ワールドビジネスサテライト,3/9,日本 韓国メーカー対決:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/9,日本 韓国メーカー対決

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/9,日本 韓国メーカー対決

日本メーカーが巻き返す切欠となるのでしょうか

不況や円高で思うように業績を伸ばせない日本企業に対し
ウォン安などで勢いをます韓国メーカーです
日本企業が立ち向かうには何が必要なのでしょうか

今年注目のこの商品から分析します

ソニー 石田佳久 業務執行役員
「ソニーは強い意志を持って革新的な視聴スタイルを届ける挑戦を続ける」

ソニーは今日
3D画像に対応した液晶テレビを6月から順次発売

3D映像を見られる昨日を内蔵しているのは

ブラビアLX900シリーズ店頭価格
40型 約29万円
52型 約43万円

3D映像を見るのに必要な3Dメガネは
LX900シリーズに
2個付いてる

今回のソニーの3Dテレビの特徴は明るい室内でも違和感なく
3D映像が楽しめる事

従来の3Dメガネだと
画面近くに照明があった場合チラツク事があったが

「フリッカーレス」機能により
3Dメガネによる照明などの”チラツキ”(フリッカー現象)を低減

さらに機能面でも特徴があり
リモコンの3Dボタンを押すと

「2D→3D変換」機能
普通の放送(2D)を擬似的に3D化する機能

今夏に3D対応
ブルーレイディスクプレーヤーを発売予定

ソニーのグループ会社
テレビの発売に合わせて3D対応のゲームや映画のソフトを発売

ハードだけでなくソフトを加えた総合力で差別化に自信を見せます

ソニー 石田佳久 業務執行役員
「2010年度は(世界で)2500万台以上の販売が目標」
「その内の10%が”3D”になると考えており」
「コンテンツやサービスと連携してソニーとしての総合力で攻めていきたい」

3Dテレビをめぐってはパナソニックが

「3Dビエラ」
米国 3月10日発売
日本 4月23日発売

店頭想定価格
50型 約43万円
54型 約53万円

*楽天なら
【送料無料】パナソニック 3Dビエラ TH-P50VT2【54型地上】 43万9800円(3/9現在)
【送料無料】パナソニック 3Dビエラ TH-P50VT2【50型地上】 35万4800円(3/9現在)

全世界で初年度100万台の販売を目指す

日本勢が発売を間近に控える中
最大のライバルはやはり韓国勢だ

サムスン電子
4機種の3Dテレビを発売
(フルハイビジョン対応では世界初)

46型 約32万8000円(410万ウォン)
55型 約45万6000円(570万ウォン)

今月には欧米などでも一斉に販売する

韓国ではLG電子も
・3月韓国で3Dテレビを発売
・4月世界市場で発売

3Dテレビのシェア拡大へ韓国メーカーは打って出ようとしている
LEDテレビで日本メーカーは後塵を拝したが

ソニー 石田佳久 業務執行役員
「圧倒的な技術力と会社トータルとしての存在感を押し出して行く」
「2010年には攻めに転じたいと考えている」

日本と韓国は薄型テレビ以外でも
国内の市場規模を見てみると意外な事実が分かります

日本と韓国 市場規模を見ると・・・
商品

市場規模
主な企業数
1社あたりの市場規模

日本
 423万台 6社 70万台
 〃韓国
 102万台 1社 102万台
携帯電話
日本
 3100万台 6社 516万台
 〃韓国
 2250万台 2社 1125万台
鉄鋼
日本
 7600万トン 4社 1900万トン
 〃韓国
 5800万トン 2社 2900万トン
市場規模は人口やGDPで上回る日本の方が全て大きく
企業数で見ると韓国が日本の半分以下1社か2社という程度になっています

このため1社あたりの市場規模でみると
国内の市場が小さいにも関わらず韓国の方が大きくなっています

ココから見える日本の課題とは何でしょうか

1997年のアジア通貨危機
韓国では自国企業の生き残りに危機感が増し
企業が集約していった

このため国内競争で消耗することなく
海外へ大胆に打って出られるようになったという

経済産業省 柳瀬唯夫 産業再生課長
「日本は国内企業が多く国内でお金や時間を使って」
「グローバルマーケットに出たときには投資余力も限られ投資の決断も遅れる」

国内市場の拡大が望めない中、海外で競争力を伸ばすためには
日本企業の更なる再編の必要性を考えるべきと指摘する

「企業がどの分野で利益をとるか切り離すか真剣に考えてもらう必要がある」
「何か邪魔になる規制があれば政府も真剣に検討したいと思う」

*ソニーが3Dテレビでハ麺を握るカギはPS3とtorneにかかっていると思う
*もしPS3+torneで3Dテレビを実現できれば低価格で3Dテレビを実現でき
*爆発的に3Dテレビが普及すると思う
*パナソニックは3Dテレビが失敗に終わればテレビから撤退するんじゃないかな

ソニーは甦るかソニーは甦るか
日経産業新聞

ソニー VS.サムスン 危機の経営 ~ サムスンを世界一企業に変えた3つのイノベーションパナソニックがSANYOを買収する本当の理由

by G-Tools


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。