ワールドビジネスサテライト,4/12,旅行会社のLCC争奪戦:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,4/12,旅行会社のLCC争奪戦

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,4/12,旅行会社のLCC争奪戦

日本から飛行機でおよそ9時間
オーストラリアの経済都市シドニー

秋になっても気温が30度近くになる日が続いている

3月3日
この地である旅行会社の会議が開かれた

エクスぺディア スコット・ダーチスラグ社長
エクスぺディアの戦略について話そう」

エクスぺディア
世界20ヵ国で展開する
低価格を売りにした世界最大のオンライン旅行会社

今回アジア太平洋地域で事業を展開するスタッフが集合
今後の戦略について議論した

「私たちよりよいサービスを提供できるところはあるのか?」
「明確に答えて欲しい」

檄を飛ばす社長に表情がこわばる各国のスタッフ達
経済発展が著しいアジアで売り上げを伸ばす事に躍起になっている

そして日本からも

エクスぺディア日本 三島健ゼネラルマネージャー
「私たちはライバルより低価格の商品を提供したい」

4月からあるサービスを開始し本格参入した

ダイナミックツアー(ウェルカムクーポン)は私たちが成長するための鍵となる」

ダイナミックツアー
ホテルと航空券を同時に予約
→1億通り以上の組み合わせが可能

ホテルや航空会社が自社で展開する予約サイトを個別に利用するよりも
安く購入できるのが売りだ

ダイナミックツアーを武器に日本市場での成長を目指すという三島氏
しかしトップの表情は険しい

スコット・ダーチスラグ社長
「どんな総がターゲット?平均年齢は?」
「どれくらいの頻度で旅をする人?」

三島 ゼネラルマネージャー
「30〜40歳代が重要だと思う」

スコット・ダーチスラグ社長
「中間層か?」

三島 ゼネラルマネージャー
「少し高いクラスの中間層」

どんな客層を主な対象とするのか
矢継ぎ早に質問する社長に対し言葉を詰まらせる三島氏

会議が終了してスタッフ全員で懇親会場に向かう
しかしソコでもプレッシャーをかけられる

スコット・ダーチスラグ社長
「もっと日本の市場で挑戦しなといけない」

社長が求める日本で成長するための具体的なアイデア
答えを探して三島氏が向かった先はLCC=格安航空会社

三島 ゼネラルマネージャー
「LCCをどうやって取り入れるのか常に意識したい」

LCCを旅行商品にどう生かすか
その最前線を追った

オーストラリア・シドニー
この地を訪れているのはエクスぺディア日本のトップ
三島 健ゼネラルマネージャー

更なる安さを求め航空会社と直接交渉に臨むという三島氏
向かった先は

オーストラリア最大のカンタス航空
出迎えたのはステファントンプソン氏

三島 ゼネラルマネージャー
「ダイナミックツアーを日本で全面に打ち出したい」
「魅力のある商品を提供するためにどうすれば良いか話をしたい」

既にエクスぺディアと提携しているカンタス航空
実はカンタス航空はグループにLCCを抱えている

ジェットスター航空だ
07年 日本初就航

「日本の市場で新しい戦略を打ち出す時だと思います」

格安を売りにするエクスぺディアとジェとスター航空が組めば
ダイナミックツアーでよりやすい旅のプランが可能となる

カンタス航空国際線部門 ステファントンプソン エグゼクティブマネージャー
「LCCはこれまでカンタスで稼げなかった市場で活躍できる」
「これからはエクスぺディアは大切なパートナーだ」

交渉終了後しっかりと握手を交わした
エクスぺディアとカンタス航空

三島 ゼネラルマネージャー
「LCCの話はざっくりでしたが1つの大きなステップとなった」

スコット・ダーチスラグ社長
「私たちは常に新しい航空会社と交渉し続けています」
「数ヵ月待ってください」
「LCCに関して魅力的な事を発表する予定です」

そして先月エクスぺディア
エアアジアと今年度内に合弁会社を設立へ

始まった旅行会社によるLCCの囲い込み
その動きは国内でも

HIS新宿本店
ある目玉商品の予約販売で電話受付で追われる

客の目当てはバンコク5日間で39800円のツアー
ホテル航空券代を含めてこの価格

即日完売した
安さの訳は

HIS東日本FIT事業部 五味睦 部長
「今回の特徴はビジネスエアーのチャーター便」

秘密はHISが独占販売するビジネスエアー
タイの航空会社のチャーター便で

ビジネスエアー
成田〜バンコク間を1日1往復

サービスを一部有料化するLCCを手本にした

HISでは+CCを使った新たな旅のプランを計画中だ
強みであるツアーの企画力を生かしながらLCCを積極的に取り入れていく

その狙いとは

「航空会社が決める価格ではなくて」
「より価格を下げて行きやすい価格にしたり工夫が細かくできる」

これまでの航空業界の常識にとらわれないLCCと組む
価格に関しても決定権を持ちたい旅行会社

LCCを組み込んだ格安旅行
JTB→エアアジアX
近畿日本ツーリスト→ジェットスター航空

今後も広がるのか

東レ経営研究所 産業経済調査部 永井知美シニアアナリスト
「LCCは認知度が低い中で航空座席を売る為に」
「旅行会社と組まざるを得ない」
「LCCを使ったツアーは中長期的に伸びていく」

加速するLCCの囲い込み
生き残りをかけた旅行会社の戦いが始まった

*LCCのだいご味はツアーより個人ではないか?
「格安エアライン」で個人旅行が変わる!120%使いこなす方法
amazonで見る
楽天で検索
「格安エアライン」で個人旅行が変わる! 120%使いこなす方法 (講談社プラスアルファ新書)



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。