ワールドビジネスサテライト,8/18,”新”ニッポン人群像,〜日本に足りないもの〜,加藤嘉一:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/18,”新”ニッポン人群像,〜日本に足りないもの〜,加藤嘉一

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/18,”新”ニッポン人群像,〜日本に足りないもの〜,加藤嘉一

今年の夏に北京大学国際科
先月 修士課程を修了

ゲスト
在中国コメンテーター 加藤嘉一(26)

今中国で有名な理由ソレは
実は日本人コメンテーターとして中国メディアで引っ張りダコなのだ

この日は北京にあるテレビ局での収録

第一財経テレビ
「外国人から見た上海万博」で意見を求められると

加藤さん
「上海の人々の暮らしを見ていると万博に向けて豊になってきたのが分かる」
「都市が一般市民の生活を変えたんだと思う」

番組で求められるのは外国人から見た中国
や日中関係がほとんどだという

加藤嘉一(26)
  • 静岡県出身
  • 高校時代は駅伝選手

卒業後
03年4月〜 北京大学での留学

中国での生活は8年目になる
「メディアに出る切欠になったのは2005年の反日デモ」

5年前に起きた反日デモの翌日
香港系番組の生番組に出演

知人の韓国人留学生を通じて呼ばれたという
「(番組で)”反日デモが起きたのは日本の責任?中国の責任?”と2拓で聞かれた」
「どう答えたかはココでは避けますが」
「中国人と付き合っていくには歴史に対して真摯である事が大事」

歴史問題や領土問題にも真正面から向き合う
自宅にはメディア関係者がたくさん訪ねてくる

40分ほどの取材が終わると
すぐに別の記者が

この記者は日本の特集をするため
どんなテーマにしたらいいか加藤さんに相談に来たのだという

南方人物週間 楊 記者
「イロイロな専門家と付き合ってきたけど加藤さんは考え方がとてもシャープで」
「新しい現象に対してもしっかりとアンテナを張っている」

去年
テレビや雑誌のなどの取材は300回以上

中国メディアは”加藤現象”と呼んでいる

Who is 加藤嘉一(26)
  • 84年生まれの26歳 北京大学院修了
  • 高校卒業後に北京大学に留学
  • 去年受けた取材 318回
  • 執筆したコラム 200本

*インタビューは一部要約したりしています

Q.胡錦濤国家主席にも会った事があるそうですね

「胡錦濤国家主席が日本訪問する2日前にお会いしまして」
「その目から”日本との関係を改善するんだ”と意気込みを感じました」

Q.胡錦濤国家主席は隙のない人という印象があるが実際会ってみてどうですか

「すごく真面目で優秀なテクノクラートって感じがしましたね」
「あと疲れているという印象を受けました」
「13億人をまとめるにはいろんな人とコミュニケーションを取って」
「全国を飛びまわって世界の要人と会って凄く疲れているというイメージを受けました」

Q.中国メディアになぜ受けていると思いますか

「まず日本人というところがあると思うんですよ」
「中国人にとって日本人というのは当時の歴史の問題もありますから」
「特別だというのはあると思う」
「もう1つは中国のメディアが言論環境が外国人の視点を求めている」
「中国の言論環境・メディア・世論も少しずつ変わっていくと」
「より自由な開放的な方向に向かうために外国人の力を利用して変えていこうと」
「そういう事を感じます」

Q.中国には日本のジャーナリストもいればシンクタンクいるのになぜ加藤さんなんでしょう?

「1つは中国語で」
「日本人から上から目線で言われると傷つきますよね」
「自尊心を尊重しながら中国人の習慣とか歴史問題を尊重し言わなきゃいけない」
「僕は中国の人のマインドセットを分かっているんだと思います」

Q.外国のメディアに対しての中国のメディアの反応は?

「人民日報とか新華社といった海外のメディアがどう中国を伝えているかを伝える」
「新聞があるんですけど部数も200〜300万部というレベルで」
「そういった新聞が読まれているつまり外国人はどういう風に中国人を見ているのか」
「領土の問題・Googleの問題イロイロ毎日起きていると思うんですけど」
「そういったところに異常な関心を示している」
「そんな中 僕みたいな人間が”私から見たら中国はこんな風に見えますよ”って」
「第3の目が受けている」

Q.日本人が中国をどう見てるか関心ありますか

「凄いあります」
「反日デモの時とかも本屋に行ったら日本の本がもの凄く前の方に並んでて」
「雑誌の編集者とかに聞くと日本の特集 例えば小泉さんアップが表紙にあると」
「一瞬にして売り切れちゃうそれだけ関心があるんですよね」
「おそらく歴史の問題や身の回りに日本の物が溢れているとそういった事があると思う」

Q.その真相とか背景をフランクに聞きたがる?

「日本の政局とか日本の企業がどう中国に進出して来ているとか」
「日本の企業も2万社以上進出してきているので日本語を勉強している人も多くて」
「日本の企業文化 終身雇用 年功序列ってなんなのと」
「日本人の視点と口から中国語で直接聞きたので自分が受け入れられているんだと思います」

Q,インタビューで一番驚いた事は?

