ワールドビジネスサテライト,5/14,スミスの本棚,長田豊臣:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/14,スミスの本棚,長田豊臣

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/14,スミスの本棚,長田豊臣

GUEST005 長田豊臣 立命館大学理事長

70年代〜80年代
米プリンストン大学やコロンビア大学など客員研究員に

アメリカ史の研究者として名を馳せ3度の留学を経験
多様な価値観を認め合う事で発展するアメリカ的ダイナニズムを学ぶ

1999年 立命館大学 学長
2007年 立命館 理事長

・学者から大学経営者へ

長田
「専攻に閉じこもるのはおかしい」
「もうチョット学際的なことをやらなきゃならないんじゃないかと」

学際的=いくつかの学問領域にまたがる事

時代にあった新しい大学作り
2007年 映像学部設立

今回長田さんを指名した山田洋次監督も
映像学部を作りたいというその熱意に動かされ学院教授に

産学協同プロジェクトとして学生達が製作した映画
「京都太秦物語」がベルリン国債映画祭で高い評価を得ました

・知的活動のアリーナ

Q.今の学生なり大学なりのあり方はどういう風にご覧になっていますか?

長田
「日本の大学は欧米にキャッチアップするために作ったわけでしょ」
「均一の学生を集めて学習能力のある人をね」

しかしその時代は既に終わり長田さんは
多様性の中から創造性は生まれると考えコレまでの学問の分野を研究する
先端総合学術研究科を2003年新設しました

「大学は知的活動のアリーナですよね」
「昔の研究をしてもいいですよ中国の古典の研究をしてもいいけど」
「それを新しい目で現代にどう生かせるか」
「そういう視点がなかったら”好事家の学問”になる」

そんな長田さんの一冊は
逝かない身体―ALS的日常を生きる (シリーズケアをひらく)
逝かない身体―ALS的日常を生きる (シリーズケアをひらく)
医学書院 2009-12
売り上げランキング : 526

おすすめ平均 star
star絶望の中に見出す希望
star体験を伝えるしずかな迫力
starこの本に救われました。

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

夫子どもと幸せな暮らしを送っていた32歳の主婦
突然母親が

ALS
意識はハッキリしているのに段々全身の筋肉が動かなくなる病にかかります

病気の進行は凄まじく目前の母は自分で水を飲む自由さえ奪われていた。

12年の介護を綴ったノンフィクション作品

”人工呼吸器をつけたくない”
”生きるほうがつらい”まだ字が書けた頃そう記した母

しかし作者は次第に本当は死ぬ事に同意してほしくない母の心の叫びに気付く

長田
「それ以上の治療をしない事が本人も周りにも幸福と思われてきた」
「これを読んだら人間はそんな単純なものではなくて」
「人間はどんな状況の中でも生きていくと」

長田さんが選ぶ一文

どんなに重症の患者でも、自分は人として最後まで対等に遇されるべきがという意識で満たされている。

Q.こんな世界があったんだと涙してしまったんですけど

長田
「そうでしょうそうでしょう」
「今の世の中で合理主義だけで考えて”人間に対する考え方”は間違いじゃないかと

Q.どんな人にすすめたいですか?

長田
「"生きている”とはこういう事に直面している事」
「すべての人に読んでもらいたいですね」

ではタスキを渡す人は

長田
「有馬頼底さんにお願いしたい」
「これはスゲー宗教人だと思って」

次回 GUEST006
有馬頼底


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。