ワールドビジネスサテライト,6/29,シリーズ特集「再出発」,第2章,”自力再生”という選択:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,6/29,シリーズ特集「再出発」,第2章,”自力再生”という選択

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,6/29,シリーズ特集「再出発」,第2章,”自力再生”という選択

岡山・倉敷市
白壁の町として知られる

水島コンビナートを擁する工業地帯でもある

こん街にある中小企業ミスモ加工
社長の高月道弘さん52歳

その出社は他の社員の1時間も早い
朝一番の仕事は正面玄関の掃除

高月さん
「入った時にキレイじゃないとその会社のイメージが変わる」
「社長になる前からやっているので社長になってからも変わらない」

高月さんは実はまだ新米の社長だ

以前の名刺と今の名刺を見せてもらうと
課長 高月道弘
代表取締役 高月道弘

ある事情から今年1月
課長からいきなり社長になった

「最初は”社長社長”と言われても誰のことかなという感じだった」

ミスモ加工は不織布を加工するメーカーだ

不織布とは
繊維を織らずに作った布の事
それを貼り合わせて袋やカバンなどの加工も行なう

不織布の加工は一般的に熱で布同士を接着する
しかしミスモ加工は超音波を使った独自技術で
キレイに接着させる事に定評がありオンリーワン地位を築いた

創業は18年前

ミスモ加工
1992年 宮田丈夫 前社長が創業

大手繊維メーカーに勤めていた前社長の宮田さんが独立し立ち上げた会社だ

今は一般的な
ペットボトル用の保冷袋も最初に作った

オンリーワン製品にこだわり研究開発などに積極的投資を続けた
しかしリーマンショック以降 梱包資材の注文が激減
これが裏目に出た

会社の売り上げは半減
投資が重荷となった

前社長 宮田丈夫さん65歳
「投資の時期をずらすとか規模を少し減らす事が必要だったかも」
「私自身の判断ミスだと思う」

09年3月
民事再生法適用を申請
負債額33億円

「寂しいし辛いし」
「二度とああいう体験はしたくないくらい追い込まれた」
「夜逃げはこういう時にするのかというのがよく分かった」

会社の再建
選んだのは以外な方法だった

30人いた社員のうち残った
従業員17人が合計1600万円を出資

自力再生の道を選んだ
大抵はスポンサー企業の頼るが会社の独自性を守るためこの方法をとった

1月ミスモ加工の再出発に伴い
社長に選ばれたのは当時 取締役以外で現場のトップだった高月さん

しかし周りからは不安の声も聞かれた

高月さん
「ミスモ加工=宮田社長のイメージが強かった」
「わたしたち社員のミスモ加工という形で取引先から見ていただける会社に」
「早くしていかないと」
「それが今わたしの使命」

一方
前社長の宮田さんは会社に残り1従業員としての再出発

しかしそれぞれのデスクは以前のまま
やりにくくはないのだろうか?

高月さん
「安心感がありますね」
「(前社長が)視界に入りますから」
「いろいろなところで助けは請うています」

この日
高月さんに来客がありました

生菓子を入れる保冷袋の相談です
この取引先は実は債権者

民事再生の申請後も取引を続けてくれています

取引先(債権者)
「民事再生に至った理由はイロイロあると思うが」
「商品の企画力 製造能力はこの業界では優れている」

高月さん
「ありがたいことですし」
「債権者に協力していただかないとうちの会社はない」
「今後 製品とかそういう形でお返ししていくしかない」

そしてもう1人この会社で再出発する人がいました

山本哲也さん43歳
大手地方銀行でミスモ加工の担当を務める

倒産が決まったあと銀行を辞めて入社したのです

山本さん
「いろんな面で何かの役に立てるのではないかと」
「必ず成功する再生できる事業である会社であると」

山本さんの担当は
ミスモの再生を担う新たな製品です

導光版といわれる製品
アクリル板に溝を彫りLEDによって全体が発光する
溝を彫るミスモのオンリーワンの技術です

徐々に結果も出始めています

近鉄奈良駅
駅をぐるりと囲んだ導光版
長さは75m以上あります

山本さん
「問い合わせも去年に比べると倍増している」
「第二の柱という位置づけは近い将来訪れる」

朝7時
新倉敷駅

ホームには新幹線を待つ
ミスモ加工 高月 社長の姿が

この日は福岡に向かいます

サッカー好きの高月さん前の日の試合の記事に目を通します

高月さん
「守り抜いて守り抜いて」
「一筋の光明が出れば攻めに転じる」
「これから私たちの目指すところ」

入社いらい営業一筋だった高月さん
月の半分は出張していましたが社長になった今も代わりの人員がいないので
週1回程度は自ら営業に出向きます

新たな素材を開発するために客のニーズを聞き取るのも大事な仕事です

福岡・博多区
エムクラフト
社長の松波さんとはこの会社の創業以来の付き合いです

ミスモの商品を使ってヒット商品を生み出しました

松波さん
「ウチの商品はほとんどミスモ入ってるって感じですね」
Q.ミスモ倒産と聞いたときには?
「何か出来る事はないかという気持ちでイッパイでした」
「注文を増やす事がウチの恩返しかなと思って」

福岡をあとにする高月さん
岡山でその帰りを待つ人がいました

岡山・倉敷市
ミスモ加工の本社

高月さんを待っていたのは4月に採用した新入社員でした

新入社員 湯本貴也さん

高月さん
「営業と生産の方で2人採用した」
Q.社長になってから初めての採用?
「そうです私が採用しました」

会社がようやく軌道に乗り始めたため新たに採用したのです
今日から本社で研修

いずれ高月さんから営業の仕事を引き継ぐ予定です

湯本さん
「早く1つ1つ覚えていって」
「自分も立て直す一員になれたらとおもっています」

高月さんは社長になって会社全体を見るようになって
自社の技術力に改めて自信を持ちました
そして再建への手ごたえを感じました

新体制半年をねぎらう会では
宮田前社長や山本さんなど従業員が笑顔で乾杯していた

女性従業員1
「(入社)15年目になるので」
「骨をうずめようと思いました」

女性従業員2
「頑張るしかないので」
「たぶん再建できると思います」
「ソレを信じてみんな頑張っています」

高月さん
「再生するだけの価値があったと」
「認めていただけるだけの物を今後提供していかないと」
「1年でも2年でも早く再生を成し遂げたいと」

倒産から始まった再出発
自力再生の道のりはまだ長いものかもしれません
しかしゴールは必ずあると社員達は信じています

*自力再生の道は簡単ではないが希望があれば道は開ける
経営者のための自力更生型事業再生マニュアル
amazonで見る
楽天で見る
経営者のための自力更生型事業再生マニュアル


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。