ワールドビジネスサテライト,5/20,特集,息の長い支援続けるカギとは:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,5/20,特集,息の長い支援続けるカギとは

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,5/20,特集,息の長い支援続けるカギとは

全国で毎日400万個が届けられるヤマトの宅配便

今この荷物一個が届けられるたびに
売り上げのの中から10円が被災地に寄付されます

ヤマトが挑むのは
単発に止まらない1年間に渡る利益連動型の長期的な寄付です

ヤマトホールディングス 木川眞 社長
「息の長い一気には出せないが積み上げていくと」
「それなりの金額になるというスキーム」

復興への遠い道のり
いかに息の長い支援を続けられるか企業はいま模索を始めています

企業の利益と結び付く新たな被災地支援の形を探ります

津波の被害が大きかった
仙台市・宮城野区

この地区の住宅で
津波が運んだ泥を運び出すボランティアがいました

大手商社三菱商事の社員です

作業は床下に潜り込んです重労働

三菱商事
1年間ボランティアを継続派遣

10人ずつ3泊4日 延べ1200人
の社員が途切れることなく活動を継続するのです

社員 ボランティア休暇取得
会社 交通費や宿泊費など負担

ボランティアの人数
5月3日 1万1500人
5月9日 3100人

GWが終了して個人で参加するボランティアが急激に減る中で
企業だからこそできる息の長い支援です

一方
本業を武器に個人と被災地を繋ぐ支援の場を提供する企業も現れました

amazonが提供する
2011-05-21_021208.jpg
コレを見た人はamazonを通じて商品を購入し被災地に届ける事ができるのです

サービス開始以来

amazon”ほしい物リスト”
商品約2万個 約100ヵ所の避難所に届く

現在も300人ほどが避難生活を送る

宮城・石巻市
渡波小学校

避難所のリーダー高橋さんに案内してもらうと

amazon”ほしい物リスト”を通じて届いたハンガーラック
ソコには支援物資の古着がかけられていました

この日もamazonからの荷物が届きました
IH調理器
amazonで見る
楽天で検索
火力調節機能付き【加熱3段階 + 保温3段階】 IH調理器 S-128
です(*やすいIHも出てきたんですね)

他にも防犯ブザーや文房具など
amazonを通じ約200個が届く

高橋さん
「必要なモノが必要な数だけ送ってもらえるのが良い点」

amazonにとっては利益に繋がるこのプロジェクト
さらに別のメリットもがあります

アマゾンジャパン 渡部弘美 渉外本部長
「アマゾンというと本というイメージが強いが」
「アマゾンはチェーンソーまで売っているのかと現地の方も含めて」
「理解してもらういい機会」

企業のメリットがあってこそ長い支援が可能となっているのです

支援活動を企業を企業の成長のチャンスと捉えるのは
他にもありました

宮城・気背沼市
気背沼市総合体育館

ではいまだに11万人が避難所生活を送り
炊き出しが続いています

ココで炊き出しを行っているのは”すかいらーく”の社員

すかいらーく
避難所の被災者がゼロになるまで炊き出しを継続

2ヵ月前オニギリから始まった炊き出しは
被災者に少しでも美味しい物を食べて喜んで欲しいという

社員の思いから日々メニューの改善が行われています

毎日2000食の炊き出しが作られている

宮城・大衝村
すかいらーく仙台MDセンター

避難所で食事を配っていた尾畑さんも
翌日の為にハンバーグを焼いていました

被災者に触れ合う事で
少しでも美味しい物を提供したいという気持ちが強くなったと言います

尾畑さん
「日ごろから心を込めて調理しているが」
「現地を見てイロイロ考え心に来るものがある」

被災者の事を考え工場にはあらゆる工夫を施しています

通常は店舗に冷却して持っていく食材も
避難所には温めて持って行きます

すかいらーく総合企画室 福田成志 室長
「実験をしたら70℃以上に保温できたのでこういうやり方にした」

被災者つまり客のニーズを汲み取って実現させる
マニュアルに従って働く日常の業務で忘れがちな

外食産業本来の姿がココにはありました

会議では被災者から要望が多い刺身を
ネギトロ丼で提供する試みが決められました

3月〜6月の炊き出し費用
約3億円

経営環境が厳しい中
巨額のコストをかけても支援を続けているのはなぜなのでしょうか

すかいらーく 金谷実 専務
「食を提供し喜んでいただけるのは本業のあるべき姿」
「原点回帰という意味で長い目で見れば会社にいい影響が出てくるので」
「支援を継続する」

企業が取り組む様々な支援活動
長期にわたり継続性を持たせるためのカギとは

クレアン 水上武彦CSRコンサルタント
「自社の競争力強化や新しい事業を生み出すなど」
「長期的な意味がある事が支援を長続きさせるには必要」

企業に求められる息の長い支援
ソコには企業にとっての成長のチャンスも隠されているのです


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。