ワールドビジネスサテライト,3/2,「1杯の競争」さらに熱く:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/2,「1杯の競争」さらに熱く

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/2,「1杯の競争」さらに熱く

コーヒーチェーン大手のスターバックスが
今日あらたななジャンルの新商品を発表しました

ファストフードから専門店までコーヒー一杯をめぐる競争は
ますます熱を帯びてきています

スターバックスジャパン 岩田松雄CEO
「初めて”VIA”を飲んだとき驚いたこれがスティックコーヒーの味かと」

スターバックスが今日発表したスティックタイプのコーヒー
お湯を注ぐだけで簡単に本格的な味わいを楽しむ事が出来ます

スターバックスコーヒージャパン コーヒースペシャリスト 江嵜譲二さん
「まるでスターバックスにいるような味わいや風味が味わえる」

店舗の味と同じモノを出すのにおよそ20年かかったといいます

価格
3本入り ・・・ 300円(税込)
12本入り ・・・1000円(税込)

つまり1杯あたり100円以下です

まずは
4月14日から
全国のスターバックスで販売

スターバックスコーヒージャパン マーケティング本部 堀江裕美 本部長
「自宅でコーヒーを飲むニーズも多く巣篭もり消費もあり」
「スターバックスは今回そういったマーケットに^参入する」

最近ではマクドナルドが無料のキャンペーンを展開するなど
年々競争が激しくなるコーヒー業界
スターバックスは新しい分野で存在感を示す考えです

スターバックスジャパン 岩田松雄CEO
「スティックコーヒーの概念を打ち破る味」
「スターバックスは常に革新的な商品を世の中に送り出す」
「イメージアップになる」

アメリカで発売されているVIA
取材に応じてくれてのはスターバックスの創業者ハワード・シュルツ氏
経済危機のあおりで売上が激減した2008年CEOに復帰
18ヵ月で経営を立て直した

09年10−12月期 純利益
2億4100万ドル(前年同期比3.8倍)
(約215億円)

ハワード・シュルツCEO
「第1四半期はスターバックスの39年の歴史上で最も力強い結果を出した」
「その大きな理由はVIAの売り上げによるものだ」

スターバックスといえばエスプレッソがベースの本格的なコーヒーだ
ビジネスモデルを変えたのか?

「ビジネスモデルは変わっていない我々の信条は勇気と企業家精神だ」
「新たな改革に挑戦しないといけない時がある」
「肝心なのは質をどう維持するかだ」

そんなシュルツ氏が今回特別にある部屋に案内してくれた

メディア初公開となる研究室
味の管理に加え新商品の開発を手がけてるスターバックスの心臓部だ
コーヒーの味は”豆の種類””焙煎の時間””引き方”1つで大きく変わる

ここでは気の遠くなるような組み合わせの中から
ベストの味を探し出す研究が行われている

コーヒースペシャリスト スコット・マクマーティンさん
「約25万杯を1年間でテイスティングしている」
「そのうち半分がココで行われているんだ」

VIAの開発をを手がけたスコットさん
店と同じ味を出すために彼らが導き出した答えソレは店で使われている
同じコーヒー豆をカップに直接入れることだった

「マイクログラインドという細かくひいたコーヒー豆をVIAの製法に導入した」
「この製法はトップシークレットで極めて優れたものだ」


ハワード・シュルツCEO
「我々はVIAの販売を1〜2年で加速させる」
「アジアが我々にとって重要な市場であり中国でも成功している」
「VIAが日本で成功したら次の市場に乗り込むつもりだ」

今紹介したVIAは一回で使い切る商品です
このように小さく小分けされた小さな商品たとえばお菓子ですと
大きかった袋が小さい袋に

その他にも入浴剤や整髪料や薬品なども小分けの物が出てきました

はたしてメーカーの狙いは
そして消費行動はどう変わりつつあるのか取材しました

ミニサイズやプチサイズといった通常の商品を小分けにする流れを
消費者はどう見ているのでしょうか

女性
「サイズも小さいので食べやすい」
「値段も100円台なので買いやすい」

男性
「1人で食べきるのであれば小さい方を手に取ってしまう」
「特にコンビニだと買いやすいので1人分という事で買ってしまう」

こうした中 人気商品の小分け品を
3週間前に発売したカルビー

ジャガビー
カップタイプ 40g 145円 1gあたり 3.6円
ミニサイズ  16g  65円 1gあたり  4円

小分けする事でグラム単位では1割ほど高く売ることが出来ます
さらに販売の裾野も広がりました

これまでは夕方に売れていましたがミニサイズは
朝や昼または間食の時間帯に売り上げを伸ばしているそうです

カルビー jagabeeブランドマネージャー 山村眞さん
「それぞれどういう所で食べてもらえるのか」
「どういう人に食べてもらえるのか」
「細かく分けることで逆に多くの方に食べてもらえる」
「新しいスナック菓子の食べ方・食べる人・食べるシーン・店を広げる事で」
「非常に我々の製品の裾野が広がると思っている」

冷凍食品でも
テーブルマーク(旧加ト吉)

テーブルマーク コーポレートコミュニケーション部 末広栄二 部長
「通常のさぬきうどんは1玉200gになっています」
「今回小分け(100g)を出しました」

ひと玉を半分にするのは初めての試み
麺も細くしましたどうゆう需要を見込んでいるのでしょうか

「高齢者の方の(通常サイズ)1つでは多いという声が多かったので」
「半分サイズも出してみようと思った」

少子高齢化を先取りした商品ですが予想外の反響もあるようです
量を少なくした事でお腹の具合と相談しやすくなりました

鍋に入れたり朝ごはんにするなど使い勝手が良くなったといいます

「メーカーは価格だけでなく提案もしないと生き延びれない」
「その1つが"小分け”というコンセプト」

*スタバをそもそも旨いと思わない人には意味がないVIA
*缶コーヒーやマックのコーヒーに勝てるともあまり思えないなぁ
*小分け商品はいいけど最近量を減らしてる商品が目立つヨーグルトとか


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。