ワールドビジネスサテライト,2/7,技ありニッポンの底力,入曽精密:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/7,技ありニッポンの底力,入曽精密

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/7,技ありニッポンの底力,入曽精密

埼玉・入間市
入曽精密

肉眼で見えないほどの小さな素材も
削って加工する技術を持つ

その実力は世界トップレベル
世間の注目を集める商品を開発してきた
タッカーGT-R アルミ削りだし 入曽削り
amazonで見る
楽天で検索


そして今
新たな世界一の技術がもう一つ生まれようとしている

砂粒より小さなものを扱う事が出来る
0.3ミリのサイコロを米粒の上に積み上げる

ココまで小さな加工物を自由に動かせる技術は存在しなかった
その映像が公開されるのは世界で初めての事だ

この技術いったい何に応用できるのか

斎藤清和 社長
「米粒の上に小さなサイコロを積み上げる」
「自由自在にできるんですね」
「ソレができるという事は製造業で小さな部品で」
「いろんな商品の組み立てが自由自在にできる」

例えば
小さな医療器具の組み立て操る事で
手術も小さな負担で済む

アイディアがあっても商品化できなかったモノが
この組み立て技術の登場で実現できる可能性が出てきたのだ

そうした独創性は一般向けの商品にも
例えば3Dカメラを使った立体像の作成だ

3Dカメラで撮影
→データを加工 切削

精密立体像
  • 予定価格6万円〜
  • 納期 約5日間

世界の追従を許さない入曽精密の加工技術
ソレを支えるモノは何か

「削るって事は品物がしっかりと固定されてなければいけない」
「正確な位置になければいけない」
「ソレを実現するのが固定具”クランプ”」
「コレがあったから世界一小さな加工物を削る事が実現した」

ココに技あり
世界最小の加工物切削に小さな素材の固定具を開発

例えば
肉眼で見えないほどのサイコロを加工する時も
削る為には素材を固定しなければならない

ライバルにはソコまで素材を固定るる技術はない
ではその独自の固定具を生み出せたワケは

「黒電話をいくら磨いても携帯電話はできなかった」
「黒電話の技術をいくら磨いても携帯電話の発想には至らない」
「世界唯一の技術とは裏を返すとオリジナリティ」
「人まねをしないという心が気持ちが大事だと思う」


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。