ワールドビジネスサテライト,1/12,日本「復活」への提言は:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/12,日本「復活」への提言は

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/12,日本「復活」への提言は

書店のビジネス書の売り場には去年非常に人気を集めた
これからの「正義」の話をしよう
amazonで見る
【送料無料】楽天で見る
これからの「正義」の話をしよう――いまを生き延びるための哲学
ハーバード大学の講義を本にしたものがありますが

最近人気を集めているのが
ハーバードの「世界を動かす授業」
amazonで見る
【送料無料】楽天で見る
ハーバードの「世界を動かす授業」 ビジネスエリートが学ぶグローバル経済の読み解き方
著者 リチャード・ヴィートー教授
(ハーバード・ビジネス・スクール)

BGIG(Business, Government and the International Economy)
ビジネス 正治 国際経済を学ぶ

について30年以上教え
09年 ハーバード・ビジネス・スクール最優秀教官賞を受賞

彼の元には世界中から優秀な学生が集う

授業の内容が書かれたこの本
経営学の本としては異例の 7万部を販売

人気の秘密はなんなのか

特別授業のために来日したヴィートー教授
集まっていたのは企業経営者やビジネスマンなどおよそ80人

ヴィートー教授の授業
理論ではなく具体的なデータを元に進める

最大の特徴は
国際経済を理解する上で日本の高度成長から始める点だ
彼はソレをジャパンミラクルト呼んでいる

その理由を直接訊ねた

Q.なぜ日本から授業を始められるのでしょうか?

ヴィートー教授
「私たちは日本の経済の”成長戦略””成果””社会的背景”を学んだ」
「国家分析をする上で日本のように1つの系統で全てを学べる事例はないので」
「日本の事例から授業を行なっている」

1950年代から70年代における日本の高度経済成長期
約20年間 GDPの2桁成長は日本だけ

ヴィートー教授は
国家戦略と官僚制度がうまく機能したニッポンのモデルは
その後シンガポールも手本にしたという

しかし今の日本経済は成長が鈍化し
財政赤字は増え続ける一方だ

「1988年以降 日本の1人当たりのGNPは」
「アメリカを抜き生活は豊かになった」
「しかしその後日本は何をして良いか分からない感じがした」
「現在も修復できずにいるのでソレが一番心配」

ニッポンが再び成長するために日本がとるべき道とは

「エネルギー分野つまり電池や風力・太陽光発電などに力を入れ」
「日本は欧米や中国などに対しリーダーシップをとるべき」
「自分達の可能性に限定すべきではない」

*ソレができる人が今の政治家にいますかね?

ヴィートー教授の日本への提言
  • 国内消費を高める
  • 移民の受け入れ
  • 海を渡って留学を


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。