ワールドビジネスサテライト,2/10,拓けるかニッポンB”農”の経営力:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/10,拓けるかニッポンB”農”の経営力

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/10,拓けるかニッポンB”農”の経営力

ワールドビジネスサテライト,2/8,拓けるかニッポン@,検証コメの実力

ワールドビジネスサテライト,2/9,拓けるかニッポンA,崩壊する農地

TPP平成の開国を前に
ニッポンの農業が立ち上がる事は出来ないのか

儲かるビジネス農業の道筋を探った

農業はビジネスとして成り立つのか
そのヒントを求め

愛知・田原市
農業法人”新鮮組”を訪ねた

事務所の1階を見せてもらうと

岡本重明 社長
「農業用のトラクターの爪とかね中国から」

新鮮組
7年前から中国からトラクターの部品を輸入
→地元農家に販売

価格は
国内メーカー製の半額で販売

「たまたま中国で工場を見つけたソコはドイツ向けの部品を作っている」

更に別の場所を案内してもらった
ソコにあったのはかつて岡本さんがイチゴの栽培に使っていた
錆だらけの古いビニールハウス

その中で栽培されていたのは

「これロメインレタスだよ」
「ひとつひとつの野菜の質は高いが形状や規格が日本では」
「大事だから市場に持って行けばこれはゴミ」

国内の市場では売れないという規格外の野菜
ではなぜココで栽培しているのか

「これと同じシステムを中国とタイで始めた」
「タイは3月に出荷できる」

岡本さんが独自に開発した水耕栽培
土の代わりに発泡スチロールを使う
養分を配合した水を循環させ農薬なしで野菜を育てる

周囲には網を貼っただけで温室ではなく
露天栽培なのが特徴だ

初期投資は温室栽培の約1/10程度
この方法ならアジアの新興国でも質の高い野菜が栽培できると考えた

「農業は作って市場に出すだけではなく」
「インフラを売る事もできるし栽培技術も金に変わる」

事務所に戻った岡本さんにタイのパートナー企業から連絡が入っていた
そのパートナー企業とはタイのビール大手シンハー

シンハーは無農薬野菜を基に新たな商品を開発する予定だ
岡本さんは現地でその栽培指導にあたる

「(世界には)自分の農業技術を買ってくれる企業がある」
「はっきり見えたのは日本の農業技術は世界で勝てる」

*でも世界に売ったら日本の農業の優位性が落ちるよね
*ただでさえ人件費で不利なのに・・・

東京丸の内ここにも日本の農業をビジネスへと導くヒントがあった
三菱東京UFJ銀行

中小企業部 農業参入企業の経営支援 板垣佳孝 部長
「日本の農産物を海外に展開したいという相談が多い」
「取引先の商社と組んで該当企業の進出の手伝いをする」

この日
中小企業部の担当者が
ある生産者の元へ向かっていた

新潟・阿賀町
米を作る農業生産法人越後ファーム

コシヒカリのブランド米の生産から販売を手掛ける
現在手掛けているのが

銀行担当者
「海外に出している米は?」

近正宏光 社長
「こういう形で輸出している」
「300g(約2合)が6個で1.8kg入り」
2011-02-11_073133.jpg
*コレに近いパッケージ(国内百貨店向け)

越後ファーム
シンガポールの日系百貨店向けに自然栽培米を輸出

現地価格 1.8kgで約2000円
だが現地の富裕層に人気だという

このビジネスを立ち上げるきっかけとなったのが

三菱東京UFJ銀行 中小企業部 宮原慶太 調査役
との出会い


近正宏光 社長
「海外に進出するのにはどうやって米を運ぶのか?」
「貿易に関係する経費は?不安でいっぱいでした」

3年前に香港で開かれた
三菱東京UFJ銀行主催の商談会

ココに越後ファームも参加した
その後 銀行を通じて貿易に関する情報収集
→シンガポールに進出し3年をかけて黒字化のめど

「作ったモノを売る先がないので海外に輸出するというのではなく」
「国内市場と同じように差別化した商品を海外に輸出したい」

一方
銀行側はコンサルティングなどを通じて
生産者の新規投資に伴う融資拡大を狙う

三菱東京UFJ銀行 中小企業部 宮原慶太 調査役
「自分で作ったモノが売れる喜びを生産者が感じられるような」
「仕組み作る手伝いをしていきたい」

始めた当初5ヘクタールだった耕作地は
今では3倍に広がった

米の輸出の話を聞いた地元の農家が
土地を提供してくれたからだ

生産者に求められる経営力
農業の明日を開く1つのカギと言えそうだ

小さく始めて農業で利益を出し続ける7つのルール
amazonで見る
楽天で検索
小さく始めて農業で利益を出し続ける7つのルール―家族農業を安定経営に変えたベンチャー百姓に学ぶ


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。