ワールドビジネスサテライト,7/7,熱風!アジア再開発,第1弾”MICE”争奪戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/7,熱風!アジア再開発,第1弾”MICE”争奪戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/7,熱風!アジア再開発,第1弾”MICE”争奪戦

6月24日
シンガポールに新たな名所となる施設がオープンした

その名は
2010-07-08_025209.jpg
マリーナ・ベイ・サンズ
MARINA BAY Sands

有名なマーライオンの正面に位置し
特徴的な形をした超巨大な施設だ

開発したのは本場ラスベガスやマカオなどに数多くのカジノを持つ
アメリカのラスベガス・サンズ

カジノのスペシャリストという彼らだが
今回のこの施設コレまでとは全くコンセプトが違う

ラスベガス・サンズ アデルソン会長
「マリーナ・ベイ・サンズはカジノだけではありません」
「カギとなるコンセプトは”複合”そこに重点を置いています」

空港から車でわずか20分

マリーナ地区
商業施設として大規模開発進む

で建設された

サンズはココに
投資額 55億ドル(約4840億円)
総面積 58万u

ココには
  • カジノ
  • 3つのホテル
  • 巨大会議場
  • ミュージアム
  • シアター
  • 商業施設

サンズのアデルソン会長は会見であるキーワードを口にした

「この施設は”MICE”を誘致する上で」
「最高レベルのモノであると確信している」

MICEとは
  • Meeting 会議・研修・セミナー
  • Incentive 招待。優待・視察
  • Conbention 大学・学会・国際会議
  • Exhivition 展示会

の頭文字をとった造語でビジネス旅行の一形態だ

コレまで別々に考えられていた事を
ひとくくり考える事が今 主流となってきたその訳は

MICEに詳しい MPI JAPN 浅井新介 会長
「垣根がなくなってきた」
「展示会(E)でミーティング(M)会議(C)報奨(I)パーティーもある」
「いろいろな要素が共通しているモノが出てきた」

ある調査によると

1日の支出額(1人当たり)
国際会議参加者 約6万1000円
訪日外国人観光客 1万1078円

そのため日本でも

日本観光庁
2010年を「JAPAN MICE YEAR」
としてMICEの誘致に力を入れている

観光庁 大滝昌平 参事官
「日本がMICEの優れた目的地だと世界に認知してもらう」
「そのための元年として今年を位置づけたい」

こうした中シンガポールにMICEの誘致を主眼に置いた巨大施設が完成した

日本でMICEの専門誌を発行している
MICEジャパン 森口巳都留 編集長
「シンガポールという近いところにコレだけの規模で」
「MICE施設を中心に1ヵ所で全ての夢がかなうような」
「複合リゾート施設ができたのは日本にとって脅威」

どういう施設なのか
まず目を引くのは3つのホテルをまたがってつくられたスカイパーク

地上200m
展望台・プール・レストラン

中心街のビルを見下ろす光景は絶景といえる

またMICEに欠かすことの出来ない会議場スペース
展示ブース 約2000
会議室 250

また
大宴会場 1万1000人収容

総面積 12万u(東京ビッグサイト展示面積 約8万u)


マリーナ・ベイ・サンズ タナシジェビッチ副社長
「ここはシンガポールのトップ30〜40のホテルを」
「全て合わせたのと同じくらいの大きさです」

だがコレだけではない

カジノ
テーブルゲーム 600以上
スロットマシン 1500台

商業施設
有名ブランド店など300店舗

さらに
ミュージアムやシアターが年内にも完成予定

ビジネス客がお金を落としやすい仕掛けが作られている

実は国際会議の開催件数で
日本も増えているものの2006年にはシンガポールにアジアトップの座を奪われている

貿易の拠点から金融の中心へと姿を変えてきたシンガポール
日本同様資源の少ない彼らはいまMICEを中心とした観光産業に力を入れる

シンガポール政府観光局 メリッサオウ副局長
「シンガポールにとってMICEが生む利益は大きい」
「政府と民間が長期的に協力し支援を行なっていく」

シンガポール政府は今回マリーナ・ベイ・サンズの建設にあたり
ある決断をした

ラスベガス・サンズ アデルソン会長
「MICE施設単体では利益が出ない」
「だからカジノなどをつくらないと」

シンガポールの市内を走ると良く見かけるのが
市民のためのスピードくじなどのギャンブル場

連日地元客で賑わっている

国民がカジノでのギャンブルにはまり
社会が乱れ事を恐れる政府はこんなCMを流し始めた

巨大なMICE施設運営に収益面で欠かせないカジノ
建国以来カジノを禁止してきた

シンガポール政府は
今年ついに2ヵ所のカジノのオープンを許可した

その一方で政府が取った政策は
外国人がカジノ入場が無料なのに対し地元民が入場料7000円ほどかかる

キッチリと分かれた入場口

シンガポール人のカジノ入場料
1日 100ドル(約7000円)
年間 2000ドル(約14万円)

外国人はパスポートの提示だけですむ
だが効果はイマイチのようだ

シンガポール市民
「ギャンブラーにとって入場料100ドルは無いも同然」

シンガポールが国を挙げて期待を寄せる巨大複合施設
MICEの専門家は日本が競争に勝つには
規制や商習慣を見直す必要があると指摘する

MICEに詳しい MPI JAPN 浅井新介 会長
「(シンガポールでは)7年8年9年先の予約が取れる」
「日本では3年先でさえすぐに予約できない」
「こういうモノを変えて行かないと彼らが快適に日本に来るのは難しい」

アジアの各国でMICEの誘致が加速する中
日本も新たな戦略を求められている

*チョッとシンガポール行きたくなった



地図よりアジア→シンガポール→シンガポールと選択


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。