「例えばさっきの中国デモの翌日のどっちに責任があるのか」
「私はコレは外国問題であって双方に責任あり」
「双方の政府メディアも含めて反省するところは反省して」
「お互いの相互理解を深めましょうと」
「若干弁書法的な答えをしたらソレが評価されて色んなメディアに呼ばれるようになった」

Q.聴かれた瞬間は?

「心臓が止まるおもいでした」
「そのときに私が感じたのは中国という得体の知れない巨人」
「異色の場所で何かを発信して行く事の難しさ」
「しかも生中継でしたから感じましたねぇ」

*その瞬間の顔が見てみたい

内向きのニッポン

海外留学
  • 米国への留学生 日本は韓国の半分
  • ハーバード大学 日本学生 5人 → 1学年に1人 

新入社員「海外で働きたくない」
10年度 49%
01年度 29%

「私の北京大学でのクラスは全員”ハーバード行きたい”とか」
「”海外へ行きたい””外資で働きたい”外国の視点から中国を見てみたい”」
「といった声が多かった」
「日本に帰ってきて思うのは日本は大企業志向とか国内にいたいという篭ってしまっている」
「中国の若者は爆発力というかハングリー精神が凄い」
「北京大学とか1000万人中3000人しか入れなくて」
「そうした凄い競争を勝ち残った人間でも海外に行きたいと」
「いける人間は半分以下だと思うんですけど」
「日本の若者はこれだけのいい経験いい日本ですからローリスクハイリターンだと思うんです」
「ソコまで競争力がなくても海外に行きたくない海外の企業で働きたくないっていう内向きは」
「帰ってきて感じますね」

Q.中国は海外に出て帰ってきた時に税制優遇など懐の深さがありますよね

「中国には全世界に華人ネットワークがあり」
「”何とかなるよ”という空気があり」
「国としての勢いもあり外にドンドン出て行きドンドン中に入れ込めと」
「モノも資本も企業もドンドン出て行ってドンドン優遇などを与えて外資も引き込むなど」
「流動性が強く国際化というのかな」

Q.中国で1度失敗したら立ち上がれない?

「たとえば私みたいな26歳の人間が」
「中国でガーっと発言しても中国の人は喜んでくれるんですよね」
「中国に年功序列っていう文化はないですから」

*でも社員より運転手が威張ってたりヘンな文化があるw

「それだけの事を言っているソレだけの勢いがあるソレだけの目線で言っている」
「という風になれば年齢が何歳であろうが日本人であろうが四川人であろうが」
「北京という場所に着たらみんな頑張って行きましょうと」
「そういった意味で包容力は感じます」

Q,意外と若者の国なんですね

「そうですね若者と女性が強いですね」
「局長とか社長とかでも女性が多いです」
「そう考えると若者と女性が輝ける社会それが今の中国であって」
「日本人としてイロイロ考えさせられる」

Q.中国の対日観と日本人の対中観のギャップは?

「問題点は一致していると思って」
「中国に最近追い抜かされそうでプライドが傷つきコンプレックスを感じるようになった」
「日本に追いつき追い越せ押せ押せムードで行けるとプライドも出てきた」
「その一方で生活水準、社会保障、言論の自由などは日本に遠く及ばないと」
「プライドが出てきた一方でコンプレックスもある」
「プライドとコンプレックスそれが対日観対中観で問題点は一致している」

「そういった中で餃子事件とか東シナ海問題など突発的な事件が起こると」
「ナショナルスティックに感情的に”アー!”となってしまうと」
「歴史上 日本と中国の国力・経済力・政治力などコレまでにないほど一致して近づいてきた」
「そうした状態で私たちどうやって付き合っていけば模索しているのが今なのかなぁと思います」

Q.それはしばらく続きそうですか?

「私の読みでは後10年ぐらい続くんじゃないですか」

*日本吸収まで10年とみたか?

Q.中国人の小泉さんへの感覚は?

「当時2005年反日デモの時は”小泉靖国へ行くなー!”とか」
「”小泉帰れー!”とか言い方はあったんですけど」
「小泉さんが解任されて小泉さんイロイロあったけど政策は一貫してたよねとか」
「靖国には参拝したけど中国の成長は脅威じゃなくチャンスだと言ってたよねとか」
「客観的に当時の小泉首相を認識する反省みたいなものもあったりして」
「そういった意味では中国も反省とか当時の歴史を色んな視点から省みる」
「そういった自由は出てきている」

*どこがだよインターネットは政府が規制してて見れないものは基本的に抹殺されてるじゃんw

Q.中国に7年間いて日本には何が足りないでしょうね

「若者のパワーですかね」
「少し荒削りでも企業(海外?)へ出て行くとか優遇で企業を引き込むとか」
「若者として思ったのは中国から学ぶ事もあるんじゃないかなと」
「日本人としても貪欲に中国から学べるところは学んでいく」
「そういった意味で対等な対話ができればと思いますね」

*相対的民度はかけ離れてると思う
【画像あり】暑すぎてショッピングセンターで涼む人が続出
中国人の世界乗っ取り計画
amazonで見る
楽天で見る
中国人の世界乗っ取り計画


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。