ワールドビジネスサテライト,8/3,食で”見える化”大学の研究成果:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/3,食で”見える化”大学の研究成果

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/3,食で”見える化”大学の研究成果

佐賀県内である食材が人気を集めている

ホテルで出されていた
ケーキに使われているのは新野菜バラフ
葉と茎の透明の粒は塩分を含んでいるためほんのりとした
塩分とシャキシャキ感が特徴だ

このバラフがいま佐賀県の名物として広がり始めている

バラフを開発したのは佐賀大学

実はこの研究室WBSが去年取材をした

バラフは
南アフリカ原産のアイスプラントを改良した物

土壌の塩分を吸う性質があるため
→砂漠化をくい止める研究を進めていた

ソレをなぜ野菜として販売したいのか

佐賀大学 野瀬昭博 教授
「ネットでアイスプラントは食べられるという情報を見つけた」
「面白いと思い”野菜化”の研究を始めた」

バラフは土で育てると
重金属など有害物質も吸い上げる可能性もあるため食用には適さない

ではどのようにして食用にしたのか契約農家を訪ねた
ソコで行なわれていたのは

溶液栽培
吸い上げる塩分濃度・栄養素を管理

佐賀大学が開発した物だ

09年 売上高
バラフ全体 約7500万円

近い将来佐賀の特産として期待されている

バラフの事業展開をするために

農研堂
佐賀大学の卒業生などがバラフ事業のために設立した
ベンチャー企業



農研堂 永原辰哉 社長
「大学の持っている信頼 安心安全」
「食べてもらう一歩を踏み出すには大学ブランドは価値がある」

生野菜だけでは商品展開に限界がある
ソコで永原さんが開発したのは

乾燥バラフ
抹茶と海苔の様な味で多くのミネラル成分を含む

コレを売り込むため永原さんはイカで有名な
呼子 ふく萬坊を訪ねた

地元の名店で使ってもらえれば
全国から訪れる観光客にもバラフを知ってもう事ができる

大学の研究と地域の名産品
新たな相乗効果は生まれるのか

「地元の大学は地元ありき」
「地元の産業に技術提供すれば理解が深まり」
「大きなビジネスになる」

米どころ山形にある
山形大学・工学部

ココで研究されているのはパン
工学部がなぜパンを

山形大学 西岡昭博 准教授
「発泡スチロールなどを綺麗に膨らませる研究が専門」
「この考えを米粉パンに応用し膨らませる事ができた」

発泡スチロールを膨らませる技術を応用し
100%米粉パンを開発

多くの米粉パン
膨らませるのに食品添加剤を使用

度重なる実験の結果
米を高温で粉砕→米粉がためた状態に

粘りがある米粉
コレを普通の米粉と一定量混ぜ合わせ生地を作ると膨らむのです

この研究成果をできるだけ地域の産業に生かしたい

じんだん本舗大江 豆太郎(老舗菓子店)
この店と共同開発で米粉を使った新商品を開発したのです

米粉100%のクッキーシュー
米粉独特のサクサク感とモチモチ感が味わえます

この研究学生にとっても大きな成果となったようです
大学の工学部の研究が地元の菓子店の役に立ったのです

「地方大学は地域に根ざしていかないといけない」
「米どころ山形だがら米を題材に商品を作るのは意味のあること」

見える形で地域の役に立つ大学の研究
こうした動きは広がりそうです

*バラフ(アイスプラント)試してみる?
バラフ(アイスプラント)
amazonで扱いなし
楽天で見る


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。