ワールドビジネスサテライト,8/10,広がる電子書籍市場:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,8/10,広がる電子書籍市場

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,8/10,広がる電子書籍市場

現状電子書籍市場は
各メーカーが縦割りの様に分かれ

それぞれフォーマットも
XMDF .book ePuB

とバラバラです

今日発売されたパナソニックの電子書籍端末

パナソニック UT-PB1
楽天で検索
  • 7インチカラー液晶
  • アンドロイドベースOS
  • チラよみコンテンツプリインストール

チラよみ
購入前に中身を数ページだけ閲覧可能

パナソニックは過去
電子書籍端末を販売していましたが売れ行きが伸びず撤退

3年ぶりの再参入となりましたが

パナソニック 市場開発室 伊藤正男 室長
「楽天はじめ電子書籍に対するサービスも力を入れだしていて」
「日本でも波が来ている」

パナソニック向けに
電子書籍の配信を担当するのが楽天です

楽天の電子書籍ストア”Raboo”
当初 1万5000冊(1冊 100円~)

楽天イーブック事業 谷口昌仁 事業長
「いま電子書籍を売っているストアは”中古の本屋”という位置付け」
「(新刊の)先行的なタイトルを増やす事に力を入れてやっていきたい」

端末とストア双方が揃った今回の新商品
しかしそれでも普及にはある課題が

「電子書籍の場合」
「垂直的な壁があっていったんストア(端末や書店)を変えると」
「昔買った本が読めない状況に陥っている」

電子書籍業界
さまざまな端末や専用ストアが登場
→互換性の無さなどが普及の妨げに

ソコで彼らが考えているのが他のグループとの連携です

パナソニックと楽天
ソニー紀伊国屋書店を加えた4社で年内の相互接続を検討

電子書籍端末を売る家電量販店でも

ビックカメラ有楽町店

電子書籍端末
専用コーナーを設けず違う売り場で販売

調査会社によると2010年度の電子出版の市場規模は
およそ650億円 1年前に比べ13%程の伸びとなりましたが

電子書籍の専用端末の市場は
まだ小さいと言います

インプレスR&D 井芹昌信 社長
「まだ数字として一気にブレークしている状況にはなっていない」
「それを前に準備している状態」

こうした背景にはコンテンツ不足が指摘されますが
端末の普及も課題としてあげられています

「何かしらの電子機械の整備が問題で」
「大きなハードル」

こうした中
出版業界で新たな取り組みが行われています

講談社
全社員約950人に電子書籍端末を無料配布

講談社が配った端末は
ソニー 電子書籍 Reader PocketEdition 5インチ
amazonで見る
楽天で検索
ソニー 電子書籍 Reader PocketEdition 5インチ(シルバー) PRS-350-S

  • 文庫本並みのサイズ
  • ディスプレーに電子ペーパー採用

講談社
電子書籍事業を強化
→端末の配布で新アイデアに期待

一方で普及の障壁の1つとなっているのは
書籍のフォーマットの問題

講談社
.bookを採用し対応端末でないと利用できない

フォーマットを統一できれば
さらに提供できる裾野が広がると言います

講談社 古川公平 取締役
「1つのフォーマットで転換できれば」
「読者にとってもストレスがない環境が一番」

日本書籍は縦書き・ルビを採用
→複雑なフォーマットが必要

そのため普及のカギとなるのがフォーマットの統一
だと指摘します

インプレスR&D 井芹昌信 社長
「(フォーマットが)乱立すると出版社 著者は」
「いろいろなフォーマットに変えなければならない」
「流通・コスト効率が悪い」
「良いモノが1~2つになた方が良い」

一方
書籍を取り扱うTSUTAYA

今月から電子書籍普及に向けたキャンペーンを開始

CCC 石川琢也さん
「対象商品を購入した人に同タイトルの電子書籍版を」
「50%還元して販売するサービスを行っている」

つまり
電子書籍の半額分がポイントで還元

およそ100タイトルの
コミックや小説が対象です

TSUTAYA
約3万5000タイトルの電子書籍を販売

しかし今でも紙媒体の人気は高く
電子書籍にまず向いてもらおうというのが目的です

「まずは電子書籍を試してもらい」
「電子書籍の認知を広げていきたい」

新たな端末とストアが乱立する電子書籍市場
更なる普及に向けた戦いが続きます

*電子書籍出版に挑戦してみる?
電子書籍らくらく作成PACK
amazonで見る
楽天で検索
電子書籍らくらく作成PACK <EPUBテンプレート付き>


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。