ワールドビジネスサテライト,9/28,トヨタ軽自動車に参入:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/28,トヨタ軽自動車に参入

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/28,トヨタ軽自動車に参入

午後5時 トヨタ東京本社

トヨタ自動車 一丸陽一郎 副社長
「トヨタの軽自動車を提供し一層のサービス向上を図るとともに」
「ダイハツから商品を提供してもらいトヨタブランドとして発売する」

*なんだOEMかよ自社開発しろよ

軽自動車の販売に乗り出すと発表したトヨタ

トヨタ
来年秋以降ダイハツからOEM供給
→トヨタブランドで3車種販売へ

年間6万台の販売を計画している

「マーケットにおける軽自動車の比率が上がってきた」
「軽自動に替える客が増えた」

8月新車販売(前年比)(軽自動車除く)
トヨタ

43.1%
ホンダ

61.3%
日産

44.6%
マツダ

59.7%
三菱

47.0%
エコカー補助金駆け込み需要のため
各社の2桁の大幅な伸び

しかし今後は大幅な落ち込みが予想されている
トヨタは軽を販売に加え落ち込みをくい止めたい考えだ

岡三証券 自動車担当アナリスト 岩元秦晶さん
「軽自動車を強化している他社にどう対抗していくか」
「トヨタグループとして今の体制だときちっと戦えない可能性あり」
「その対策として今回の協業を発表」

一方のダイハツは

ダイハツ工業 伊奈功一 社長
「生産量全体が増えるというのもあるが」
「トヨタの軽自動車参入で軽自動車の存在感が増す」
「環境技術分野でも協力が得られ大きなメリットがある」

コレまで

軽自動車シェアはダイハツとスズキでその7割を占めていた
ココにトヨタが参入する形となり販売競争が激しさを増す事になる

トヨタ自動車 一丸陽一郎 副社長
「ものすごく販売競争が激化する事は認知している」
「ただ基本的には軽自動車の存在感を増やす可能性」

販売の現場ではトヨタの参入をどう受け止めているのでしょうか

ライバルスズキの自動車を販売する独立系店舗

関口モーターズ 関口護 社長
「トヨタは店舗数や営業マンの数が多いから」
「トヨタが参入となるとかなり市場は激しくなると思う」

ただ軽の市場については当面堅調だとみています

今月打ち切られたエコカー補助金は
普通車  10万〜25万
軽自動車 5万〜12.5万円

普通車への配分が多く軽の客が奪われていたと見られるためです

「やはりこういう景気だからどうしても安い車という傾向はある」
「従来の流れから言えば"軽”の方に客が戻る可能性はある」

*軽自動車の税金4倍になるって話はどうなったんだろ?
*最近の軽って軽っぽくないよねぇ
日本の軽自動車 1951~1975―カタログで楽しむ360ccの時代
amazonで見る
楽天で見る
日本の軽自動車 1951~1975―カタログで楽しむ360ccの時代


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。