ワールドビジネスサテライト,1/15,金曜フォーカス,”チャイナ・スタンダード”〜乗り越える秘策は〜:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/15,金曜フォーカス,”チャイナ・スタンダード”〜乗り越える秘策は〜

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/15,金曜フォーカス,”チャイナ・スタンダード”〜乗り越える秘策は〜

金曜フォーカス ”チャイナ・スタンダード”〜乗り越える秘策は〜

日本食のメーカーが中国進出のときに
台湾のお菓子メーカーが手助けをしました

大阪・北区
家族亭 梅田茶屋町店
手打ちそばを中心としたチェーン店

1000円を出せば少しおつりが来るメニューが大半を占める

家族亭
創業 1947年
FCを中心に国内220店舗(09年末)

店舗拡大のために力を入れ始めたのが

海外への店舗展開
タイ・シンガポールに4店舗
→5年後に500店舗にする計画

その中心となるのが中国
だが中国に進出するには資金・人材・現地の情報収集など
ノウハウが必要

そこで選んだのが台湾企業との提携だ

家族亭 乾 光宏 社長
「(台湾企業は)同じ中国人なので中国に入っていける」
「アジア全般やアメリカで海外事業の経験が豊富」
「国際的ビジネスルールを身についけている」

中国進出第一号店の舞台は上海
そしてパートナーに選んだのは台湾の食品メーカー
旺旺集団(ワンワングループ)だ

旺旺集団 食品事業部 張 マネージャー
「こちらは中国全土に展開する工場の写真です」
「現在110ヵ所あります」

旺旺グループ
1983年に日本の岩塚製菓と技術提携を切欠に
菓子メーカーとして中国全土に進出した

家族亭と旺旺グループの合弁会社
先週設立され (出資比率 家族亭2割 旺旺8割)
上海オフィスの一画に拠点を置く

家族亭
中国1号店を3月中旬にオープン

コンセプトは低価格路線で
中産階級をターゲットにする店
しかし日本食のイメージを壊したくないという

家族亭 海外技術支援部 元 考行 次長
「時間がないので旺旺が動けるところと家族亭が動けるところで」
「役割分担をしている」

出店手続き   → 旺旺
店舗運営準備 → 家屋亭

時間が限られる中、重要課題として残るのが出店場所の選定

候補地の南京東路付近
約1100の飲食店がひしめく

2ヵ月足らずで出店に関する当局への法手続きを全て終えるのには
日本企業にはかなり困難だという

元 考行 次長
「上海でチェーン展開するにはスピード感が大切」
「役所の申請は旺旺が早い、技術は家族亭の方が上なので」
「そこをあわせながら進めている」

去年9月
ミスタードーナツ(ダスキン)
台湾の統一グループと合弁で上海に1号店オープン

中国の内需を狙う企業と台湾企業との提携が2000年以降
目立ってきたと専門家は指摘する

みずほ総合研究所 アジア調査部 伊藤信吾 主席主任研究員
「台湾企業は90年代から中国で販路を拡大してきた」
「中国の内需を狙うということは会話や人材教育の問題が大きい」
「それを克服するために台湾企業と組むメリットは大きい」

中国進出のパートナー台湾
台湾企業との中国進出件数
日系企業は415件(09年まで)

中国での事業継続率
台湾経由75% 直接進出 65%

さらに
「日本と中国とのFTA交渉が進まないと」
「中国と台湾が先んじることになるので」
「台湾の戦略的な価値が高まる可能性がある」

08年
台湾で国民党・馬政権が発足
→中国との通商交渉を開始

経済協力枠組み協定(ECFA)
台湾側は石油化学・自動車部品
液晶パネルなどの関税撤廃を求める

実現すれば台湾から中国に輸出される
一部の製品の関税が撤廃される可能性もある

「中台でECFAが結ばれると日本企業も北東アジアにおける」
「分業を再考する必要がある」
「日本と台湾の提携が増えるという事は十分いある」

中台接近を背景に中国への足がかりを掴んだ日本企業があった
川崎・中原区 インネクスト
中国向けを中心に液晶パネル製造装置を開発

半年前から台湾企業との取引を急速に伸ばしている
数千万円と言う装置を毎月十台程度売る
台湾メーカーに納入した装置は中国内陸部の液晶テレビや
携帯電話の工場に送られるという

インネクスト 那須 郁雄 社長
「台湾メーカーの強みは」
「中国でのニーズを的確にとらえている事」

台湾メーカーの要求
「性能を2割おとして価格を半分に」

そこで性能をあえて落として中国市場向けに
製品を作り直した

さらに台湾メーカーと結びつきを強めるため
去年 台湾の電子機器メーカーに出資

「日本の中小企業が持っていない」
「海外ネットワークを補完する意味合いが大きい」
「私どものような中堅企業は台湾企業と一緒になって中国市場を」
「開拓するのは不可欠ではないでしょうか」

中国政府とアメリカ政府の橋渡しは・・・


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。