ワールドビジネスサテライト,5/31,電機各社 生き残りをかけ・・・:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/31,電機各社 生き残りをかけ・・・

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/31,電機各社 生き残りをかけ・・・

今年注目の3Dテレビと太陽電池と今日は新製品の発表会が相次ぎました

国内外での競争が激しさを増す中
電気メーカ各社の生き残りをかけた戦略とは

シャープ3D対応AQUOSクアトロン
7月30日発売

先行するパナソニックに3ヵ月出遅れての市場投入ですが

シャープ 松本雅之 副社長
「先行メーカーがまだ達していない部分を」
「シャープが達成する見通しがついたのであえて7月に出す」

そのクアトロン技術とは

シャープ 喜多村和洋さん
「今までRGBという3色の発光素子を4色にした」
「目につく色 明るい色という事で4色目をY(黄色)に決めた」

従来   ”クアトロン
赤緑青  赤緑青+黄

黄色の発色が鮮やかになる事で金色など
テレビでは表現し切れなかった色をより忠実に映し出す事ができ
3D映像がより色鮮やかにリアルに表現できるそうです

シャープ 松本雅之 副社長
「3D分野で今まで出遅れていた部分を」
「海外勢に対抗できるクアトロンという大きな武器を持った」
「生産台数の3〜5割を3Dに全部置き換えていきたい」

一方 三菱電機も
3Dレーザーテレビを今夏に発売へ

また来月3Dテレビを発売する

ソニー
3Dテレビ発売に合わせて3D対応ゲームを発売

3Dテレビをめぐる国内の競争が本格化してきました

3Dテレビで追撃される立場のパナソニック
逆に太陽電池でトップのシャープを追撃です

パナソニック
住宅用太陽発電システム発表会

パナソニック坂本俊弘 副社長
「パナソニックと三洋電機とのコラボ商品第一弾」

太陽発電システムHIT215シリーズ
7月1日発売

グループの子会社となった三洋電機の太陽電池「HIT」を利用
三陽の環境技術+パナソニックの販売ネットワーク

モジュール変換効率
約17%(世界最高水準)

日本太陽電池市場
2008年
シャープ
38.5%
京セラ
23.6%
三洋
17.5%
その他
  −

2012年目標
パナソニック+三洋 35%以上
業界トップを目指します

さらに欧米や中国市場が先行する世界市場でも

パナソニック坂本俊弘 副社長
「2015年くらいに世界トップ3に入りたい」

パナソニックグループ
家電販売・住宅建材店など 約15万店

パナソニックの専門店を経営する
サンコーフレックス 北見公秀 社長も新しい太陽電池に期待します

1年前に設置した太陽電池パネルはパナソニックではありません

北見さん
「シャープのサンビスタですね161Wものが15枚」

コレまではパナソニックの製品がなかったために仕方なく
シャープや三菱電機の製品を設置

7月からはパナソニックの製品を主力に販売していきたいといいます

「(パナソニックの新製品は)変換効率が高い事を説明して訴求していきたい」

パナソニックは太陽光発電システムを軸に
省エネ家電への消費を促す方針です

パナソニックでは”家まるごとエネルギーマネジメント”
太陽光パネルで発電した電力を家庭内の省エネ家電で使い
その状態を薄型テレビで常にチェックできる

など
環境エネルギー分野を強化する事で成長を目指します

エコポイントやリストラなどで業績が急回復した電機メーカー
しかし世界で存在感を増している韓国SAMSUNGと比べると
その差は歴然としています

営業利益率(2009年度)
SAMSUNG
8.0%
SONY
0.4%
TOSHIBA
1.8%
SHARP
1.9%
NEC
1.4%
Panasonic
2.6%
FUJITSU
2.0%
HITACHI
2.3%
MITSUBISHI
2.8%
とSAMSUNGに比べ収益性が低い事が分かります
今後成長するためには何が必要なんでしょう

日立製作所 中西宏明 社長
「これから3年は守りから”攻め”に反転し」
「強い日立の復活を目指します」

日立は今日
中期経営計画を発表した
攻めの柱と据えたのは電力や鉄道など新興国での社会インフラ事業とITを融合した
社会イノベーション事情
集中的に1兆6000億円を集中投資し成長軌道に乗せたい考えだ

選択と集中を進めてきた電機メーカー
今さらにその動きは加速している

ソニーはテレビなどハードとネットの融合を目指し
東芝は原発や半導体へとシフトしていく
総合電機メーカーから脱皮し個性を出そうとしている

しかし専門家はもう一段
事業の撤退や縮小をしなければ世界で戦う事はできないと指摘する

野村證券金融経済研究所 片山栄一 氏
「一番強い事業は何かはハッキリとしているが」
「2番目3番目4番目の事業がなくならず残っている」
「10年間開かない”種”は”種”じゃない」
「自分たちで”種”だと思い込んでいる企業が多い」
「それが本物なのか勝てるものか判断する時期に来ている」

*まぁ一番は自動車な訳でソレがこけたら日本はもっと傾くね
なぜ日本車は世界最強なのか (PHP新書)
なぜ日本車は世界最強なのか (PHP新書)
PHP研究所 2005-05
売り上げランキング : 328096

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
技術マネジメント入門 (日経文庫) ハイブリッド (文春新書) 自動車が危ない (新潮新書) 能力構築競争-日本の自動車産業はなぜ強いのか 中公新書 技術経営の考え方 MOTと開発ベンチャーの現場から (光文社新書)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。