ワールドビジネスサテライト,7/1,THE行列,小ざさ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,7/1,THE行列,小ざさ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,7/1,THE行列,小ざさ

午前4時
東京・吉祥寺

すでに20人が列を作っている
列の先にあるのは1坪程度の和菓子店だ

この店には昼と夜
2つの行列ができるという

早朝の客の目当てがようかん1本580円
1日150本の限定品

朝8時半

買えるのは1人5本のため
30人だけが整理券を手にする事ができる

行列データ
30人(1人5本まで)

この日
あさ5時前に30人に達した

幻のようかんを作っているのは
和菓子店”小ざさ” 創業1931年

午前10時開店
整理券を持つ人はようやく念願のようかんを手にした

小ざさ
”ようかん”と”もなか”のみを販売
→年間売り上げ4億円超

店を支えているのは二代目社長 稲垣篤子さん

実は
行列にはある鉄則があった

小ざさ 稲垣篤子 社長(79歳)
「従業員も身内の者もそれぞれ並んで買ってもらう」

身内すら並ばなければ手に入らないという”ようかん”
限定になる訳はその作り方にある

「ようかんを練り上げる銅鍋」
「この鍋で50本分」
「作らないんじゃなくて作れない」

自家製の小ざさの餡はアッサリとした甘さが特徴だ
小豆と皮を分離して作った”呉”を寒天と特注の砂糖を煮立てた中に混ぜる

この練りの作業は今も社長や数人の職人だけが行う
泡の大きさや粘りを見ながら力や温度の加減を変える

気温や湿度などの微妙な変化で
練りの加減も変えなければならないという

「季節によってもイロイロ変化が出てくる」
「変化を見ながら"今年はこうだ”と」

何より気をつけているのは気候の変化
社長は毎日自然に触れるようにしている

「細かい気候の変化を見ていると」
「泡の大きさや粘り気の変化に気付かせられる」

そして小ざさでは昼間もう1つの行列ができる
ソレがコチラ
2011-07-02_024204.jpg
もなか1個54円

もなかはしっとりとした食感にするため
寝かせて皮に水分を吸わせて販売する

この特徴を生かし
8年前からネット販売を始める




「時代の変化があるので」
「時代を見誤らないように心がけて見ていなくてはいけない」

気候の変化時代の変化を敏感に感じながら
伝統の味を守る社長の哲学が息づいている

*1人5本という並んだからには買占めたいという心理が働く数にし
*希少価値を最大限に引き上げた旨い商売だと思う
1坪の奇跡
40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事
amazonで見る
楽天で検索
1坪の奇跡―40年以上行列がとぎれない 吉祥寺「小ざさ」味と仕事


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。