ワールドビジネスサテライト,1/11,本と音楽「未来」重なる?:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/11,本と音楽「未来」重なる?

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/11,本と音楽「未来」重なる?

トゥ・ディファクト
NTTドコモ・大日本印刷
CHIグループの共同事業会社

電子書籍サービスを明日から始める
  • 電子書籍購入
  • 立ち読み
  • 紙の本の購入
などができる

まずは文芸・コミックなど約2万点
→今春までに約10万点に

また

ポイントサービス
ネットと書店 両方で使える
→”ネット”と”リアル”の一体化

電子書籍の価格
”紙”の本より約2割り安い

*価格はすぐ利益出そうと思わずまずは普及を目指す価格設定にすべき
*逆の2割できれば5割に設定くらいしてほしいものだ

割安なネット書店が定価の書店を追いこむ懸念もあるが

Q.”電子”と”紙”は一体で市場を広げられる

トゥ・ディファクト 小城武彦 社長
「ソコニチャレンジします」
「これがないと出版のマーケットが広がらない」
「この”デジタル”を武器にして(市場を)広げていきたい」

*両方なんて甘い事言わず一本でやった方がいいと思うが

次々と市場に投入される電子書籍サービス
街の反応は

東京・新橋

Q.電子書籍を読んだ事ある?

女性
「ない」
「どこまで(機能を)使いきれるかが分からない」

男性
「便利さは感じるが”紙”への愛着もある」

男性
「(電子書籍)読んでみたい何冊も持ち歩くのは面倒くさいから」

街の人たちからは
まだまだ電子書籍が一般的になっていない事が伝わってきました

電子書籍は本当に普及して私たちの生活を変えて行くのでしょうか
WBSでは一足先に電子化された音楽市場を振り返りながら予想してみます

音楽業界
端末
2001年
iPot発売
4万7800円
2011年(10年)
iPodシャッフル
4800円
ソフト
CDアルバム
3000円
音楽配信
1500円
1曲単位150~200円
店舗
2001年
約5000店
2011年
約3000店

電子書籍業界
端末
2011年(10年)
iPad(16GB)
4万8800円
2021年
電子書籍端末
4880円?
ソフト
現在
もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッガーの「マネジメント」を読んだら

紙の書籍 1680円
現在既に
もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッガーの「マネジメント」を読んだら

電子書籍版 800円
店舗
約1万5000店
同じように減ると予想すると
9000店?

*SONYのリーダーなら既に約2万円台から
SONY 電子書籍リーダー Pocket Edition/5型 PRS-350 P
amazonで見る
楽天で見る
SONY 電子書籍リーダー Pocket Edition/5型 PRS-350 P

大型店も姿を変えているかもしれません
書店は今度どのように生き残りを図ろうとしているのでしょうか

東京・千代田区
三省堂書店 神保町本店

去年12月に新しいサービスを開始しました

三省堂書店オンデマンドサービス
富士ゼロックスの高速プリンターと特殊な製本機械の組み合わせで
主に絶版の本をで印刷し店頭で製本して販売

洋書 約300万冊 和書 約100冊

今後は
国内の出版社と交渉を進めて和書を強化していく方針です

今では
1日に10〜20件の注文

三省堂書店 児玉好史 企画室長
「(電子書籍は)“黒船”ではなく”鉄砲伝来”」
「新しく本を読む武器が手に入った」
「チャンスを取り逃がさないようにするのが課題」

一方で個性を武器に変わり始めているのが
町の書店

本屋の歩き方

去年4月に凸版印刷が開設
品ぞろえの特徴から書店を検索

サイトにも掲載されている

東京・世田谷区
リンドバーグ

この店は
バイクと自動車関連の書籍に特化した書店
一般氏などは一切扱わずに自動車関連に集中した品揃えです
普通の本屋で扱っていない整備書なども扱う

商品の内2割ほどを模型やアパレルの関連商品が占め
店内でコーヒーを飲む事もできます

さらに店舗の地下には

スロットカーのサーキットを併設

車好きが多く集まる事から
書店との相乗効果は大きいようです

リンドバーグ 藤井孝雄 社長
「必ずコアな客はいてそういう客は動かない」
「すべての知識を本屋が持てるわけがない」
「明確に仕切って訴求するのが大切」

電子書籍は読者の概念を変える可能性も
既に広がりをみせているのが連載中の小説に読者の声が反映されるという動き

読者参加型小説『東方幻想夢』

ではストーリーの設定を作者にリクエストできるのだ

専門家は

ITジャーナリスト 佐々木俊尚さん
「コンテンツ単体 ブログのひとつの記事」
「ソレだけが面白いわけではなく」
「そこから議論がドンドン波及していく本も同じように作られる可能性はある」

読者と作者のやり取りで無限に生まれる文章は
新たな本の姿と言えそうだ

「小説は作家の成果物ではなく」
「ある意味読者と書き手のやりとりで生まれるソーシャルメディア的な作品になる」

*今やだれでもすぐに作家デビューも可能だ!
電子書籍のつくり方・売り方
amazonで見る
楽天で見る
電子書籍のつくり方・売り方



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。