ワールドビジネスサテライト,9/27,LCCの思わぬ余波:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,9/27,LCCの思わぬ余波

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,9/27,LCCの思わぬ余波

今月15日
沖縄・宮古島空港に

スカイマークが就航しました
1日5往復那覇と宮古島を結びます

国内LLCの元祖ともいえる

スカイマーク
1日5往復 那覇-宮古島路線就航
片道2800円~7800円(他社比↓約6割)

スカイマーク 西久保愼一 社長
「宮古島便は間際でも安く買える利便性を重視した運賃体系」

年間40万人が訪れる人気観光地とあって
他のLCCも就航を狙っているという話も

新規就航が増えれば空港も拡張する予定です

しかし地元の農家からは以外な声が
LCCの思わぬ余波を取材しました

銀座の老舗果物店
宮古島からも果物を仕入れています
ドラゴンフルーツ
アマゾンで見る
楽天で検索
沖縄特産品 完熟ドラゴンフルーツ約2kg詰め合わせ (白か赤かは切ってからのお楽しみ!)※予約販売(収穫のタイミングによって10日ほどお待たせする場合がございます。)


鮮やかな赤い皮と種が散った白い果肉が特徴の珍しい果物です

新鮮さを保つため船ではなく航空便で運ばれる果物
実はいまこうした貨物を運ぶ路線の就航がLCCで脅かされています

果物店に出荷している
宮古島ドラゴンファームを訪ねました

全て航空便で出荷されるドラゴンフルーツ
しかし今スカイマーク就航でその出荷に不安が生まれています

宮古島ドラゴンファーム 内本實 代表理事
「スカイマークが来て貨物が運べなくなると」
「大変な損害が起こる」

宮古島に就航していた航空会社が
格安のスカイマークに客を取られた場合

今後
減便や機体を小さくする可能性も

そうなると貨物の運べる量も減ってしまいます

宮古島など沖縄の島々を結ぶ
日本トランスオーシャン航空

スカイマークと同じ那覇-宮古島にも就航しています

日本トランスオーシャン航空 平一浩 宮古支社長
「危機感は強い」
「経営が厳しくなれば減便も考えられる」
「結果的に貨物が積めなくなれば地元にも大きな打撃となる」

実際
貨物の取り扱いには手間がかかります

短い時間で狭いスペースに5トンもの荷物を
隙間なく積み込みます

その傍ら
客の手荷物も降ろさなくてはなりません

日本トランスオーシャン航空
貨物スタッフは約10人

一方

スカイマーク
航空貨物は扱わず客の手荷物のみ
貨物スタッフは2~3人

これはLCCならではのビジネスモデルで
  • 貨物スタッフの人件費を削減
  • 機体を軽くでき燃料費削減

しかし島にとっては航空貨物の危機
本州へ出荷して生計を立ててきた農家は

砂川農園 砂川寛裕 園長
「(貨物を運ぶ)便数も減るだろうし」
「大型機が小型化すると貨物スペースも少なくなる」
「積み残しも出るのでは」

実際マンゴーの最盛期には
航空便に積め込めない貨物も

また危機感を抱いているのは農家でけではありません

南国食楽Zu
島のフルーツを使った洋菓子を
航空便で全国に販売している

インターネット販売も好調だといいます
アマゾンで検索
楽天で検索

南国食楽Zu 豊見山貴仁さん
「東京には次の日に着く」

ネット販売はいかに短時間で届けられるかが重要なポイント
そのためには航空貨物便が欠かせません

「早く着いた方が良いので離島にいる人用には重要な問題」

LCCのビジネスモデル
サービスを省き少人数で運航

また客の需要が多いドル箱路線に就航し
安いチケットを薄利多売して利益を得ています

搭乗率が悪ければ早期撤退も

スカイマーク
神戸空港では5年で30回以上便数増減の変更
(全日空の約3倍)

新規就航・撤退・復活を繰り返した路線もあります
不採算路線・機体不足による運休も

スカイマーク
去年9月 神戸-茨城線を1ヵ月だけ運休

茨城空港に国内線にまったく無くなる事態となりました

国土交通省はLCCに期待する一方
そのビジネスモデルには課題もあると言います

国土交通省航空局 航空ネットワーク部 篠原康弘 運航事業課長
「撤退参入を繰り返したり収益の高い路線に集中して」
「どこまで伸びていくのかという議論はある」
「様子を見てひずみが出てきたら行政として考えないといけない」

*出てからじゃ遅いと思うが

相次いで就航が発表されるLCC
乗客の選択肢が広がる反面

格安を維持するために犠牲になる側面も出てきています
公共交通機関としてライフラインを守るには

新たな対策も必要となりそうです

*ひずみが起こる前に起こらない仕組みを作るのが行政ってもんじゃ
航空グローバル化と空港ビジネス
LCC時代の政策と戦略
アマゾンで見る
楽天で検索
航空グローバル化と空港ビジネス―LCC時代の政策と戦略



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。