ワールドビジネスサテライト,4/5,特集,超グローバルへの道@:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/5,特集,超グローバルへの道@

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/5,特集,超グローバルへの道@

超グローバルへの道 第一章 最適チームで世界を攻める

タイ・バンコク
東へ20kmの郊外へ向かうと現われる日産の工場

ここで先月12日に
日産にとって重要な車の生産がスタートした

世界戦略車(マーチ)
価格 約100万円〜150万円

日産 志賀俊之COO
「グローバルコンパクトカーをつくる時 最適な国を考えてつくった」

”念入り確認ライン”と名づけられた最終工程
現地スタッフが完成品をさらに念入りにチェックする
日本では生産されず新興国からは初の逆輸入

新型マーチ
タイ・インド・中国などで生産・輸出
→世界160ヵ国で販売へ

「グローバルに日産が期待されている品質を提供できるのは大事」


日本企業が進めるグローバル化しかし

国別グローバル化指数
1位
シンガポール
2位
香港
3位
オランダ
 ・    ・
7位
アメリカ
 ・
    ・
12位
イギリス
 ・    ・
28位
日本
と日本は28位
真のグローバル化とは

A・T・カーニー日本代表 梅沢高明
「グローバル企業は世界中の人材で最適なチームを作り世界を攻める」

マネックス証券 松本大CEO
「真のグローバル化は”人”の部分」

真のグローバル化を目指す日本企業
その挑戦を追う

超グローバルへの道 第一章 最適チームで世界を攻める

東京八重洲に本社オフィスを構える
スミダコーポレーション(電子部品メーカー)

社員のネームカードを見せてもらうと
”スコッチ”などニックネームが書かれている

社員はみなニックネームで呼び合う
その理由は海外のスタッフや取引先に名前を覚えてもらうためだ

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO(ニックネーム:シギー)
が戻ってきた早速会議に出席する
会議は英語でされていたシンガポール人が出席していたためだ

日本人同士では日本語を話すがスミダでは世界各地に拠点があるため
2002年から英語を社内の共通語とした

この会議も出席者は
シンガポール、香港、日本、ドイツの4ヵ国から

実際社員2万人のうち
日本人は600人程度(3%)

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO
「周りから批判を受けたのは英語を強制したら意思疎通がうまくいかなくなると」
「これを恐れていては全然グローバル化は進まない」

中国・広東省広州
スミダの生産現場を訪ねた

スミダが生産するのはコイル
電圧を変換する電子部品で家電やパソコン、携帯電話、車など
電機を必要とするほとんどの製品に使われている

スミダ
コイル製品のシェア世界第2位
→ほぼ全てを海外生産

工員はおよそ1万人そのトップを勤めているのは中国人の
何偉洪 工場長(ニックネーム ウェルズ)
「2001年から出向の日本人はいません」
「ゼロになりました」

日本企業でありながら日本駐在員 ゼロ
日本人社員は必要なときに出張でやってくる
品質の管理や改善なども相談しながら進められるという

「ここからずっとあそこまで(ラインがあった)」

生産効率を上げたため24mあったラインが11mに短縮

「工程は1/3以上削減しました工程の削減は一番重要」

製造工程は基本的にマンパワー
多くの品種に対応するため機械化が向かないからだという

主な工場は
中国・タイ・ドイツ・ルーマニア・メキシコなど
世界各地に広がる

毎日100人単位で募集をかけ研修が続く
リーマンショック後一時期大幅に注文が減ったが現在は増え続け
3月だけで約3000人を増員

一方周辺には
スミダ最大の研究開発拠点がある
中国の一流大学を出た人材を中心に新しい製品開発などが進められる

何偉洪 工場長
「日本人・中国人・アメリカ人・ドイツ人など区別はない」
「能力ある人は一緒にやってできるだけ会社に貢献する」

香港
スミダの本社は東京だが八幡CEOが拠点とするのは香港
香港オフィスの社員はおよそ100人
東京の本社と同じような機能を持つ

しかしいずれも本社という意識はないという
本社とは・・・

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO
「東京にしろ香港にしろドイツ・ミュンヘンにしろ中国にしろ」
「そこで集まった方が良ければそこで集まって話をする」
「どこが本社かは決まっていないです」

スミダのNo.2は香港人 趙家驤グループプレジデント
八幡CEOも信頼を置く

スミダの売り上げ
80%以上は海外(円以外の通貨)

2009年
財務機能のオフィス(金融子会社)をオランダに設立

スミダコーポレーションは
八幡CEOの父が1950年に創業

1980年代 中国に進出
→生産工場を海外に移転

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO
「私が当社で求めているのは人お金すべての資源を世界に求める」
「世界で最適なものを使うこれがグローバル化じゃないかと」

スミダの給与は年俸制で退職金はなし
年初に仕事の目標を設定
→1年間の評価で翌年の年俸が決定

大幅に上がる事もあれば下がる事もあるという

社員(46)
「最初は戸惑いましたが自分の仕事の職責とか」
「目標が明確になったのでやる気が出ました」

社員(44)
「(経済)環境に引きずられて給与が上がったり下がったりする」
Q.心配じゃない?
「心配ですよ」

そのスミダが着手し始めたのが人事評価制度の世界共通化
今年から本格的に始めた

人事評価基準制度を統一
日本、アジア太平洋、ヨーロッパの3地域から
100人づつを幹部候補として人事評価の基準を統一させるという

スミダコーポレーション 杉山誠さん(人事担当)
「日本人だからといって優遇される事はない」
「日本だけ特定の国だけで通用するのではなくグローバルで通用する人材を育てたい」
「そういう人にはポストを用意して報いたい」

先月中旬
八幡CEOは株主総会のため日本にやってきた

スミダは取締役10人のうち半数が外国人
グローバル企業に取締役のグローバル化は避けられない
テレビ会議でも頻繁に連絡を取り合う

3月20日
スミダコーポレーションの株主総会
続いて会社説明会が開かれた

株主からは急拡大するスミダのグローバル化を不安視する声も聞かれた

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO
「日本の常識が世界に通用する訳ではないチャレンジしながら」
「(売上)1000億円に伸びていこう」
「グローバル化した全世界の人と一緒に伸びていくのが基本的な考え」

この日
元ドイツ証券のアメリカ人が社外取締役へ選任

取締役10人のうち8人が社外取締役
取締役会議には緊張感があるという

NOK 鶴正登 社長(スミダ社外取締役)
「日本の取締役会ではないような結構厳しい質問があって」
「日ごろの経営への考え方を厳しく持っていないといけないので」
「大変だと思うしつらいと思う」

スミダコーポレーション 八幡滋行CEO
「”NO”であれば”NO”と言ってくれてその理由も言ってくれる」
「説明して”なるほど”と言ってくれて合意してくれる」
「まさしく”上司”だと思っています」

グローバル化の第一歩はまず経営陣から
真のグローバル企業へ向け更なる挑戦は続く

第二章 海を越える”ヒト”争奪戦


*日本ゲーム会社が海外で弱い原因ってココにありそうですね
世界業界マップ2010―一目でわかるグローバル企業の動きと勢力図世界業界マップ2010
一目でわかるグローバル企業の動きと勢力図

日経市場占有率2010年版 会社四季報 業界地図2010年版 2010年版 図解革命!業界地図最新ダイジェスト 日経業界地図 2010年版 面白いほどよくわかる企業集団と業界地図―世界を席巻する巨大企業グループと産業市場の全貌! (学校で教えない教科書)

by G-Tools


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。