ワールドビジネスサテライト,6/28,シリーズ特集「再出発」,第1章,元JAL社員の”針路”:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/28,シリーズ特集「再出発」,第1章,元JAL社員の”針路”

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/28,シリーズ特集「再出発」,第1章,元JAL社員の”針路”

日本航空は
先月31日 神戸空港から全面撤退しました
不採算路線見直しの一環でした

破たんからの再生
JALは今 徹底したリストラ策に乗り出しています

その同じ日
早期退職 約3600人

真敬志さん47歳
彼もその1人でした

手元には記念に残したJALの名刺が

敬志さん
「懐かしい戻りたいですねコレ見たら」

入社以来
敬志さんは会社に誇りを抱き働き続けてきたといいます

「JALというブランドが輝きを失ってきたのはさびしかった」

倒産の2ヵ月後会社から早期退職制度の説明を受けました

「”退職金はこれくらいありますよ”と見せられて」
「”1週間後に辞めるかどうか”返事をください”と」

コンピューターのプログラミングの技術をもつ敬志さん
JALではシステムの企画しかできずいつしかプログラム開発をしたいと考えていました

敬志さんは早期退職をチャンスと捉えました
しかし迷いもありました

「JALと言えばみんな分かってくれる心地よさや楽な部分があった」
「それが今後なくなるという覚悟は大きかった」

家族の反対もありました

「娘は”辞めないで”って言った」
「”生活できるの?学校辞めなきゃダメなの?”って」

経済的な問題もありましたが住宅ローンなどを抱えていなかった事が
決断を後押ししました

敬志さんが再就職したのは

東京・新宿区
ハンモック
社員80人のITベンチャー

若い社員に混じってソフトウェアの新製品開発の仕事で再出発です

ハンモックの社員
「(大企業で)組織間調整が大変だったと思うので」
「その経験を生かしてほしい」

敬志さん
「JALでイロイロな経験しているので”いいとこ取り”をして」
「”あいつ入って良かった”と言われるようになりたい」

JALグループ
2010年度中に1万6000人削減

割増退職金
月給約6ヵ月分(前回の1/6とも)

沖縄・南大東島
ココにも19年間勤めたJALを早期退職した人がいた
西田広司さん43歳

JALでは
法人販売部やIT企画室を経験

独身の気楽さを手伝って西田さんは度々休暇で訪れていた
南大東島やってきた

西田さん
「人情味があって心癒される場所ですね」

西田さんは今
南大東島の農産物をインターネット販売するビジネスを計画中だ

この島の農産物はほとんどが島の中だけで流通している

「本土から離れているので」
「ロットで買うバイヤーを見つけるのに苦労していると聞いていた」

この日はゴーヤ 青パパイヤなど
それぞれの日持ちの日数や原価などのリサーチだ

実は西田さんは
9月から大手飲食チェーンに入社しIT部門の担当となる予定

しかしあえて
サラリーマンと個人ビジネスの2足のワラジを履く事にした

「会社が社員を助ける時代も終わったという結論に達した」
「サラリーマン一本でやっていく人生はもう考えていない」

早期退職を経験し見つけた新しい働き方

毎晩西田さんは地元との人たちが集まる店に足を運ぶ
どんな農産物がネット販売に向くのか島民たちと日々意見交換をする

コレまで島民は販路を見つけられないでいた

この島では元JAL社員といった肩書きやコレまでの人脈は何も通用しない
だが島民たちは西田さんの熱意に大きな期待を寄せている

「焦り 不安 正直ある」
「ただ後悔は全くしていないです」
「今までは”就社”で”就業”は初めてなのかもしれない」
「ソコに新鮮さがある」

JALを離れたもう一人は
名古屋市にいました

佐藤正好さん33歳
09年12月自主退職しラーメン店の経営を始めました

横浜の人気店ののれん分けです
日の出らーめん 千種分店

佐藤さんは
シカゴ航空勤務など経験
いわゆるエリートコースを歩んできました

退職直前にいたいのは
経営の中枢 経営企画本部
再生の計画や資産の査定をする部署でした

佐藤さん
「自分勝手な言い方だけどすごく勉強になった」
「最後にそういう経験ができて良かった」

実は佐藤さんは学生時代から飲食店を経営したいと思っていましたが
みんなと同じように就職という道を選びました

今回 夢を叶えようとこの道を選択したのです

小さい子どももいる家庭の父でもある佐藤さんにとって
自営業の道は険しい道です

妻 香織さん
「安定していないので不安といえば不安」
「信じて進んでいくしかない見守っていくしかない」

この日かつての同僚がお店にやってきました
現役JAL社員たち仕事帰りにラーメンを食べに来て佐藤さんを応援してくれます

会社の再生に全力をかけるかつての仲間たち
佐藤さんの励みにもなっています

現役JAL社員
「切磋琢磨ではないがお互いの道を我々は再建の道」
「退職された方はそれぞれの人生を歩んでもらえればと思う」

この日はサッカーワールドカップの日本戦
客足は途絶えました

夜12時の閉店
今日の売り上げは12万5270円

佐藤さん
「開店以来 一番少ない・・・」

開店以来順調なスタートを切った佐藤さん
それでも不安はないのでしょうか

「自分のやりたい事を決断できて」
「その結果が今の店の状況と考えると良かったと思う」

JALを離れた3人は新しい働き方を見つけ再出発しました
しかしその一方で

5月末までの早期退職者
35歳以上 約3600人
多くは50代の管理職

とその多くは再就職が決まらず
再出発出来ていないのが現実です

*50代バージョンもやってほしい
たった一人の再挑戦
50代早期退職者の行動ファイル
amazonで見る
楽天で見る
たった一人の再挑戦―50代早期退職者の行動ファイル (文春文庫)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。