ワールドビジネスサテライト,2/9,特集,小型化でどうなる”ニッポンの空”:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/9,特集,小型化でどうなる”ニッポンの空”

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/9,特集,小型化でどうなる”ニッポンの空”

現実となった日本航空の破たん

日本航空再生のカギとも言われる航空機のダウンサイジング
この動きは航空業界全体に広がり始めた

旅客機を小さくするという事が
これからの日本の空をどう変えるのか

兼営名古屋空港

滑走路に降りてきたのは一機の日本航空機
着陸態勢から一転そのまま上昇に入った

新型機を使った着陸復行訓練の一コマだ

教官を務める機長を訪ねた

グループ全体が厳しい状況下にあってこの新型機が
1つの活路を見出してくれると自信を示す

シャイエア 柄澤 和明 機長
「需要の少ない路線でも採算性を維持して」
「効果的な運航ができるのではないかなぁ」
「この機材を使って再建に寄与したい」

2011-02-18_141355.jpg
エンブラエル170型機

日本航空は計10機発注

09年2月 初号機就航
座席数 76席

現在
名古屋-福岡路線などに投入

この航空機の運用に当たるのが

ジェイエア
名古屋を中心に国内15都市に就航

ジェイエア 企画業務部 茂木 健さん
「大型機では採算が悪い路線に適した座席数の航空機を投入し」
「路線を崩さない事が日航の国内路線網にとって重要」

そこで大型機とのコスト差を比較してみる
東京−札幌間(約900km)1往復分の燃料

ボーイング747(500人乗り) 約1万5500L
エンブラエル170(76人乗り) 約2800L→747の燃料分で5往復可能

本来満席ならジャンボの方が1席当たりの燃料は少ないが

日航グループ(09年)
国内線の平均搭乗率 約60%

小型機で多頻度の運航をすれば需要が減った場合
便数を減らすなどの調整ができる

小型機運航のメリット
便の増減で需要の変化に細かく対応

ジェイエア 企画業務部 茂木 健さん
「国内線をどう構築するのか」
「JALグループの中で小型化が必要な中ジェイエアの存在は重要」

ジェイエア
来年度中にエンブラエル4機を追加

国産ジェット機MEJ
全日空に続き日本航空が導入の可能性も

航空機の小型化は利用者にとってどんなメリットがあるのでしょうか

北九州空港を拠点にするスターフライヤー
運賃が割安の新興のエアラインです

エアバス320のみを4機運航
北九州と羽田間 1日11往復

最新鋭の機体を使用しながらも

北九州−東京 運賃(今月)
片道普通 2万9600円
(日本航空 3万6900円)

さらに144人乗りの機内は幅の広い皮製シートを採用
ソレが可能な理由は

「航空機部品は全てが高価」
「エンジンが7億円、補助動力装置1億円」
「単一機材なら特化した部品をある程度揃えれば」
「すべての機材に使え整備費を抑えられるのがメリット」

部品だけでなく整備作業も統一され整備士の人数を抑える事ができます
→コスト削減分を運賃に反映

スターフライヤー
2006年度の就航から
09年9月 中間決算で初の黒字化

そこでこのビジネスモデルによる次の目標が見えてきたといいます

スターフライヤー 米原 愼一 社長
「経営体制が整えば国際線に乗り出したい」
「2013年以降に韓国、中国など」
「北部九州を中心に半径1000キロが我々のテリトリー」
「海外へも同じサービスで運航したい」

日本航空の破たんで存在感を増す

全日空(09年4〜12月期)
378億円の赤字

と業績はかなり厳しい
回復のカギはやはり航空機の小型化

全日空 岡田 晃 企画室長
「数年前から機材構成について集約化を進めてきた」
ボーイング787は集大成であります」
「小型機から大型機を使い分け収支を改善したい」

全日空来年度事業計画
国際線のジャンボ機引退

入れ替わりに

遠距離中型機
ボーイング787を8機導入へ

成田と羽田の両空港が拡張される今年
機材を再構築して国際線での勝負に出るという

全日空 岡田 晃 企画室長
「国内線は大きな利益は期待できない、安定性はあるが・・・」
「2010年のビッグチャンスにアジアでナンバーワンとして生き残れるか」
「自らの体力でどう対応できるかということだと思っています」

ボーイングは2013年ごろに
日本を含む北東アジアの航空市場回復に向かうと予測する

そのとき小型化された航空機が
日本の空を支える事になるのだろうか

*旅行には世界最大規模の予約サイトが便利です


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。