を持っている」

受け入れる病院側にもメリットがあるという

国立がんセンター中央病院 土屋 了介 病院長
「検診というのうは保険診療でなはない」
「コストに見合った価格をつけしっかり計算できる医療」
「病院にとって安定した経営基盤になると考えている」

しかし日本の取り組みは
近隣のアジア諸国に比べ大きく遅れをとっている

韓国・ソウル
ウリドゥル脊椎病院
脊椎手術が専門の病院

4ヵ国語の看板が目を引く

ドバイのモハメッド・アミンさん先月から治療のため韓国に滞在している

モハメッドさん
「韓国は自分の国より医療技術が優れていて」
「患者への思いやりもある」

ウリドゥル病院
09年 62ヵ国から
約1200人の患者受け入れ

韓国観光公社を訪ねると専門の窓口が設けられている
政府も医療を新たな観光の目玉にしようと

去年5月
・医療ビザの発給を開始
・旅行会社などを財政支援

国を挙げて医療ツーリズムを推進する

出遅れる日本
しかし独自に国際化を目指す動きもある

千葉・鴨川市
亀田メディカルセンター
JCI認証を取得
医療機関の信用度の高さを示す国際的な指標の1つ

日本での取得は亀田メディカルセンターのみ
シンガポール・韓国・タイなどは複数の病院が取得

このJCI認証は
医療の水準・患者の権利保護・安全対策など
1000以上の基準を審査

と取得の難易度は高い
しかしコレを取得したからといって簡単に外国人患者が増えるわけではない

この病院ではインドから診断を希望する患者がビザの関係で
来日できなかった事があるという

専門家は各省庁の枠を越えた取り組みが重要だと指摘する

国際医療福祉大学大学院 開原 成允 大学院長
「医療政策は全て厚生労働省がたてると思われてきたが」
「ソコが間違っている」
「もう少し高いレベルで厚生労働省・観光庁・経済産業省を含めた」
「医療政策がたてられなければいけない」

高度医療で日本人が優先されなくなる
なんて事にならなければよいが・・・


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。