ワールドビジネスサテライト,6/4,スミスの本棚annex,北野武:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/4,スミスの本棚annex,北野武

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/4,スミスの本棚annex,北野武

GUEST 北野武(63)

理系の工学部出身(*Wikipediaより明治大学工学部(後の理工学部)機械工学科)
漫才コンビ”ツービート”で一世を風靡
映画監督 俳優 司会者 歌手 画家の数々の肩書おもつ

その中で笑いも音楽もすべて含む映画作りが一番面白いと語る

監督15作品目となる「アウトレジ」
登場人物全員が悪人という暴力団同士の抗争を画いた

北野武
「”アウトレイジ”の世界とそっくりなのは今の日本の政治」
「義理・人情と言いながら裏切ったりしている」
「一方今の政党は国民のため」
「国のため平和のためと言うがやっている事は全部自己保身」
「そっくりだよね」

先日のカンヌ国際映画祭では受賞を逃したが
海外での北野人気は絶大だ

後世の育成のため教べんもとる
05年〜
東京芸術大学大学院映像研究科の特別教授を務める

監督業でもっとも大切なのはとにかく多くを知る事という

北野
「映画監督はみんな博学」
「知らないと撮れないから」
「授業では高級レストランで一緒に飯を食うとかそういう授業だよ」
「そしてボーイがどう動くかを知ってもらう」
「行った事がないとセットを作る時に分からない」

北野武x本

Q.本屋さんとかって行かれますか?

北野
「本屋行くよ」
「本屋ねぇだいたい東京駅の・・・」

Q.丸善?

北野
「3階の奥に」
「右側にコンピューター真中に数学と量子力学と物理学のコーナーがある」
「そこいっちゃあ毎回失敗するんだけど」
「量子力学の本を買う」
「アインシュタインとか買ってきては途中で挫折すんの」
「わかんねぇって」

Q.読む時間はあるんですか?

北野
「ヨーロッパに行くときに12〜13時間あるので本を買って行く」
「だけどほとんど読んでないんだけどね」
「ただ安心のためバッグに入っていて」
「ただひたすら酒飲んでるだけなんだけど」
「でも本がないと不安になるんだよ」

そんな武さんの一冊は

北野
「俺 荒俣宏さんが好きなのねこの人博学だから」

著者は武さん同様たくさんの肩書を持つ

荒俣宏
翻訳家 小説家 評論家 怪奇現象など幅広いジャンルに精通
 
アラマタ大事典
amazonで見る
楽天で見る
アラマタ大事典
50音順に300項目以上まじめなモノから
ちょっと可笑しなモノまで
実は子供向けに造られた本ですが大人でもかなり好奇心をそそられます

北野
「これに書いてある事を自分がどれだけ知っているか勝負」

*小学生か!

北野
「ナスカの地上絵」
「儀式のためというが俺はこう思うとか」

「ダイオウイカ」
「深海にいてマッコウクジラの餌にこの間とれたのは何メートルで・・・とか」
「自分の知識があっておもしろいなぁっと」

”自分の知識と照らし合わせるのが面白い”

自然体で常に何かを学ぼうとする姿勢
あくなき好奇心が武さんの活躍の幅を広げてきたのかもしれません

Q.知識とか情報は武さんに欠かせないモノなんですか?

北野
「雑学だから・・・」
「下手すっと別に必要ないのかもしれない」
「話が上手い人っていろんな知識あるし面白いし」
「相手の事考えればいろんな知識あって相手のレベルに合わせて会話できる人が」
「一番神経使ったいい人だと思うんだけどね」

今年63歳になった武さん
まだまだ落ち着くつもりはないといいます

北野
「俺ねぇ余生を楽に暮らすのはバカだと思う」
「動かないって事は死んでる事だからねぇ」
「原子あれゆるモノは波動であるって物理学があって」
「振動していないモノとは死んだと同じ事」
「だからじじいになっても世間に役に立つ事じゃなくてもね」
「世間の害になる事でもやっていたいw」
「日本一悪いじじいでもいいかなと思う」

北野武は止まらない

来週のスミスの本棚は
次回GUEST007 森田りえ子

*こりゃあ映画宣伝でしたかなw
*飛行機内での暇つぶし本ではあるのかもしれないけど
*お子さんと一緒に楽しめる本ではあるんじゃないでしょうか

*ちなみにアラマタ本は他にも
アラマタ人物伝
アラマタ美術誌
amazonで見るamazonで見る
楽天で見る楽天で見る
アラマタ人物伝アラマタ美術誌


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。