ワールドビジネスサテライト,5/3,新・買い物の軸,家計簿から見たニッポン:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/3,新・買い物の軸,家計簿から見たニッポン

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/3,新・買い物の軸,家計簿から見たニッポン

みかん箱から次々と出てくる古い資料
天保13年(1842年)およそ170年前のある武家のモノだ

入払帳
たばこ 20文 (現在の価値で約1000円)

石川県・金沢市
加賀100万石と言われる加賀藩で代々殿様のそろばん役を務めたのは
「猪山家」

藩の財布を管理しただけではなく
3代にわたる40年間のその生活の詳細を家計簿に記している

例えば
サツマイモ 40文(約2000円)
梅干用のシソ 50文(約2500円)

量までは分からないが今と比べてかなり高い
都市にいた武家はちょっとした食料も高い金を出して買っていた事が分かる

筑波大学 磯田道史 准教授
「消費経済の中で暮らす武士の姿が家計簿から見える」
「チョッとしたモノでも金を出さないと手に入らない社会に」
「武士がソレを経験し始めた時代」

子どもの祝い事など冠婚葬祭や年中行事にも多額の費用がかかっていた
当時の武家 猪山家も例外ではなく

1843年 消費支出 2418匁(967万円)
交際・行事費など 175万円
油・炭など 106万円
月々小遣い 102万円
食品 20万円

その費用を賄っていたのは借金
借金総額は猪山家の年収の倍
現在の実質価値でおよそ2500万円にのぼる

和泉屋に7ヵ月分の利子91匁(36万円)支払い

家計簿には1つ1つのリボ払いがかさんでいた事が記録されている
この借金を減らすため猪山家がとったのは

家計のリストラだった
「勝手向仕法」=リストラ

家計簿とは別につけられた資金繰り帳
家財道具を売却し借金の返済にあてた様子が詳細に記されていた

妻の嫁入り道具も売り払う徹底振り
しかしコレで借金をおよそ1/3に減らす事に成功した

家計のリストラ
ローンの返済

猪山家が必至にやりくりした時代から170年
日本の家計は今どうなっているのか

家計の記録家計簿をひも解く

千葉県に住む新米の主婦の河原さん
この日は食料品の買い物に出かけました

週2〜3回買い物に出るという河原さん
出かける前には必ずインターネットのチラシをチェックするという河原さん

肉類が安いという近所のスーパーで厳選して買った食材は
・キュウリ 3本98円
・もやし   19円
・納豆
・肉

帰宅して向かった先はパソコンの前
今月はもやしを6回買っているという 最安値は13円

毎日の家計簿を管理するのは「インターネット家計簿ココマネ
手書きの家計簿と同じように1つ1つ入力し記録します

費目ごとに集計できるほか
つけたその場で過去の記録とも比較する事ができます

河原さん
「この店の方が安いという比較もできる」
「先月は使いすぎたという事が一目で分かる」

ココマネ
20〜40代の主婦中心に開始1年で会員数は10万人を突破

ネット家計簿が当たり前の今
急拡大の背景にあるのは家計簿に留まらない機能です

ココマネを運営するNTTメディアサプライ 吉浦昭彦さん
「年収別の世帯平均を見る事ができる」

例えば

年収400万円〜600万円未満
ココマネ平均 食費 3万9292円

1つ1つの家計からリアルタイムの数字が挙がってきます
また個別商品の評価や安値情報も調べる事ができ節約志向を後押しします

更に今月から既に携帯電話で始めているサービスを
スマートフォン仕様にしたサービスも開始しました

「給料が減った手当てがなくなったなどがきっかけで」
「家計簿をつけ始める方が多い」
「自分が安く買ったといろんな人に教えていただいたり」

一方現在の家計は何を買い何を買わなくなったのか
その手がかりを探りに会員制の主婦のコミュニティのメンバーたちを訪ねた

東京・西池袋
東京第一友の会

長年家計簿をつけてきたベテラン主婦ばかり
ここ30年の家計簿を見せてもらった

75年 砂糖1キロ 325円
09年 佐藤1キロ 98円

経済成長の中オイルショックに物価に揺れた70年代
この頃買った砂糖の記録は1キロで300円以上していた
現在のおよそ3倍

ただパンや小麦粉は現在の方が高く原材料費の値動きによって
商品時代ごとに価格はマチマチ

食品全体の統計を見てもやや下がっている程度とあまり大きな変動はない

エコノミスト熊野さんはこう分析する

第一生命 経済研究所 熊野英生 主席エコノミスト
「食料品は一番減らしにくい消費」
「収入が半分になっても食べ物は半分にできない」
「食費は切り詰めにくい」

ソレに比べ下落が激しいのは衣服費だ
バブルで沸いた90年代と比べてもらった

90年代はユニクロの様な安物はなかったという
スーツ      4万円
子どものコート 1万4000円

ファストファッションの登場などで単価の低い商品が増えたほか
回復の数も減りここ数年で衣服費全体が半分になったという

「夫の給料が減るとまずは夫の服を買うペースが落ち」
「反動だと思うが奥さんの服がなぜか増えてしまう」
「ココ最近は所得が下がると婦人服も紳士服も両方落ちる」

一方で大幅に増加した費目もある通信費だ
電話代が下がっても携帯代やインターネットなどのコストが増えていた

ここ15年間全体の生活費は下がってきているが
家計の余裕資金をこうしたコストが圧迫する形だ
家計の全体的な縮小を熊野さんはこう指摘する

「1人当たり賃金が増えただけでは復活しない消費もたくさんある」
「つまり構造変化の様相を呈している」

家計簿に刻み込まれた消費トレンドの大きな変化
そこからは長引くデフレですっかり萎縮した消費に再び火をつける事の難しさが突きつけられている

*通信費無駄に光を使っている人はADSLに乗り換える事をオススメします




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。