ワールドビジネスサテライト,12/15,GLOBAL GIANT の研究,ニベア:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/15,GLOBAL GIANT の研究,ニベア

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/15,GLOBAL GIANT の研究,ニベア

誕生から100年を迎える
ニベア クリーム 大缶 169g
amazonで見る
楽天で見る
ニベア クリーム 大缶 169g

世界の街での評判も良く
圧倒的な認知度を誇るニベア

一体どのような企業が作っているのか

実はニベアを作るのは
ドイツ・ハンブルクに本拠地を置く

バイヤスドルフ

スキンケアブランドの世界トップを走る
今回ニッポンのテレビとして初めて本社へ関連施設へカメラが入った

1世紀にわたって君臨する
スキンケアの巨大ブランドを研究する

1882創業のバイヤスドルフ
従業員は世界に2万人以上

150ヵ国以上に事業基盤を持つ
スキンケア専門の企業だ

中でもニベアは
バイヤスドルフの総売上の6割以上を占める

その進化を支える心臓部に入った
バイヤスドルフ研究開発センター

研究施設では
匂い師が匂いをかいでいた

匂いはボランティアの女性10人がかいた汗
38℃に保たれた部屋で20分かいた汗を測定し
デオトラント製品などに結果を反映させている

コエンザイムQ10の研究もしている
アンチエイジングに欠かせないコエンザイムQ10を
世界で一早く商品化したのもバイヤスドルフだ

ニベアブランド
スキンケア デオドラントなど
500種類以上の製品

そのジャイアントブランドのトップを直撃した

は2005年から会長を務めている

クアーズ氏は巨大企業は自らの強さの本質を自問すべきだとしている

バイヤスドルフ トーマス・クアーズ会長
「我が社はスキンケアが強いと明確に言える」
「世界の消費者のため優れた研究と商品開発を基盤に成長してきた」

20世紀初頭
女性の社会進出を背景にスキンケアへの関心が高まる中
世界に初めての大衆向けスキンケアクリームが誕生した

1911年バイヤスドルフは
水と油を混ぜ合わせる事ができる成分
オイセリットという乳化剤の特許を取得

100年前と同じ作り方でニベアクリームを作ってもらうと
溶かした乳化剤に脂質と水を足し
混ぜ合わせる

現在もほぼ変わらない製法のこのクリーム
ラテン語で雪の様に白いという意味のニベアと名づけられた

2010-12-16_054229.jpg
1925年にはブランドイメージを一新し缶を青に変更
以来原罪に至るまでニベアのデザインはほとんど変わってはいない

*ロゴは結構変わったよね

バイヤスドルフ シニアグローバルPOSマネージャー レオニーフーディヒさん
「青は親密さや信頼 調和を表している」
「世界の消費者が青でニベアを認知する」
「青はこのブランドの核で絶対に変えられない」

さらに早くからのグローバル展開もその強さを支えた
誕生直後からハンブルグの港を拠点に海外にも進出

その目的地の1つがニッポン
肌の白さに憧れる日本の女性たちにもすぐに受け入れられた

バイヤスドルフ
1914年ごろ海外34ヵ国で事業展開
売り上げ4割以上がドイツ国外

グローバル企業となっていた

バイヤスドルフ トーマス・クアーズ会長
「世界中に輸出を行う事がココでは伝統だ」
「だから過去のトップらはニベアを世界で成功させようと考えた」

世界を制したニベア
一方でその巨大ブランドを狙う存在も

ロンドンに拠点を置く
ユーロモニター・インターナショナルによると

スキンケア市場は近年競争が激化
今後カギを握るのは急成長が予想される新興国市場での勝負だという

その1つ
ポーランド・ワルシャワ

昔は化粧品代わりにキュウリやイチゴが使われていたというが
原罪では国内ブランドも多くスキンケア市場は激戦だ

ドラッグストア ロスマンズ広報 エリーザ・ドロさん
「ニベアは共産党時代から市場にあり認知度もブランドポジションも高い」

そしてロシアでもニベアは存在感を見せつけている

ロシア女性消費者
「商品が品薄だったソ連時代もニベアは使われていた」

東ヨーロッパなど新興国でも強く
首位を走るニベアだが世界シェアは6%続くブランドも後を追う

中でもニベアの強敵になるとも言われているのが
ロレアル傘下のガーニエ

同じような価格帯とブランドイメージでニベアに迫ろうとしている

*日本ではメジャーじゃないみたい
ガルニエ フルクティス スリーク&シャイン シャンプー&コンディショナー
amazonで見る
楽天で取り扱いなし
ガルニエ フルクティス スリーク&シャイン シャンプー&コンディショナー

しかし専門家は新興国が主戦場となれば
歴史とブランド力を持つニベアに大きなチャンスがあるという

ユーロモニター・インターナショナル オル・モヒゥディンさん
「ニベアは高級品だったスキンケア商品を世界で初めて大衆化」
「シンプルな商品を好む新興国市場にも受け入れられやすかった」

こうした世界的なブランド力に目をつける
ライバル企業も現れた

9月下旬家庭用品大手の
米国P&Gの社長がニベアは素晴らしいグローバルブランドと公言

買収も示唆するような発言であった事から
バイヤスドルフ株は10%急騰した

バイヤスドルフ トーマス・クアーズ会長
「こうした動きは常に起こりうるが」
「独自にこの会社を世界的に発展させるチャンスも素質もあると思う」

誕生から100年
”1つのブランド頼みでいる事は企業にとってリスクが大きいのでは”
という質問をぶつけた

「1つのブランドの成功を軸にするならソレを尊重しなければならない」
「全社員がその意識を持って」
「いつでも最大限の高い品質を確保しなければならない」

*今回ニベアについて初めて知った
*こういう本には載ってない?
世界業界マップ2011
amazonで見る
楽天で見る
世界業界マップ2011


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。