ワールドビジネスサテライト,1/19,ニッポン人の支え,社会保障を考える,与謝野馨:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,1/19,ニッポン人の支え,社会保障を考える,与謝野馨

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,1/19,ニッポン人の支え,社会保障を考える,与謝野馨

ゲスト 与謝野馨 経済財政担当大臣

*インタビューは一部要約する場合があります

Q.経済財政担当大臣への意気込みは?

与謝野氏
「実際は菅幹理から閣僚をやってくれと言われたのは」
「内閣改造のあの朝です」

「それまで何となく私の動向を見に来られる人が民主党にいましたけど」
「具体的に閣僚の話は本当に内閣改造の朝に電話がかかってきて」
「この仕事は私は年内にやっていた仕事なんで」
「その延長線上だと思って引き受けました」

「私が閣僚になるに当たってはいろんな批判やお叱りは受けると」
「自覚していましたけど国民が切望している事」
「国民が不安に思っているいろんな事がありその1つでも解消できればと」
「自分は政治家として責任を果たす事になるのではないかと」
「そういう気持ちで就任しました」

Q.国民はジーッと冷ややかな目で政治を見ていますけど

「国民が不安だと思っているのは1つは日本経済の未来」
「財政 年金 医療・介護こういうモノをちゃんとやってくれるのかと」
「私は税・社会保障の一体改革このもとに関する管さんは本気だと思った」

Q.野党から与党に行った反発がりますが

「感情的な反発もありますがもともと自由民主党は冷静な理性が勝った正党なんで」
「国民に対して責任を果たそうとそういう気持ちになる事は間違いないと」

Q.自民党を同じテーブルに着かせる切り札は?

「税法の付則第四条コレは我々が作った法律ですが」
「税の抜本改革 消費税は福祉に使う目的税化」
「超党派で話し合うとみんな書いてある」

税制改正法 附則104条
税の抜本的改革を段階的に行うため
11年度までに必要な法制上の措置を講ずる

「コレは自民党が与党の時に作った法律で超党派でやりましょうと」
「法律上の要請なんです」
「もう一つは麻生内閣で麻生さんは消費税は必要だと断言した人なんです」
「これに関してブレなかったたいした人だと思った」

「麻生さんが作った安心社会実現会議の報告書でも」
「みんなでやってくださいと」

Q.子ども手当・高速道路無料化など取り下げてテーブルと言ってきたときの秘策は?

「党と党の話し合いですからお互いに柔軟性を失わないように」
「大人同士の話し合いをしてくれると信じている」

Q.政治休戦をする事はできない?

「外国で例があり」
「スェーデンで社会保障で困った事があり各政党が政治休戦しようと」
「国民のための改革はみんなでやろうとその事に関しては決める事ができた」
「国民の生活 将来にとって必要なモノは党派制を超えた超越したことろで決めようと」
「そういう前例もありますし日本もそういう思想で法律が書かれていますから」
「是非やっていただきたいと思っています」

「政治休戦という言葉を使わなくていいですけど」
「同じテーブルについてこの分だけは一緒にやろうと」
「強く思います」

社会保障の現状の問題

日本人の老後の支え年金
始まったのは

1961年 国民年金法 施行
平均寿命 男 66.03歳 女 70.79歳
        ↓
2010年
平均寿命 男 79.59歳 女 86.44歳

2050年 日本の高齢者比率は40%となり
年金の給付額は現在の2.5倍に膨れ上がる

このままでは
  • 給付の減額
  • 先送り
  • 保険料の引き上げ
など
制度の持続可能性が問われている

社会保障と税の一体改革が
制度を立て直す切り札となるのか

現在の年金制度を見なおすと

年金制度の2つの方式
社会保険方式 全額税方式
  保険料
    税金    
  国庫負担 

40年間払い続けてもらえる
基礎年金(月額6万6000円)

現在は保険料と国庫負担で賄う社会保険方式で
最近聞かれるのが税で全部まかなう全額税方式

この提案には各団体や新聞社が様々な意見を出していて

例えば

経済同友会
全額税方式(月7万円) 消費税17%

Q.どちらがいいと思いますか

「政党の間では社会保障方式の方が民主党も社会保障方式と言及していますし」
「全額税方式と経団連などが簡単におっしゃるがソレは税金があと10兆円くらい必要」
「そして会社の負担がなくなる彼らにとって楽な方式」
「今までかけ金を納めた人はどうなるのかと」

「制度が移行するまで35年も40年もかかる制度改革なんで」
「私は白紙の気持ちで全部の方式を検討しようと思うが」
「あまり極端から極端に行くといろんな弊害があるし現実性に欠ける」

「今は基礎年金は保険料と税金ちょうど半分になっている」
「これ以上いいバランスはない」

「ただサラリーマンは給料天引きなのでいいが」
「自営業などは自ら払いに行く必要があり未納などの問題がある」

「コレは全体から見ると5%ぐらいの問題で」
「未納問題を解決するために全体の制度を変えるのは効率が悪い」

「今のあり方や生活保護とのバランス困窮世帯をどう考えるか」
「いろんな多様にあるいろんな問題」

Q.以前2015年に消費税率10%にすると言っていますが現状では

「率を具体的に言うのは時期尚早だと思う」
「少なくとも今の社会保障制度 年金 医療 介護」
「コレが今の形で最低限続けられるという事は確保しないといけない」

「税率については自民党の公約は10%になっていますし」
「管総理も参院選の前に言及したのも10%ですが」
「そこまで議論は行っていない」

「ただ上げないと社会保障は危ないと皆さん理解してくれていると」

Q.上げ方は段階的にというスケジュールもありますが

「消費税については逆進性の問題があるのではないかという問題と」
「経済にも影響があるのではないか国民の消費行動に影響が出るのではないか」
「3つめは段階論や複数税率案そういう問題がありきっちり学問的な研究」
「徴税実務上の問題そういうモノをクリアしないといけない」

Q.今まで歳出の自然増抑える取り組みなどもしてきました
  消費税だけ上がるのは

「医療の現場でも不必要なお金はカットしなければならないし」
「必要なモノもあるかもしれない」
「医療改革も念頭に置いてただ増えてくだけでは事は進まない」

Q.複数案・与野党協議どっちが先

「おそらく与野党の会議は話し合う場面はいっぱいあるが」
「6月には案を作ると管総理が約束されたので」
「ソコまでには政府の案はできていないと」

Q,与野党会議は来月できるのでは?

「政治は生き物ですから」
「案がないことには議論ができないのでスケジュールに合わせて」
「全力を挙げてやりたいと思う」

Q.財政健全化責任法案は管総理は通す考えはある

「管総理・民主党が通すことを真剣に考えれば」
「価値があると思う」
「日本の財政について責任を政治が持つと明確にする意味では価値がある」
「管総理もそう思っていると思う」

Q.消費税は少なくとも2桁必要

「チャンとイメージだけでなくこういう根拠でこういう風になりますと」
「その結果 社会保障はこうなりますと1セットで提示する事が責任ある事だと思う」

*ちなみに与謝野大臣の著書にはこんなモノがw
民主党が日本経済を破壊する
amazonで見る
楽天で検索

民主党が日本経済を破壊する (文春新書)
*こんな大臣で本当に大丈夫なのかニッポンは・・・


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。