ワールドビジネスサテライト,9/14,特集,初めて狙う海外市場ニッポンの3次元地図の反応は:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/14,特集,初めて狙う海外市場ニッポンの3次元地図の反応は

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/14,特集,初めて狙う海外市場ニッポンの3次元地図の反応は

福岡・博多区
ジオ技術研究所

3次元地図を作るために映像を撮る車”タイガーアイ”
カメラや計測機器を積み
走りながら360度方向を撮影

画像をGPSなどの情報と合わせる

路面の起伏や建物の高など忠実に再現し
3次元の地図にしていくのです

ジオ技術研究所
地図大手ゼンリンの子会社

地図データをカーナビメーカーに供給
国内シェア 約7割

最近は道を間違える事が少ないと
3次元地図のニーズが高まっているとのことです

会議では
  • フランクフルト
  • ベルリン
  • ロンドン
  • サンフランシスコ
のエリア確認が行なわれていた

3年ほど前から
欧米 約40都市で撮影→3次元地図を作成

ドイツで開かれる
家電見本市”IFA2010”に初出展する

海外の3次元地図を海外のカーナビメーカーに売ろうというのです

ドイツの首都ベルリン
この街で開かれる世界最大級の家電見本市が
IFA2010国際家電ショーだ

50回目の節目となった今回
来場者 23万5000人(6日間)

世界各国からバイヤーが集まり
毎年クリスマス商戦に向けた商品を買い付ける

受注総額 約3800億円
去年を上回る盛況ぶりだったメーカーにとっては自社の新戦略を発表する場でもある

メッセベルリン社 IFAグローバル統括本部長 イエンズ・ハイテッカー氏
「今年の目玉は3Dテレビです」
「ヨーロッパでは3Dテレビの需要が非常に多いと期待されています」

やはり目玉は3Dテレビ
市場は今後4年で13倍と爆発的に伸びると予想されている

だがその戦いはどう普及させるかという
次の戦いに来ていた

ヨーロッパで既に3Dテレビを発売している
パナソニックの

ブースに入ると
45台の3Dテレビが来場者を迎える

パナソニックは
10月に3D家庭用ビデオカメラを欧州市場で販売すると発表

現在
3Dカメラを商品化しているのはパナソニックだけ
まだ3D映像を楽しめるコンテンツが少ないため
家庭で撮ってもらう事で需要拡大を狙う

パナソニックヨーロッパ ローランアバディ会長
「3Dの成功には製品と共にコンテンツを売る事が重要だ」
「(3Dコンテンツ供給のため)ゲームでは”UBIソフト”」
「テレビでは”ユーロスポーツ”との提携を発表した」

一方一際目立つブースで人気を集めていたのは
ソニー

PS3を使い3Dでゲームを体験できるコーナーも設置した

ソニーヨーロッパ 西田不二夫 社長
「うちの強みはテレビだけでなくゲームもあるし」
「デジタルカメラも3Dパノラマが出ている」
「”撮る”から"見る”までレンズtoリビングという戦略」

さらに3Dに対応したパソコンVAIOの試作品も展示
3Dの多様性を印象づけた

ソニーのストリンガー会長は
コンテンツを重視した3D戦略をとると語った

ストリンガー会長
「年末までに世界初の3Dチャンネルを」
「ディスカバリーチャネルとアイマックスの2社と共につくる」
「映画・スポーツなど3Dチャンネルの番組が3D普及の原動力となる」

一方3Dでこれからヨーロッパ市場に進出する
東芝は裸眼で視聴する3Dテレビを年内販売へ

今月からヨーロッパで3Dテレビを販売するシャープは
4原色液晶のクアトロンをアピール

日本勢の前に立ちはだかるのは韓国のサムスン
世界で3Dテレビの出荷が100万台を突破するなどシェアトップを独走する

今回は3Dにも対応したインターネットテレビ
スマートテレビを発表

日本メーカーの引き離しにかかる

家電ショーの主役3Dテレビの競争は激しさを増しますが
今年は電子書籍端末など今後成長が期待される製品も注目を集めていました

その1つが
PND(小型のカーナビ)
ポータブル・ナビゲーション・デバイス

ヨーロッパではこのPND市場が急成長
08年以降ヨーロッパのカーナビ需要は日本を上回り
今後も拡大を続けると予想されています

3次元地図を売り込もうとIFAに乗り込んだ
ジオ技術研究所の三毛陽一郎さん

ベルリンの3次元地図を来場者にアピールします

三毛さん
「多くのカーナビメーカーに採用してもらえれば大きな利益が得られる」

興味を持ったメーカーが話をする姿も
その中には韓国のメーカーもあった

実際ドイツではどんなカーナビが使われているのでしょうか

会場内を見て回ると
2Dを斜めから見下ろした物や3Dでも簡単な表現で
三毛さんは自社の技術の方が高いと自信を得たようです

期間中商談成立には結びつきませんでしたが
確かな手応えをつかみました

「各メーカーを見ても3次元地図が採用されてなかったので」
「我々の技術製品が世界に通用するモノだと」
「世界で一番3次元地図をつくる会社になりたい」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。