ワールドビジネスサテライト,5/12,日産,ゴーン社長に聞く新興市場戦略:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/12,日産,ゴーン社長に聞く新興市場戦略

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/12,日産,ゴーン社長に聞く新興市場戦略


新興市場戦略を直撃

タイ バンクコクにある日産の工場
ここで3月日産にとって重要な車の生産がスタートした

世界戦略車「マーチ」
価格 約100〜150万円

日本では全く生産されず初めて新興国から逆輸入される

Q.海外に全て移管する感想は?

日産 志賀俊之COO
「移管するという事ではないです」
「グローバルコンパクトカーをつくる時 最適な国を考えてつくった」

念入り確認ラインと名づけられた最終工程
現地スタッフが完成品を更に念入りにチェックする
品質を日本と同じにするためだ

タイ日産 長谷川亨 社長
「特に今回のマーチはすごく自信がある品質に」

世界戦略車はタイに加えインド 中国 メキシコで生産し
日本を含む世界160ヵ国へ輸出

懸念される空洞化
そして日本の工場の存在意義
新興国を中心とした世界戦略とは



小谷
「ゴーンさんは新興国生まれの新興国育ちというのを自負していますよね」

ゴーン社長
「そうです」

ゴーン社長は
ブラジル生まれのレバノン育ち

小谷
「新興国のニーズを的確に掴んでいらっしゃる?」

ゴーン社長
「子ども時代は新興国でズット過ごしたのでコンサルに言われなくても」
「分かるわけです何が欲しいのかを」

小谷
「新興国ではどのような車が売れるんでしょうか?」

ゴーン社長
「ほとんどの新興国におきましては今1台目を購入しています」
「彼らにとってもビックイベントで成功のシンボルです」
「彼らはまず機能性を模索しますゆったりした空間が欲しい」
「家族を乗せたいので大きい車が欲しいそれでいて低価格」
「大きく低価格な車が欲しいんです」
「ですから新興市場では小型車はあまり受けません」
「ところが2台目となりますと小型車が候補に入るかもしれない」
「でも新興市場の人は機能にうるさい価値が欲しい低価格を求める」
「ですから我々は現地化を進めなければなりません」
「インド 中国 ブラジルでも生産を現地化してコストを廉価にしなければなりません」

小谷
「では価格が高いECOカーというのは新興国で広がるのでしょうか?」

ゴーン社長
「それが新興国にとって大きな制約なんです」
「ECOカーが新興国でポピュラーになるとしたらやはり
「トータルコストを下げなければなりません」
「例えばガソリンは高いが電気は安いところであれば広がるだろうし」
「中国ではトータルコストを下げたいので電気自動車はポピュラーです」
「中国ではガソリンよりも電力のほうが安いんです」
「エコカーというのは同じマーケットで価値を見出すもの価格やオーナーシップコストですとか」
「そういう事であれば普及するでしょう」

小谷
「中国政府もそういう方向に動いている気配があるそうですね」

ゴーン社長
「まだ中国政府は政策を公表しているとは思えません」
「ただ個人的には行うだろうと疑っていません」
「中国という国は最大数の電気自動車が走ってるんです」
「そしてモーターのメーカーも中国企業として多数存在しています」
「中国政府がEVのサポート政策を発表すると思っています」

小谷
「その時は中国に潤沢に供給できるんですか?」

ゴーン社長
「もちろんです」
「中国は自動車最大のマーケットです」
「もし中国政府がEV政策を決定したならば」
「全メーカーが中国向けEV戦略を練るでしょう」

五十嵐
「日産ルノーがダイムラーと提携しましたが一方で」
「スズキ・ホルクスワーゲン連合もあります」
「これから新興国でもECOカーは売れていくと思うんですが」
「その売れるECOカーというのはハイブリッド、EVではなく」
「既存のECOタイプだと思うんですけどその分野ではスズキだと思います」
「スズキホルクスワーゲン連合というのを脅威だと考えていますか?」

ゴーン社長
「脅威ではなくチャレンジだと思います」
「我々はEVだけを開発しているわけではなく引き続きディーゼル、ガソリン、ハイブリッド」
「燃料電池も開発しています」
「自動車メーカーはEVだけ開発していますとは言えないと思います」
「ただメーカーはどの分野でリーダーになりたいかを決めるんだと思います」
「我が社はゼロミッションEVでリーダになる事を決定しました」
「他社ではハイブリッドでリーダーになる事を決定しているところもあります」
「いくつかのメーカーは燃費のいい小型エンジンでリーダーになる事を決定しています」
「だからといって他の技術に関心が無いという事ではありません」
「メーカーならば様々な技術を提供しなければ生き残っていけません」
「だから企業連合というのができているのです」
「1社で全ての技術で卓越し全ての市場を掌握する事はできない」
「ですから提携して連合を組むわけです」
「スズキフォルクスワーゲン連合も同じ様なことをするでしょう」
「また今後こういう連合は増えていくでしょうもちろん自社ブランドは自社が持ち続け」
「長期的な共同作業をやっていくという事です」

小谷
「世界の新興国を席捲していくこれからの4年間ですね」

ゴーン社長
「中国 ロシア インド ブラジルなどでいろんな事が起きています」
「我が社はイロイロな事をやっています向こう4年間は非常にエキサイティングでしょう」

小谷
「今日はどうもありがとうございました」
「また是非いらしてください今度は4年後といわずに」

*日産は勝者となり得るか?
自動車新世紀・勝者の条件
自動車新世紀・勝者の条件日本経済新聞社

日本経済新聞出版社 2009-10-22
売り上げランキング : 21670
おすすめ平均 star
star地殻変動はやはり
star注目!
star必見

Amazonで詳しく見るby G-Tools
「エンジンのないクルマ」が変える世界 電気自動車が革新する企業戦略 自動車、ハイテク、素材、エネルギ−、通信産業へのインパクト エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?―市場・技術・政策の最新動向と各社の戦略 自動車ビジネスに未来はあるか?エコカーと新興国で勝ち残る企業の条件 (宝島社新書) エコカー戦争 ~次世代クルマ戦争に勝ち残るのはどこか (洋泉社BIZ)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。