ワールドビジネスサテライト,4/9,スミスの本棚,小山薫堂:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/9,スミスの本棚,小山薫堂

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/9,スミスの本棚,小山薫堂

今日は様々な顔を持つ
GUEST 002
放送作家 小山薫堂(45)

小山さんのオフィスはなぜかパン屋の奥にある
「料理の鉄人」「世界遺産」などの人気番組を手がけた放送作家だ

初めて書いた映画の脚本
映画「おくりびと」では第81回アカデミー賞 外国語映画賞を受賞
時の人となった

Q,なぜ会社の入り口がパン屋なんですか?

小山
「”受付嬢”を雇いたかったでもお金がかかるので」
「”受付嬢”が自分でお金を稼ぐシステムにすればいいんだと」
「豊かだとアイディアが思い浮かばないんですよ」
「ウチみたいにお金のないところをアイディアで解決しようと」

小山薫堂、もうひとつの顔

放送作家で知られる小山さんですが

06年
オレンジ・アンド・パートナーズ設立
企業のコンサルティングやプランディングをする会社

そして去年東北芸術工科大学
企画構想学科
企画の立て方などを学ぶ学科を立ち上げたのです

小山
「企画こそは日本の資源だと思うんですよね1つは」
「資源のないこの国においてソコに価値をない物に価値をつけるか」
「企画の力で価値を変えていくしかないと思うんで」

学生達にホテルを盛り上げる企画や
CDのプロモーションなど実践を通して企画の面白さを教えています
どんな職種でも新しい事を始めるには企画書が必要だといいます

アイデア体質の企画力

Q.どうしてそんなにアイデアのストックがあるのですか?

小山
「例えば電車に乗った時はコレはこうすれば便利になるのになぁとか」
「そういう事を常考えていますね」
「考えているというより息をしている感覚ですかね」
「良い企画を出した時に人に喜ばれると」
「物凄く幸せな気持ちになるんです自分が」
「一度体験してほしい」
「ソレを体験すると本能みたいなモノで」
「また”気持ちよさ”を味わいたくて企画を出す」

Q.小山さんが薦めたい本はなんでしょうか?

小山
「はい、コレはもう有名な本なんですけどコレです」
小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)
小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)
おすすめ平均
stars基本的には日記
starsこんなに読みやすいとは、知らな
stars思想がなくとも文章が書ける
stars現地にて
stars「小説の神様」の短編集

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
1920年 雑誌「白樺」に発表された転変小説

志賀直樹
大正~昭和にかけて活躍
白樺派を代表する小説家

量り屋で奉公する小僧と客の若い紳士
紳士は偶然を装ってスシを食べたいという小僧の夢を叶えてやる
小僧はその紳士を神様だと思い込む
彼は悲しい時、苦しい時に必ず「あの客」を想った
それは想うだけで戒慰めになった

この小説は最後に突然 著者の目線になります
ココが小山さんが選ぶ一文

作者は此処で筆を擱く事にする

小山
「終わり方のサプライズ感とそしてその作家の優しさ」
「がにじみ出ている所だと想うので」

Q.どんな人に薦めたいですか?

小山
「ちょっと疲れている時に読むと」
「ふと心が休まる」
「日々休みなく戦っている人に読んでほしいですね」

では。”たすき”を渡す人を

小山
「映画会社松竹の社長の迫本さん」
「バランス感が面白いなぁ」

小山薫堂 → 迫本淳一 松竹社長

*”おくりびと”の脚本家はマルチに活躍するユニークな人だったんですねぇ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。