ワールドビジネスサテライト,6/3,特集,iPadで到来セルフ出版の時代?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/3,特集,iPadで到来セルフ出版の時代?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/3,特集,iPadで到来セルフ出版の時代?

iPad販売を境に出版業界が大きく動いた

前日
ソニー 凸版印刷 KDDI 朝日新聞社
電子書籍の事業企画会社設立へ

当日
講談社 新刊の文芸作品を初めて電子書籍化
死ねばいいのに (実本)
amazonnで見る(品切れ中)
楽天で見る
死ねばいいのに

価格:1,785円(税込、送料別)

紙の本の半額ほどで踏み切った
死ねばいいのに(電子書籍版)京極夏彦 死ねばいいのに

講談社 デジタルメディア推進部 吉澤新一部長
「読者が戻って来たり違う読者が増えたりするチャンス」

3日後
ピェーン
30以上の新聞雑誌などを定額で楽しめるサービス

iPadは出版業界に大きな変動を起こそうとしている

さらに書き手側も

「著者のダイレクト出版が出てくる」
「人間って自分のマージンを渡したくないじゃないですか」

10万部のベストセラーになった
「伝説の社員」になれ!
amazonで見る
楽天で見る(中古)
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー
の著者土井英司さん
新たな挑戦をしようとしていました

エリスエス・ブック・コンサルティング 土井英司 代表
「電子書籍がコレだけ盛り上がってるんで僕も出してみたい」

相談の相手はフリー編集者の青木由美子さん
100万部のベストセラーとなった
レバレッジ勉強法/本田直之
amazonで見る
楽天で見る
レバレッジ勉強法

価格:1,365円(税込、送料別)

などを担当した敏腕編集者です

エリスエス・ブック・コンサルティング 土井英司 代表
「今が旬なのに3ヵ月後に出て売れなかった本はいっぱいある」
「(電子書籍なら)今はやっているモノが出せる」

青木
「オリンピックの時に韓国で"キムヨナ本”が売れていていたが」
「(日本で)本にしてもオリンピックが終わっていて・・・」

土井さん
出版社通さず個人で電子出版を計画

一般に普通の出版は
著者→出版社→取次→書店→読者
と中間マージンが多いため著者の印税は約10%

一方アメリカでサービスが始まっている
アイブックストアやamazonのキンドルで電子書籍を出す場合には
著者+フリー編集者→iBooKストア、amazon(キンドル)など→読者
手数料の30%のみ=印税約70%

紙の本より安く売られることが多い電子書籍ですが
それでも著者の印税収入は増えると見られています

土井さん
「電子出版でテストして紙でも売れそうだったら出版社に提案する」

日本の編集者
多くは出版社に所属

今後はその役割も・・・

青木さん
「アメリカの編集者みたいに出版社に所属するのではなく」
「著者側に立つようになる」

紙か電子書籍かどの出版社かなどを提案できる
編集者の存在感が高まると見られています

一方編集者すら立てず著者たった1人でアメリカのキンドルに作品を出したのが

創夢シニアプロジェクトマネージャー 木本雅彦さん
日本語版キンドル販売を見据えた実験的な試みです

日本語の現役作家の小説がキンドルで出版されたのは初めて

木本さんはシステムエンジニアの仕事のかたわら
ライトノベル作家として4作品出版
くあっどぴゅあ
星の舞台からみてる
声で魅せてよベイビー
クロノレイヤーに僕らはいた
amazonで見るamazonで見るamazonで見るamazonで見る
楽天で見る楽天で見る楽天で見る楽天で見る
くあっどぴゅあ (ファミ通文庫)
星の舞台からみてる (ハヤカワ文庫 JA キ 7-1) (ハヤカワ文庫JA)
声で魅せてよベイビー (ファミ通文庫)
クロノレイヤーに僕らはいた (トクマ・ノベルズEdge)

今回キンドルで作品を出して電子書籍を出す手ごたえを感じていました

木本さん
「ネットで良いモノがすくい上げられる仕組みが機能しているので」
「マイナーはマイナーなりの小さな読書コミュニティーができる」


出版ビジネスを根底から覆すかもしれない電子書籍
その関連のセミナーはどこも盛況だ

アゴラ起業塾
「成功する電子書籍ビジネス」

講師を務めるのは学研など大手出版を経て独立した
ベテラン編集者の田代真人さん
「電子書籍ビジネスを今からやろうと思っている方」

会場には大手出版社の編集者も来ていた

ダイヤモンド社 飯沼一洋さん
「(電子書籍が)紙の本の層をどこまで侵食するか」
「”10年後は5対5”などの予測があれば」

田代さん
「僕もそれくらいだと思っている」
「皆さん電子書籍ビジネスをどうすればいいか分からない」
「何もせず立ち止まるのではなく一歩ずつ前に進もうというところ」

電子書籍セミナーの講師を務めていた田代さん
ある出版社の立ち上げに取締役 兼 編集者として参画していた

並べられた机はわずか3つ

アゴラブックス
電子書籍専門の出版社

会社設立はアメリカでiPadが販売される前の3月
社長は経済学者 池田信夫 氏

取締役には
アスキー創設者の 西和彦 氏も名を連ねる

最大の特徴なのは
ネット閲覧ソフト(ブラウザ)で電子書籍を読めるのが特徴

今読める電子書籍大半は
アップル社の「アップストア」利用

アゴラが独自の方式にこだわるのはなぜなのか

田代さん
「ある時"ダメですよ”と作品を削除されたら」
「ユーザーは本を見れなくなる」

今年2月一度はアップルの審査を通った写真集などが
突然大量に削除された

アル出版社によるとアップルの通告は一方的だったという

一方アップル社は
理由についてコメントは出していない

「キンドルであればamazon」
「iPadで見せるのであればアップルの意向を無視できない」
「一番シンプルなブラウザで読ませる方が多くの人の手に渡る」

アップルやアマゾンなど
”プラットフォーム提供者”次第で出版できない可能性も

ブラウザで読ませる事のメリットもある
気に入ったページをマークするとツイッターが立ち上がり感想を書ける機能も

他の人と読書の感想を共有できる電子書籍ならではのサービスだ

「アマゾンでもアップストアでもコンテンツを提供できる」
「自社の方法を持っていれば最後は自分達で出版できる」

電子書籍をめぐり新たな動きが加速する出版会
いま戦国時代を迎えた

*うーむiPadキラー端末がことごとく来年って事はアップルの1人勝ち?
アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)
アップルの法則 (青春新書インテリジェンス)
青春出版社 2008-03-04
売り上げランキング : 17323
おすすめ平均 star
star“機能美”への死闘
starアップルの歴史と戦略の概観
starアップルやジョブズ好き以外の方にも

Amazonで詳しく見るby G-Tools
電子書籍元年 iPad&キンドルで本と出版業界は激変するか?  iPad VS. キンドル 日本を巻き込む電子書籍戦争の舞台裏 (brain on the entertainment Books) iPadスタートブック (SOFTBANK MOOK) iPadパーフェクトガイド iPad スターティングガイド (INFOREST MOOK PC・GIGA特別集中講座 384)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。