ワールドビジネスサテライト,1/18,チョコにも影響?世界で何が:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/18,チョコにも影響?世界で何が

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/18,チョコにも影響?世界で何が

農産物や穀物の国際価格が上昇していますが
チョコレートの原材料であるカカオ豆と砂糖も上昇しています

こうした農産物価格高騰の背景には何があるのでしょうか
さらに農産物を安定的に確保するには何をすればいいのでしょうか

メリーチョコレート
1958年”バレンタインデー”のキャンペーン始める

今年は
セントバレンタイン村とタイアップした商品を展開
→ブランド力の向上

バレンタインデー
今年は3連休明けの月曜日
(去年は日曜日おととしは土曜日)

ところがチョコレートを製造する工場では
異変が起きていました

東京・大田区
メリーチョコレートカムパニー

メリーチョコレートカムパニー 稲山伸彦 生産本部長
「カカオ豆は去年に比べ2割上昇しました」
「砂糖も5%値上がりしています」

チョコレートの原材料カカオと砂糖
新興国の需要拡大や投機マネーの流入でかつてない高値となっています

この工場では生産の効率化を図る事で
現状では商品への価格転嫁まではしていません

「本当は製品に転嫁したいが企業努力でカバーしている」

しかしソコに更なる追い打ちが

オーストラリア 

世界の砂糖の約1割を生産

年末年始に大規模な洪水に襲われました

大洪水の影響で
砂糖の生産量は過去20年で最低になる見通し

*こういう時に備蓄の意味が出てくるが塩はしてたけど砂糖は?

日本
砂糖輸入の1/4はオーストラリア

砂糖を使うチョコレートも
その影響を避けられないといいます

メリーチョコカムパニー 吉田宏 社長
「極端に内容量を減らすす事は考えていない」
「価格も上げるつもりはない」

そしてこのオーストラリアの洪水影響は
他の商品にも広がっている

マーケットリスクアドバイザー 新村直弘 社長
「一番影響が大きいのが原料炭」
「豪が世界需要の約半分を供給している」

今回洪水に襲われたオーストラリア東部は
製鉄に必要な原料炭の産地

原料炭の国際価格
洪水前(11月初旬) 1トン=220ドル
→洪水後(先週) 1トン=280ドル近辺に上昇

「鉄製品の価格が上がるので製造業のコスト増が起きてもおかしくない」

更にオーストラリア国内の小麦価格も上昇した
ただ被災地の生産量は豪全土の5%程度と限定的

「今まで以上に天候の被害規模が大きくなっている」
「実際モノが取れなくなる事がマーケットに与えるインパクトは大きい」

新興国の需要が増える中
各地の異常気象が追い打ちをかけ穀物価格が高騰

食料価格指数
2010年12月 過去最高を更新
するなどその影響を無視できなくなっている

このように世界的に穀物の価格が上昇する中で
生産地から消費地へ穀物の流れに大きな影響力を持っているのが

穀物メジャー(北米に集中)
  • カーギル (世界66ヵ国 売上高 約8.2兆円)
  • アーチャーダニエルズミッドランド(ADM)エタノール生成
  • ガビロン 製粉最大手
  • ブンゲ(オランダ創業1818年)
  • ルイ・ドレイファス(フランス系)
この5社だけで世界市場の7割強を占める

なぜこの5社が世界市場を圧倒しているのでしょうか
そして日本の食料調達はどこに向かうべきなんでしょうか

世界の穀物の動向を担う穀物メジャーその特徴は

丸紅経済研究所 柴田明夫 代表
「穀物メジャーは自ら生産せず間の流通を取り扱っている」
「物流段階に入ってマージン=手数料を取っていく」

穀物メジャーは生産者から穀物を買いつけて貯蔵
ソレを専用列車などで港まで運ぶソレを港の自社貯蔵庫に保管

需要に合わせ専用大型船で消費地まで運んで販売

「巨大な情報力と共に生産地から流通に一貫した」
「ロジスティックというか(生産地から消費地へ)全体を」
「パイプラインのように繋いでいる」

穀物メジャーは穀物を確保し流通を押さえる事で
その支配力は圧倒的だといわれる

日本穀物
生産 約1000万トン
消費 約4000万トン

安定供給が課題

「従来は穀物メジャーからセカンドハンドで買って」
「その分コストが高くなるソレを直接買う」

ソコで日本の商社が目指したのが南米

世界の新たな穀物供給基地となっていて
現地企業との提携や買収を急ピッチで進めている
丸紅
ブラジルで
穀物集荷業者と包括提携
三井物産
ブラジルで
農業事業社を子会社化
双日
アルゼンチンで
農業事業に参入

更に取り扱う規模を拡大する事で
メジャー支配回避を目指す

「急速に伸びている市場はアジアで特に中国」
「ココでの販売力をつけて全体の取扱量を増やし」
「日本への食料の確保も含め規模の経済=コストを安くする」

*大規模化はその分リスクにもなるよね
食糧格差社会 始まった「争奪戦」と爆食する世界
amazonで見る
楽天で検索
食糧格差社会  始まった「争奪戦」と爆食する世界
 
 
 
 


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。