ワールドビジネスサテライト,1/4,モノづくり覇権〜世界規格戦争〜,第一夜,新興市場・日韓の戦い:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/4,モノづくり覇権〜世界規格戦争〜,第一夜,新興市場・日韓の戦い

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/4,モノづくり覇権〜世界規格戦争〜,第一夜,新興市場・日韓の戦い

2010年GDP成長率7%が確実視されるブラジル
ワールドカップ・オリンピックの開催を控え街の人の消費意欲も旺盛だ

この国で日本発ある規格が採用された
それが日本のデジタル放送方式

ブラジルを皮切りにチリなど世界11ヵ国で導入されている

日本の技術を生かせる大きな追い風が吹くはずだったが

巨額の広告費を投じ日本企業の前に大きく立ちはだかる
韓国勢

巨大な新興市場でナニが起きているのか
生き残りをかけた戦いの現場を追った

〜市場奪還!家電メーカーの挑戦〜

人口2億人
経済発展に沸くブラジル

サンパウロ

ヘジ・グローボ放送局 レイムンド・バロス技術部長
「今 放送しているニュース番組もデジタルハイビジョン放送です」

ブラジルで2007年から始まった地上デジタル放送
採用されたのは日本方式だ

国際標準と認められている地デジ放送規格
日本式 日本・南米
米国式 北米・中米・韓国
ヨーロッパ方式 欧州・中東・アジア

の3方式がある
なぜ日本の規格が採用されたのか

「ブラジルでは強い電波の放送方式でないと」
「このような綺麗な映像は見られない」

さらに日本方式にしかない技術もある
それがワンセグだ

携帯端末などでも高画質のハイビジョン放送を見る事ができる

「2014年までにワンセグ携帯は4000万台近い市場になる」

日本政府のトップセールスが功を奏し
ブラジルなど南米11ヵ国で日本方式を採用

コレを好機とブラジル市場に乗り込む企業がある

ピクセラ
日本で2万円を切るデジタルチューナー内蔵液晶テレビをアピール

日本の規格が採用された事で
格安テレビやチューナーの売込みにも弾みが

技術をそのまま生かせる分
日本メーカーが優位に立てると意気込む

ところが街の家電店を覗くと

ブラジル薄型テレビ市場
サムスン LGが6割を占める

なぜなのか

ジェトロ・サンパウロ 大岩玲 調査担当ディレクター
「官民一体で基準採用の先を睨んだステップを踏めてこなかった」
「トレンドや基準がどうなろうとその市場に合わせて市場を取る姿勢は」
「韓国勢が一番強かった」

*政治家の中に韓国寄りな人がいたりウォン安の性では?

日本方式に合う技術を持つ韓国勢
圧倒的な広告宣伝などで市場の主導権を握った

*実はリストラされた日本人技術者だったりして

今この成長市場の攻略に動き始めた日本企業がある
ソニーが2年以内に首位を奪うために送り込まれた安藤さん

この日は同僚のルチアーノさんと家電店の現地調査に向かった
年末の値引き合戦の中この店で最も売れていたのは

サムスンの40インチLEDテレビだ

販売員によると
約16万円をキャンペーンで約10万円にしたところ
先週15台売れたという

安藤さん何かに目を止めた
テレビの横にある分割払いの宣伝

10万円のテレビも10回払いなら一月の支払いは1万円ほどだ
こうした分割払いはブラジルでは一般的だという

ソニー・ブラジル 安藤征臣さん
「サムスンと価格が開いても分割で負担にならない金額にできれば」
「勝負できると思っている」

ブラジル経済
成長の原動力が急増する中間層は

C層(中間層)
一月の所得額 6〜24万円

と呼ばれいまや消費の牽引者だ
モノが持てる様になった彼らの欲しいモノは家電

ブランド力調査

1人目
1 サムスン
2 LG
3 ソニー

2人目
1 サムスン
2 ソニー
3 PHiLCO

ワールドカップ効果で去年は一昨年の3倍の販売台数を達成した
ソニーだが

ブラジルの薄型テレビ市場(09年)
LG
31%
サムスン
30%
フィリップス
17%
ソニー
11%
その他
 

シェアのトップは韓国勢
4位と出遅れているのが現実だ

富裕層をターゲットとしてきたソニーがトップを取るには
拡大するC層でいかにシェアを広げられるかがカギ

しかし
広告代理店との会議で突きつけられたのは
そのC層で韓国勢に完全に水を開けられている現実だ

ソニーブラジル 所鉄郎マーケティングディレクター
「この市場で勝つんだ」
「ソニーが認知されているという前提は忘れよう」
「C層に何としても食い込まなければ」

広告費の規模で敵わない韓国勢に
どんなアイディアで勝ちに行くのか

ソニー・ブラジル 安藤征臣さん
「我々が狙う特定の層に対し特化したメッセージを送る必要がある」

次の日 安藤さんが向かったのは市内にある
ある一家の自宅

去年
ワールドカップを前にテレビを購入したアゼベートさん一家は
46インチテレビを焼く18万円で購入

その大きさを気に入り背伸びをして購入を決めたという

アゼベートさん一家も典型的な中間層だ
こうした中間層は

C層(中間層)
03年 約6600万人 → 09年 約9500万人

人口の半分を占めるまでに急増した

エリアナ・アゼベートさん
「値段が安くても気に入らないモノを買うのは嫌です」

安さの次を求める中間層は確実に増えていた

サンパウロの中心にある
ショッピングセンター イグアテミ

ココで安藤さんたちはあるキャンペーンを開始した
3Dをテーマにテレビやゲームなど総合力でソニーをアピールするブース

ソニーブラジル ルチアーノ・ポットゥーラさん
「広告を大々的に打つのも大切だが」
「商品を知ってもらう機会を作るのも大事」

ブースの隣にはソニーの店舗

ブースで引換券を配布
→店舗で映画のチケットと交換

確実に店に足を運んでもらうための仕掛けだ

*なんだソレ

キャンペーン中
テレビの販売台数は通常の4倍増えたという

ソニー・ブラジル 安藤征臣さん
「他社にひっくり返されないよう来店客をしっかり捉まえる事が重要」

先を行く韓国勢にどう追いつくのか
規格競争に勝っても激しい競争は続く

ソニーブラジル ルチアーノ・ポットゥーラさん
「仕事は長時間で厳しいが社員はみな家族の様にまとまっている」

ソニー・ブラジル 安藤征臣さん
「ブラジル人が自分の会社だと思って働くとアイデア試みがドンドン出てくる」
「それが会社を良くすると思う」

世界市場での生き残りを賭けた本当の戦いは
始まったばかりだ

*こんなんで勝てるのか?
ソニー VS.サムスン
amazonで見る
楽天で見る
ソニー VS.サムスン



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。