ワールドビジネスサテライト,7/26,特集,脱・消費不振へ”香り”でモノを売る:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/26,特集,脱・消費不振へ”香り”でモノを売る

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/26,特集,脱・消費不振へ”香り”でモノを売る

東京・東中野
キッチンコート東中野店

お菓子売り場にある仕掛けが

江崎グリコ広報IR部 山本京子 参事
「香りを染込ませたモノが付いていてコレが匂いの元となっている」

江崎グリコが今月売り場に設置した装置
人の動きを認識
人工的に作られた商品の香が出る

ジャイアントカプリコの売り上げ
キッチンコート東中野店でコレまでの3倍に
ジャイアントカプリコイチゴ
amazonで取り扱いなし
楽天で見る


江崎グリコ
延べ数百店舗に香りの出る装置を設置
売り上げ倍増

カレーでも1度実施し
装置のある店舗とない店舗では1.5倍ほどの差が出たという

「嗅覚に訴えるのはなかなか今までなく珍しいので差別化できる」

この装置を手がけたのが

プロモツール株式会社
2004年から販促向けなどの人工的な香りを開発している

井上賢一 社長
「食品原料をそのまま使っているわけではなく」
「全て香料を合成して作っている」
「1日8時間使って2週間もつ」

1種類の香り300〜400の香料を混ぜる
新たに作るには約2ヵ月かかる

この会社が人工的に作ったカレーの香り
目隠しして嗅ぎ比べてみると区別が付かない

プロモツール
食品や飲料など約300種類の香りを販売

去年から今年にかけて引き合いが増え始め
売り上げは今年3倍に伸びる見込みだ

「店頭での販売促進が視覚・聴覚に訴えるモノが効かなくなってきている」
「香りを使ってみたら衝動買いの様な効果がある」
「大きな将来性があると思っている」

この日インドカレー店を展開する会社の担当者が商談のためプロモツールを訪れた
カレー店にとって夏場は勝負時だという江辺さん

香りを使うことが新たな集客に繋がる事を期待を込める
カレーの香りのサンプルを嗅いでみると

マハラジャ 江辺潔 経理部長

「あホンとだ」
「これカレー粉のにおいですね」
これカレーライスのにおいです
「内はスパイスでマサラとかが入っているので」
「チョッとイメージがこれだと違う」
それは作れます

時間をかけて本物と似た香りを作る
初期投資は 3万円〜/台

顧客への聞き取り
設置前と比べ 売り上げ平均30%↑

プロモツール 井上賢一 社長
「嗅覚だけは考える暇を与えない」
「いきなり行動を起こす」

このカレー店ではどんな使い方を考えているのか
マハラジャ東京ドームシティラクーア店

マハラジャ 江辺潔 経理部長
「先ほどの機械はこの辺りに置くもしくは見えないところに」(店先のディスプレイ)
「写真だけよりは匂いが一緒にある方が客を立ち止まらせて」
「見させるのにいいんだろうなと」

入居する商業施設の意向で
香りを店先などに広げられずアピールできなかった

*カレーの匂いってそんなに抑えられる物なのw

しかし人工的な香りなら
煙や油などは出ない

「目で見るだけでは情報量が多すぎるので」
「客がどうしようかという行動にはならない」
「においを使って広告宣伝していくのはこれからのツール」

一方ブランド戦略の一環として香りを活用する動きも出てきています

LIZ LISA原宿竹下通り店
20代前半をターゲットにした衣料品店

6月から
店内にバラ系の香り

ヴェントインターナショナル LIZ LISAセレクター 佐藤広美さん
「においを感じたらLIZ LISAだと思ってもらえるような」
「記憶に残る香りだからこそ機械を導入した意味がある」

全国の23店舗で同じ香りを使用

香りをブランドイメージとして定着させるのが狙いです
2010-07-27_045300.jpg
さらに店内と同じ香りのリネンウォーターを販売
予想の約4倍の売れ行き

「においは自然と香るものなのでぇ〜」

*いや人工的にやってるわけでしょw

「客も店の前で通った時に自然と足を運んでくれる」
「これから売り上げに影響が出ると思う」

こうした香りを使ったブランディングを手がける

東京・渋谷区
アットアロマ

ココにきて企業からの注文が急激に増え出したという
毎月およそ30軒に香りの出る機械を導入している

自動車メーカー衣料品店などから発注
→ブランドに合わせた独自の香りを作る

完成まで短くて3ヵ月 長くて1年以上
ブランドを表現しソノ価値を高める事が求められている

アットアロマ 片岡郷CEO
「本質的に香りに対する価値が求められている」
「嗅覚に訴えないブランディングと嗅覚にも訴えるブランディングは」
「かなり差が出る」

長引く消費の低迷そんな中
香りは消費回復の切り札となるのだろうか

*機械の近くに置いたら消せるかな匂い
無香空間 特大 700g
amazonで見る
楽天で見る
無香空間 特大 700g



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。