ワールドビジネスサテライト,8/10, マーケット2010夏,住宅ローン「変動vs固定」:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/10, マーケット2010夏,住宅ローン「変動vs固定」

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/10, マーケット2010夏,住宅ローン「変動vs固定」

マーケット

日経平均株価 9551円05銭 ↓21円44銭

アジアの株価指数
上海
↓2.8%
インド
↓0.3%
香港
↓1.5%
シンガポール↓0.3%
中国で輸入の鈍化を示す指標が発表され
上海株などが大幅に下落

日本国債(10年)
1.030% +0.015

先物
141.93 -0.20

こうした金利の低下が住宅ローンの現場にも影響しています

マーケット2010夏 住宅ローン「変動vs固定」

1~6月の首都圏マンション発売戸数
約2万戸(前年同期比↑27%)

背景にあるのが住宅ローンの低金利だ

マンション購入の検討中で
住宅ローンの説明を受けに来た丹羽勇人(24)・えみ(25)夫婦

説明員
「住宅ローンで2人の中で何がいいかどういった金利がいいとか考えはあるか」

勇人
「僕は固定金利の方がいいかな」

不動産会社が出した住宅ローンのシュミレーション
借入額 2500万円
ローン  35年

固定金利 年2.5%と想定
→支払い総額3754万円

変動金利
1%から始まり毎年0.1%上がると想定して計算すると
35年後 4.4%(-1.5%優遇後)
→総支払額3567万円

総支払額
変動金利の方が約187万円安い

住友不動産
銀行と提携し物件限定で年0.875%の
低金利ローンを用意

金利に敏感な顧客の獲得に力を入れている

住友不動産マンション事業部 営業部 板倉真冬 統括所長
「買っている30代はデフレで育っているから」
「金利が上がるという実感はあまり持っていない」
「多少上がったところで固定よりも有利だと判断している」

横浜市内で会社を経営する
菅沼伸之さん(47) 美雪さん(46)

妻と子3人の5人家族

現在親の実家を2世帯住宅に建て替え中だ

借入額 4800万円 ローン35年

毎月の返済額(シミュレーション)
当初10年間は変動金利の方が2万4000円安い

悩んだ結果変動金利を選んだ

菅沼さん
「今の経済情勢を見るとデフレでえあるという事が一点」
「景気循環の出口の悪さが見える」
「金利が上昇する材料が見当たらなかったという点が決めた最大のポイント」

変動金利
年2回の見直し
経済情勢により上がるリスクも

しかし金利が低いうちに少しでも利払いを抑え
ローンの元本をできるだけ減らしたいという

「元金を減らしていきながら余剰資金で繰り上げ返済を計画している」

一方
固定金利でも件数を伸ばす金融商品が

りそな銀行

りそな住宅ローン フラット35
住宅金融支援機構が民間の金融機関と提携
最長35年間 固定金利で借りられる

申し込み件数
4〜6月 約3万7000件(前年同期比2.7倍)

りそな銀行 ローンビジネス部 曾根善弘 担当マネージャー
「前年は全体の実行額の中でフラット35は2%程度しかなかったが」
「先月は12%まで伸びて非常に取り扱いが増えている」

フラット35の8月の適用金利
取り扱い金融機関の最低金利が2.23%
(21年以下のローンの場合)

優良住宅
さらに1% 当初10年間の金利引下げ

FOソリューション ファイナンシャルプランナー 辻畑憲男 代表取締役
「金利が上がった時に売却すれば良いと思っている人は変動金利で良いが」
「長期に住み続けたいとか金利が上がると苦しい人は」
「金利が低い時は固定金利が基本で安全」

しかし1つ問題が

優良住宅取得支援制度
金利1%引き下げは年内で終了

「年内だが金額が決まっている」
「いくらまでの融資 優遇という事で」
「急いでる方は急いでます」

それでは今後の金利の動向は
変動金利は日銀の金融政策の影響を受けるため

変動金利 日銀の金融政策が影響
固定金利 長期金利が影響

長期金利が低いのは・・・

大和総研 田谷禎三 顧問
「事業会社が借金を減らしているそのお金が銀行に行って」
「銀行がそのお金を使って国債を買っているのが理由」

この低金利時代はどこまで続くのか

「あと1~2年続く事はあってもソレ以上続く事はありえない」
「事業会社の債務返済による資金は50〜60兆円が限度で」
「ソレ以上は国債を吸収できなくなり急激に財政危機が表面化する」

財政危機によって国債が売られ
長期金利が急上昇・・・

そんな最悪のシナリオを
借り手は頭に入れておかなければならないようだ



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。