ワールドビジネスサテライト,3/17,特集,日本ファッション今こそ商機!:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,3/17,特集,日本ファッション今こそ商機!

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,3/17,特集,日本ファッション今こそ商機!

海外での日本のイメージといえば高機能高品質
その象徴が家電や自動車などの工業製品だった

しかし
今日本のイメージが変化している
アニメや漫画そしてJ−POPその熱狂的な支持が日本=COOL(格好いい)
と新たなイメージを生みヨーロッパを中心に若い世代に定着しつつある

それはコレまでと違う産業にチャンスをもたらす
長年世界市場の高いハードに悩まされてきた日本のファッション産業

新たな波を捉え世界に打って出る日本のファッション
このチャンスを掴む事はできるのか

ロンドンのオックスフォードストリート
世界の最先端ブランドがひしめき合うイギリス最大のファッション激戦区だ
ユニクロはこの通りに2007年以降期間店も含む3店舗を構えていた

去年には
老舗デパート”百貨店セルブリッジ”の一画にメンズの専門店もオープン

年間7000万人以上が利用するオックスフォード・サーカス地下鉄駅構内には
定期的にユニクロのキャンペーン広告は貼られる

何時の間にかファッションに敏感なロンドンの若者に人気のブランドとして
定着し始めている

だが進出したばかりの
2001年から数年間は売り上げ不振が続き
店舗数の縮小も余儀なくされた時期もあった

ファッションの本場
ヨーロッパの敷居は高かったと言わざるを得ない状況だった

当時と今は一体何が違うのか
店の雰囲気もどことなく違うようだが

4年ほど前からユニクロUKのCEOを勤める
サイモン・コブル氏

去年売り上げが40%増となり初めて黒字に転じた
コブル氏はユニクロが巻き返しを図るべく2007年に再び規模を拡大する際
日本のブランドである事を強調し特に若者に訴えかけたという

サイモン・コブル氏
「欧米に日本文化が浸透するにつれ日本=カッコいいと思われ始めた」
「欧米にとっては日本=技術・高品質といったイメージがあった」
「そこでブランドのキャッチコピーを”東京からロンドンへ”に変えた」

フランス・パリ
ヨーロッパの中での特に日本のポップカルチャー人気が高い

大手書店フナック
はその発信地点といった様子だ

漫画雑誌、アニメに加え現在は
J−POPや雑貨も置かれている

女性客1
「みんな日本のカルチャーやスタイルに刺激を受けている」
「男の子もJポップシンガーのファッションに憧れている」

女性客2
「もっと日本のファッションをフランスに輸入して欲しい」

日本のポップカルチャー人気が生んだ
若い世代の日本ファッションへの興味

これまで日本のアパレル産業は他の国に比べ
輸出の割合が極端に低く
アパレル輸出入額
日本
1:50
韓国
1:2
フランス
1:2
イタリア
3:2
ドイツ
1:2
海外進出に苦慮してきた現状がある

国内で巨大市場を抱えてきた日本では世界を目指すブランドが少なく
海外展開でカギとなるブランドの打ち出し方や経験のなさが弱みとなっていた

3月上旬 
パリ・ファッションウィークのさなか
日本のファッション関係者が続々とやってきました

働く女性に人気があるブランド
アウラアイラ オーナーデザイナー
川島幸美さん

アウラアイラを含む日本のブランド11社は
日本のポップカルチャー人気の流れをビジネスにつなげようと

経済産業省の海外展開支援プロジェクト
tokyoeye

に参加しました
今回 伊藤忠が受託して行うこの”tokyoeye”

アウラアイラ(日本での価格)
カットソー 4800〜1万8000円
ワンピース 1万8000〜3万2000円

とファストファッションと高級品の間という手ごろな価格帯で日本では支持を得ています
2006年に誕生した新しいブランドですが川島さんは海外でも需要があると見ています

川島さん
「ぎりぎりまで作ってきたのでたくさんの人に見てもらいたい」
「自分が目指す各都市の代表的なショップに入ればいいと思います」

商談初日
地元フランスやイタリアなど世界各国のバイヤーが会場にやって来ました

そして
商談の初日アウラアイラは7件の注文を受けました
現地で実績のないブランドが初めての展示会でオーダーを受けるのは稀な事です

バイヤー1

「ヨウジヤマモトでもコムデギャルソンでもない」

「(このブランドは)現代的で若くてとても良い」

バイヤー2
「日本のデザインには独自性があり見ただけで日本のモノと分かる」

川島さん
「ジャパンらしい繊細なモノづくりも評価されていると思うが」
「いろんなカルチャーのミックスしたスタイルも日本らしいのかな」
「受け入れられる土壌が欧州にはあると思った」

日本のブランド全体では22件のオーダーが入り
事務局側も今後の手ごたえを感じていました

経済産業省 製造産業局 繊維化 三輪田祐子 課長補佐
「日本のポップカルチャーが世界で評価されている流れがある」
「(アパレルが)世界に出て行けば成長産業としての可能性がある」

伊藤忠ファッションシステム 城所未経さん
「品質も高いと評価を得ていて見た目の面白さや流行だけではない」
「流行終わらずに受け入れられると思う」

海外でのニッポンの新たなイメージ
ファッションがニッポンを代表する産業に成長できるか
今 勝負の時です!

*最近のユニクロのアニメキャラクターTシャツはコレが理由だったか
*FF14も欧州の受けが良かった理由ってジャパンキャラクターが受けてた下地があったからか
*っがアニメ・漫画にはこんな意見が

「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか (角川oneテーマ21)
「ジャパニメーション」はなぜ敗れるか (角川oneテーマ21)
角川書店 2005-11-10
売り上げランキング : 203536

おすすめ平均 star
star業界内の人間でも同意できる内容だ
star第二部は説得的
star正論は通じるか!?

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。