ワールドビジネスサテライト,11/7,コメ・牛肉からみるTPP:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/7,コメ・牛肉からみるTPP

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/7,コメ・牛肉からみるTPP

トヨタ 豊田社長
日産 志賀COO
ホンダ 伊東社長
ら5社が出席し訴えたのは

日本自動車工業会 豊田彰男 副会長(トヨタ社長)
「現在の円高が継続すると日本のモノづくりは空洞化ではなく崩壊しかねない」

超円高に苦しむ輸出産業

国内生産の維持には
減税による国内市場の活性化

*法人税逃れをする企業が多いので
*ソレを防止するように法改正が正しいと思う

日本自動車工業会 志賀俊之 会長(日産COO)
「きょうココに座る危機感は例年にも増して高いものがある」
「日本での生産規模・モノづくりの維持が危機の状況に至っている」

こうした危機感の背景にはTPP問題に対する焦りも

Q.交渉に参加できないと日本は遅れるか

「我々の立場からするとそうなる」
「多国籍での貿易の枠組みは非常に重要」
「蚊帳の外にいることに対する不安感は非常に大きい」

*無知なのか知っててこういう事いってるのかねこの人は

こうした中
TPP交渉を阻止しようと民主党のTPP慎重派議員はきょう
野党も巻き込んでTPP交渉慎重派の超党派集会を開きました

参加者は民主党を含め140人以上

民主党 山田正彦 前農水大臣
「絶対にゆずれない」

社民党 福島党首
「社民党はTPPに断固断固断固反対」

反対意見がヒートアップする一方
民主党執行部は慎重派議員の動きをけん制

民主党 樽床 幹事代行
「決して我々は農業切り捨ての気持ちはみじんも持っていない」

民主党のTPPに関するプロジェクトチームは
きょうも3時間半にわたり議論を続けましたが

推進派と慎重派の意見は平行線のまま

党の意見集約は
最終的に賛成反対の両論併記となる公算が大きく

交渉参加の方針
野田総理が政治判断する見通し

*野田が決断して辞任するシナリオなんでしょ

TPPで市場を開放すれば
日本の農産物はどうなるのでしょうか

消費者の視点から考えてみました

アメリカの代表的な米
プレミアム カルロース アメリカ産米
アマゾンで見る
楽天で検索
プレミアム カルロース  アメリカ産米 10kg
形は日本の米と似ているがコシヒカリ(短粒種)カルローズ(中粒種)

販売価格は現地の2倍程度です

ミニマム・アクセス米
日本が一定量の輸入を義務付けられている

778%の関税はかからないが
ある程度上乗せされ割高に

*んTPPなしでも778%ナシで少し上乗せなら米に対して関係ないね

同じ水量で炊くと

日本のコメよりつやが少ない印象

味は粘り気が少ない印象で
噛んだときの甘みは同程度らしい

一般消費者は
  • 日本産の方あ冷めてもおいしい
  • 食べなれた味がいい

総じて日本の米への愛着は強いものの
価格次第との声もありました

20年前輸入が自由化された牛肉では
国産と輸入の競争が続いています

東京・港区
焼肉苑

アメリカ産ハラミ1人前 580円
国産ハラミ        1250円 

見た目はほとんど変わらず
口に入れた時に国産は溶けるような感じらしい

実際の売れ行きは

焼肉苑 麻布十番店 高橋繁之 店長
「7割から8割が輸入肉を食べる」
「最後に上モノを食べたいという客もいる」

91年に輸入量の撤廃が行われた牛肉
それでも国内生産量は横ばいで

輸入肉と国産の棲み分けが進んできました

牛肉の関税 38.5%

TPPでこの関税が無くなれば
今の棲み分けに変化が起こるのでしょうか

Q.TPP交渉どうみる

焼肉苑 宮本照夫 社長
「ありがたい安くなるから」
Q.和牛はなくなる
「ありえない和牛は優秀な製品」
「世界に向けて売るべき」

ブランド牛で生き残っている生産者は

茨城・常総市
ドリームファーム

40年近く食用牛を育ててきた佐藤さん
91年の自由化で生産者が減る中ブランド牛で乗り切りました

ドリームファーム 佐藤宏弥さん
「自由化以降いかに対抗しようかという事で」
「和牛に切り替えてきた」

肉質のいい牛は”常陸牛”というブランドで
高値で取引されます

今回のTPPについては

「いかに黒毛和牛の常陸牛といえども」
「非常に厳しい状況になるのでは」

和牛 安い輸入牛に押され 値段↓

関税がゼロになれば
さらに厳しい価格競争に巻き込まれるのではと不安を隠せません

「”TPPに参加した場合 畜産はこうなる”というのが」
「全然ないので反対せざるを得ない」

賛成反対と大きく意見が対立するTPP
妥協点を見出す事は出来るのでしょうか

*”TPP 論破”で検索してみよう
TPP亡国論
アマゾンで見る
楽天で検索
TPP亡国論 (集英社新書)
*WBSにゲストで呼んでほしい著者です



Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。