ワールドビジネスサテライト,7/29,中国を日本食で満たせ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/29,中国を日本食で満たせ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/29,中国を日本食で満たせ

巨大市場中国に日本食を売り込む
今日中食企業の新たな挑戦が始まりました

今日オ北京で日本も持ち帰り店”ほっともっと”の一号店がオープンした
日本企業の弁当販売店が中国に進出したのは初となる
2010-07-30_104120.jpg
*完成イメージ

メニューは
海苔弁当やから揚げ弁当など日本でもおなじみの14種類で
値段は210円〜

これまで中国では弁当の習慣が浸透していなかった

一般のレストラン
「ご飯+おかず3種類」→約110円

しかし仲間同士店内で食べる人のほうが圧倒的に多いという

中国では元々昼の休憩時間が長く国営企業には食堂があり
→弁当の習慣なし

その中国で持ち帰り弁当を始めて成功しているのがセブンイレブンだ
「ごはん+おかず2〜3種類」→約130円
(惣菜をその場で詰める映像が流れる)

民間企業で働く人を中心に昼食にかける時間を短くしたいというニーズが高まり
持ち帰り弁当が受けているのだ

ほっともっとが店を構えたのも中国のシリコンバレーと呼ばれる
IT系企業が集まる地区

ビジネスマンやOLがターゲット

今後
朝食用メニューや宅配サービス検討
5年間で200店出店を計画

北京ほっともっと 齊藤裕剛 社長
「人・場所などによって(収入層の)差が大きい」
「分厚いマーケットの中に必ず私どものお客さんはいる」

一方 中国に進出して6年目のハウス食品も今日あらたな販売戦略を発表しました
レトルトカレーのCMに北京オリンピック トランポリン金メダリストを起用

北京・上海
レトルトカレーを食べと事がある→約25%

有名選手起用で手軽に調理できる日本式カレーの認知度アップを狙います

ハウス食品 一柳和文 執行役員
「中国で(売り上げは)10億円強これを早いうちに」
「今回プロモーションする事で倍増倍増を目標」

巨大市場で日本食を売り込め
中国人のライフスタイルの変化も後押しとなりそうです

*この違いドコまで縮まる?
鯛と羊―日本と中国、食から見る文化の醍醐味
amazonで見る
楽天で見る
鯛と羊―日本と中国、食から見る文化の醍醐味


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。