ワールドビジネスサテライト,10/25,特集,787の実力に迫る:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,10/25,特集,787の実力に迫る

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,10/25,特集,787の実力に迫る

世界で一番に納入された
ボーイング787初号機

では
CAたちが就航前にシュミュレーションを行なっていた

この日は
食事サービスのシュミュレーション

全日空サービス企画チーム 塩見敦与さん
「この作業にはこのくらいの時間がかかるというのが」
「サービス全体に影響してくるので」
「時間がかかるようなら短縮できる方法を考えなくてはいけない」

CAの人数や時間配分を間違えると
フライトプランに影響を与えかねない

新型機ではこうしたシュミュレーションが必要になってくる

2004年から開発が始まった787の開発には
世界で最初の顧客となる全日空が深く関わっていた

例えばトイレ
中は広く窓もありウォシュレット付き

リクライニングも少し前にズレ機構で
後ろに配慮した作りに

787の期待のおよそ50%に炭素繊維が使われ
胴体の強度がアップ→窓は従来の1.3倍に

ブラインドは電子式
窓際の乗客が眠っていてもCAが遠隔操作できる

機内の湿度
一桁台→二桁台へ

開発に参加した 小宮咲緒里さん
「素材が変わったことで錆びたりする心配がなくなったので」
「今までよりも水分量が高い空気を循環させる事ができて」
「それが湿度が高い理由」

炭素繊維素材でどうやって機体を作るのか

愛知・弥富市
川崎重工 名古屋第一工場

787の受注
821機(24日現在)

工場はフル稼働していた

787には日本製の部品35%が使われている

三菱重工
主翼

川崎重工
胴体前方部

の製造を担っている

炭素繊維複合材による一体成型で繋ぎ目がない
これほど大きなモノは前例がなかった

川崎重工 名古屋工作部 白石明裕 部長
「複合材の事を知っている人はいないので」
「みんな素人から始まる」
「人づくりに(時間が)かかった」

材料である炭素繊維複合材(東レ製)

胴体の場合
糸状の繊維を新となる部分に何重にも巻きつけていく

巨大な窯に入れて加熱すると
糸が溶け込んで硬くなり強度は鉄の4倍に

一連の工程は
トップシークレット

焼き上がった胴体は芯を抜かれ
仕上げに入る

必要な強度に応じて
複合材の重ね方を変えていく巧みな一体成型

「素材が変わった事でモノ作りが変わった」
「すごい偉業だと思う」

川崎重工工場から車で1時間ほどの
中部国際空港

見なれない巨大な輸送機が停まっていた

ドリームリフター

一体成型でバラバラにできない787の主翼や胴体を
アメリカのボーイングに運ぶジャンボジェットの改造版だ

川崎重工で完成した胴体前方部が運ばれてくる

1時間近くかけて慎重に積みこむ
こういてメードインジャパンが太平洋を渡っていく

ボーイングの本拠地
アメリカ西海岸シアトル

ボーイングエバレット工場
には各社が発注した787が並んでいた

日本で作られた部品の数々はココで組み上げられる

大きなパーツを一気に繋ぎ合わせていく独特の方法

組み立て
従来方式の1/3に短縮

一方
羽田では747型機に別れを告げた機長がいた

目友治 機長
この冬から787乗務を命じられてる

だが

全日空 目友治 機長
「787の乗務にあたっては新しく訓練・試験を実施して」
「受からなければ乗務できない」

旅客機パイロットの免許
実は1人一機種に限定されている

この日まで747を飛ばしてきた目さんは
787に乗務するには28日間の訓練プログラムをこなし

国土交通省の試験をパスする必要がある

目さんが手間取ったのは
データが映し出されるヘッドアップディスプレー

「外と計器が一緒に見えるので楽になるはずが」
「慣れていないので情報をどうつかっていくか難しい」

787を55機発注した

全日空
650人が787の免許を取得 予定

訓練プログラムのリーダーで
テスト機を日本まで飛ばした経験を持つ

塚本真己 機長
「非常に燃費がいい」
「シアトルを出る時も”この燃料で日本に届くかな”というくらい少ない」
「これからはいかに少ない燃料で飛ばすか」

炭素繊維複合材と効率のいいエンジンを採用した
およそ20%の燃費向上を達成している

そんな最新鋭機を使った戦略は

全日空 伊東信一郎 社長
「従来は大型機でしか飛べない地点に中型機で飛べるという事は」
「飛べる地点たくさん増えた」
「1月にフランクフルトに就航する」
「アメリカ西海岸ヨーロッパの数地点を候補地として検討している」

国内の主要路線にも順次投入される787
新しい翼は航空業界に一石を投じそうだ

*どんな野望なんでしょうか?
B787に懸けるANAの野望
アマゾンで見る
楽天で検索
B787に懸けるANAの野望


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。