ワールドビジネスサテライト,1/29,金曜フォーカス,「正社員」とは何か:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/29,金曜フォーカス,「正社員」とは何か

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/29,金曜フォーカス,「正社員」とは何か

金曜フォーカス
「正社員」とは何か〜問われる春闘〜

09年 12月
失業率 5.1%(2ヵ月ぶり改善)
有効求人倍率 0.46倍(4ヵ月連続改善)

ただ

09年 平均
失業率 5.1% (6年ぶり5%超)
有効求人倍率 0.47倍 (過去最低)

依然厳しい雇用情勢の中で今週、今年の春闘が始まりました
そこには新たな課題も浮上しています

経団連 御手洗 会長
「賃金よりも雇用確保」

定期昇給の凍結もありうるという御手洗会長のメッセージで幕を開けた
今年の春闘

一方で連合は初めてあの問題にも取り組む姿勢を見せた

連合 古賀 会長
「非正規労働者含む善労動者の処遇を交渉のテーマとすべき」

正社員にとってももはや他人事とも言えない
非正規雇用に現実

しかし求人氏を開くと今も明確に分かれる
正社員と非正規の文字その違いはなぜ生まれ春闘をどう変えるのか

新聞広告などに使われる正社員募集の文字
なぜ社員ではなく上にただしいという文字が付くのか
何時頃から使わ始めた言葉なのか、いくつかの疑問が浮かんできます

その答えを探すと今年の春闘が抱える大きな課題が見えてきました

リクルート社の倉庫に眠っていた
「企業への招待」 1962年 創刊

当時の新卒学生をスムーズに企業へ就職させるため発行されたものだ

かつて日本は就職する人の多くが、社員という同じ立場で働いていた

社員教育に投資し終身雇用が当然の時代
そこに正社員という呼び名はまだ存在しない

だが徐々に様々な雇用の形態が広がって行くと
1980年女性専門の求人誌”とらばーゆ”ができた
この”とらばーゆ”には正社員を意味する正の字がある

80年代後半政府は処遇形態の実態調査に乗り出した
ソコには

正社員
「パート労働ではなく雇用期間の定めのない労働者」

しかし時代と共に、そうした定義以上の意味合いも加わって行く

80年代の終わりに”フリーター”が出てきて
「非正規」という言葉が否定的な意味を含む言葉になったという

「正規社員」=「本来の社員の姿」
別の価値観が入り込んだ言葉

欧米にはこうした概念がなく当てはまる英語もない
そのまま”seishain”と表記する海外メディアもある

簡単には解雇されず賃金は年齢と共に上がる
福利厚生も手厚いそうした正社員像は日本独特のモノだ

だがバブル崩壊後そんな正社員の存在が企業の重荷となり
正社員を守り調整が可能で安い労働力を企業が求め始めた

こうして拡大したのが
派遣社員や契約社員など「非正規」

20年余りで1000万人以上も増え
08年 1760万人

労働者全体に占める割合は3割を超えた
当初は企業に縛られたくないという労働者のニーズに
応えるモノとして広まっていったが、景気が悪くなると真っ先に人員削減の対象に
「非正規」の存在は徐々に社会問題として認識されるようになる

そして

連合 古賀 会長
「いま私達に求められるのは」
「処遇の低い非正規労働者の道筋をどうするか」

今回の春闘で

連合
「非正規」の処遇改善を交渉の柱に据える

2007年 非正規労働センターを設置
「非正規」問題の改善が目的

連合 非正規労働センター 山根木 晴久 総合局長
「安定雇用を求めているのにそういう仕事に就けない人が多い」
・正社員への転換ルールの明確化
・一時金・通勤費・駐車料金の支給
・慶弔休暇の付与 時間外割増率の適用など

だが実際の非正規労働者は
これまでの連合の動きを冷ややかな目で見ている

首都圏青年ユニオン
20代の組合員が過半数を占める
約380人の組合員の6割が「非正規」

河添 誠 書記長
「製造業の分野でも期間従業員を組合に加入させて」
「その要求を掲げていくという話になっているが」
「積極的に働きかけて組織化している話は聞こえない」
→春闘では非正規の声は届きにくいと指摘する

しかし労働市場が大きく変わる中
連合サイドにもこれまでにない危機感は浮上している

連合 非正規労働センター 山根木 晴久 総合局長
「"正社員”と"非正規”のバーター論でたらえると」
「問題の本質を見誤る」
「低賃金の”非正規”を放置すれば”正社員”も低賃金に引張られる」
「この賃金でこれだけの仕事ができるなら」
「”正社員”も同じ賃金でいいと」
「”非正規”の賃金底上げで”正社員”の賃金も維持できる」

まぁ上げたとして
真っ先に切られるのは変わらないわけで・・・

多様化する正社員
短時間正社員
・勤務時間が短い
ロフト
 ・時間あたり賃金は正社員なみ
モロゾフ
地域限定正社員
・通勤圏外への転勤がない
ユニクロ
 ・雇用期間に制限はない
吉野家
職務限定正社員
・担当する業務が限られている
広島銀行
 ・福利厚生なども変わらない
 


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。