ワールドビジネスサテライト,11/16,特集,漂流する円とニッポン,三井住友銀行,奥頭取に直撃:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/16,特集,漂流する円とニッポン,三井住友銀行,奥頭取に直撃

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/16,特集,漂流する円とニッポン,三井住友銀行,奥頭取に直撃

6年半ぶりの為替介入に踏み切った政府日銀
しかしその意に反して進む円高

一時 80円割れ目前に

企業からは悲痛な声が上がる
長引く円高金融緩和で溢れるマネー

今 日本がとるべき道とは・・・

*インタビュー内容は一部要約してあります

Q.G20同時開催されたビジネスサミットに参加された感想は

奥 正之
「先進国と途上国の参加者達に」
「デフレを懸念するかインフレを懸念するか手を上げてもらうと」
「先進国はデフレ 途上国はインフレを懸念すると明確に2つに分かれた」

世界を巡るマネーの動きは

アメリカや日本といった先進国では金融緩和によって大量のお金が
市場に溢れているのが現状

ただこのお金は金利が低いアメリカや日本には留まらず
成長著しい中国やインドに流れる

こうした国は金利も高く成長も見込まれるためで
新興国の中でも資源のある国によりお金が流れる

こうした流れはリーマンショック直前の世界で起きた流れで
今後新興国のインフレが引き金となって再びバブル崩壊が
起こるのではと声もあがっています

Q.新興国バブルなんでしょうか?

「今の段階ではそうではないと思います」
「一般論で言うと金融の量的緩和を先進国がやってると金利も下げていくので」
「ソレがいずれ発展途上国の成長の高いところに回っていく」
「そのお金が資源国へ資源を買う事になりますから」
「長期的に見ればそういう可能性が全くないとは言えないと思います」

「ただ2年前にリーマンショックが起き3年前にはサブプライムショックが起きたわけですから」
「3つか4つの理由で当面の間はその可能性はないと見ています」

「1つはリーマンショックの前に色々リスクを取っていた投機化のリスク許容度がここ数年」
「リーマンショック後はあまりリスクを取らなくなってきている」

「2つめは先進国も発展途上国も中央銀行がナーバスになってるので」
「お金の動きを常に見ている」

「あえてもう1つあげるとハイレバレッジで資産を膨らませた銀行が」
「バーゼル3が議論される中で資本規制そしてレバレッジ規制,流動性規制」
「こういうパッケージの規制がコレから入ってくる」

「そうした中でリスクテイクする許容度が低くなっている」
「なので当面そうした事はないと思われます」

「ただバブルというのは忘れた頃にやってくる」
「だんだん慣れてきて全般的に規制当局もなってきた時にないとは言い切れない」
「私は当面ないとみています」

Q.円の相場はどのくらいが望ましい

「米国が量的緩和をしましたが逆の方向に行ってしまった」
「コレはどうしてだろうと気がしますが」

「1つは理由は量的緩和の第2弾が夏ごろから言われていて」
「ディーラーや投機筋が頭に入れた上で積み上げてきた」
「現実化した所で1度てじまおうという事と」

「もう1つはアメリカの経済指標がいいモノが出てきた」
「コレが要因になって逆にはねたと」
「円安へドル高へ少し戻ったと」

Q.1ドル何円くらいがよろしいでしょう

「難しいですがいろいろお客様のお話を聞いて」
「アンケートなどもしたところズバリ90円前後に落ちついてくれる事が」
「輸出産業,加工・製造業の方は望んでるんじゃないでしょうか」

Q.その時点は過ぎていますが介入は足りない?

「あの段階で私が思ったのは為替市場が大きく動いたときに」
「一般の企業は何もできなく受動的に対応する事しかできない」
「為替相場に直接介入できるのは政府日銀という事になるので」
「行き過ぎたときには断固とした態度を示す」

「望ましいので協調介入ですが今の段階でソレが難しいとなりますと」
「単独でもその意思を明確にするのが大事」

Q.円高を阻止する考えと円高を利用する方策や新産業の考えがありますが

「日本の今の貿易関係で行きますと」
「マクロ的に見て輸入の方が円高でメリットを受け輸出はデメリットを受けますが」
「日本の貿易構造から言いますとドル建てで輸入が多いので」
「マクロ的には円高になった方がいい」

「ところが日本の産業構造から言いますと」
「中小企業から大企業は加工型の製造業が多いので」
「そういう企業は円高になると大変デメリットとなる」

「なので当面は円高を阻止し円安に向ける事が必要だと」

「その方策と新産業は別の性格もありますし時間もかかるので」
「ソレはソレとしてしっかりと計画を立ててやっていく必要がある」

Q.コレからの日本の銀行は何をやっていくべき

「従来通りの中小企業の育成が銀行の本業」
「もう1つは成長産業をどのように作り上げていくかが課題」

「三井住友銀行では成長産業のプロジェクトチームを作り」
「環境・資源エネルギー・水などをテーマにやっていますが」
「その中の1つとしてガスプロジェクトをやっています」

「1つのバリューチェーンといいますか始めから終わりまで」
「まとめて銀行のノウハウ情報を集めて一抱えにして物事を作っていきましょうと」
「多数の企業をまとめてコーディネートするという事です」

Q.海外人材など管理と設けの仕組みをどれくらいのスピードで変えれば
   海外で通用する銀行になれる

「それぞれの金融機関で違うと思いますが私どもは」
「外国からプロフェッショナルをチームとってプロジェクトファイナンス」
「チップファイナンス作り上げてその子執行役員(ヘッド)するとかやってますが」
「私の感じからするとまだ2合目あたり時間がかかり言葉の問題もあります」

Q.海外で企業は現地通貨だけでリテールしていて
   お金を貸してくれる日本の銀行を求める声がありますが

「企業金融という形では今までもソレはやっていて」
「リテールという個人消費者という形では難しい」
「中小企業金融を世界的にやっていく事は1つのテーマですから」
「我々は時間をかけてもやっていかなければならない」

Q.特にアジア?

「アジアそれにブラジルとかですね」

Q.一時 銀行は海外から引き上げましたが今また出ている?

「今また急速に出してきてます」

Q.日本の今後の成長戦略で一番必要なものは

「日本には良い人材もいるし良い教育制度もあるので」
「社会インフラもあり科学技術も優れている」
「欠けているのは選択と集中・国の構造・若者のガッツ」
「コレをどう作り上げるかが大事」

*教育は崩壊しつつある特に大学

Q.ソレは政治によるところが大きい

「官民それに政治が一緒になって」
コンセンサスを作っていかないといけないと思います」

*党内でもバラバラな今の政治じゃ絶対無理な話だ・・・

*もう開国なんだね
金融鎖国
amazonで見る
楽天で見る
金融鎖国―米金融バブル崩壊と日本の針路



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。