ワールドビジネスサテライト,11/1,特集,究極の"自然エネルギー”を生かせ:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/1,特集,究極の"自然エネルギー”を生かせ

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/1,特集,究極の"自然エネルギー”を生かせ

愛知・大府市
先週開かれた産業文化まつり

ソコで最も注目を集めていたモノ

空気エンジン車 KU:RIN クーリン

空気で動く車だという
空気エンジンとはどういう仕組みなのか

開発者の1人

豊田自動織機 自動車事業本部 袴田真さん
「圧縮した空気がこのボンベの中に入っている」
「3本のボンベからこの配管を通り」
「最後にこちらのコンプレッサーに入る」
「この中で空気の圧力を回転力に変えてタイヤを回して走る」

コンプレッサーとは通常
気体を圧縮するための機械

機体をいれ内部を回転させると圧縮した気体が生まれる

空気エンジンはソレを全く逆に使った
圧縮された空気を入れると内部で膨張し回転エネルギーが取り出せるという

開発したのは

豊田自動織機
カーエアコン用のコンプレッサー世界首位

そのコンプレッサーを応用する事で空気エンジンが生まれた

化石燃料を使わない車
その速度は

9月
空気エンジン車 世界最速に挑戦
→約130km/h達成

10月 ギネス世界記録に認定

空気で走ることで車の可能性はさらに広がるという

「夢という言葉がうちの活動にはある」
「この先 水中を走るとか思い切って地球外」
「月面まで飛び出す」
「そういう本当に夢のある企画をやっていけたらと思う」

空気を使った新たな技術
実用化が進むモノも

東京・千代田区
東京理科大学

で開発していたのは

*動画は2009年当時のマッスルスーツ

装着型ロボット”マッスルスーツ”
介護や工場での肉体的負担の緩和目的

東京理科大学大学院 小林研究室 村松慶紀さん
「コレを着けると30kgくらいのモノを持っても」
「何も持ってない時と同じくらいの力でモノを持つ事ができる」

コチラのロボットの動力も実は空気だ

指先のスイッチでタンクの空気の出し入れを調節

人工筋肉
空気注入→横に膨張 縦に縮む

「人工筋肉に取り付けられたワイヤーが滑車に繋がっていて」
「滑車を回す事で関節を補助する」

人工筋肉
ゴムとナイロン→安価・軽量

実用化に向けた開発は最終段階を迎えていた

アサヒサンクリーン
訪問入浴介護サービスを提供

で実証実験を続けていた

アサヒサンクリーン 伊藤高規 取締役
「モーターと電気を使ったロボットがあるが」
「私どもの作業は水を使うのでモーターや電気の機械は使えない」
「空気だと水に強い」

来年 業務に使用開始の予定で
ロボットも微調整の段階だという

東京理科大学大学院 小林研究室 村松慶紀さん
「介護分野で介護する人がロボットを着けるのはたぶん世界初」
「使うのは空気だけなので環境面を含め」
「空気はこれから使われていく期待されている分野だと思う」

空気を使った日本の技術は海外からも注目されている

日本郵船
運搬船”邪馬台”

船と海水の間に空気の泡を送り込む事で
摩擦抵抗を減らす空気循滑システムを搭載

燃費を10%改善した

割高だが5年ほどで元は取れるという

共同開発した三菱重工はこの技術を武器に
世界展開を進めている

10月
米輸送船への供給決定

三菱重工業 船舶・海洋事業本部 溝上宗二 主席技師
「中国や韓国という相手と戦っていく上で」
「国内造船所はエコシップという切り口がセールスポイントになる」
「空気循滑システムはキーの技術となる」

空気の力を利用した取り組みは
既に身近な所にも

滋賀・東近江市
パナホーム湖東ファクトリーセンター

その工場に建てられた一軒の家
カサートテラ 10月発売

新技術を使ったモデルハウスだ
その狙いは

パナホーム居住環境研究室 中川浩 室長
「CO2プラスマイナスゼロという事で」
「この家が生みだす電気と消費する電気がちょうど同じ」

太陽光パネルや燃料電池などを使い電力を作り出す
しかしココまでは良くある話

±を実現するにはある秘策が

それは一見エアコンの様に見える設備

「床下の空気を使っていて」
「夏は地熱の効果で冷房の温度くらいの冷えた空気が出る」

床下の空気は外気の影響を受けにくく
夏涼しく冬温かい

換気システムを使い吸い上げる事で室内に送り込む
建物の基礎の部分から取り入れた空気が
室内を通り煙突から抜ける仕組みだ

「住宅メーカーとしては冷暖房に関わるエネルギーを」
「建物の工夫で減らすのがポイント」

エアコンの電力消費量15%↓(年間)

CO2±を実現

電力の買い取り価格が高いため
売電による収入 年間約10万円

「空気は移動させるのに低コストでできる」
「扱いやすい熱移動の媒体」
「空気をうまく動かして省エネに生かすのは非常に有効な方法だと思う」

自然エネルギーに注目が集まる中
身近な存在である空気が存在感を高めつつある

*コレが現実になるのはいつだろうねぇ

1/43 ミニカー ニッサン デュアリス 5台セット+パワードスーツ
アマゾンで見る
楽天で最安値を検索
1/43 ミニカー ニッサン デュアリス5台セット+パワードスーツ1体セット


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。