ワールドビジネスサテライト,11/30,クルマ再興への道,三菱自が描く未来像:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,11/30,クルマ再興への道,三菱自が描く未来像

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,11/30,クルマ再興への道,三菱自が描く未来像

三菱自動車の新世代電気自動車として登場した

ミニキャブ・ミーブ
軽自動車のミニキャブをベースに
アイ・ミーブのモーターや電池などを生かして開発されました

コレまでとのミニキャブとの違いとは

ミニキャブミーブ
低騒音→早朝・深夜の配達等で活用

価格240万円(消費税込)~
→政府補助金利用で実質173万円~

三菱自動車 益子修 社長
「商用車は1日に走る距離が大体決まっている」
「夜間に充電すれば翌日の作業に使える」

ミニキャブミーブは
日産とスズキへのOEM供給で合意

働く電気自動車として販売拡大を目指します

さらに電気自動車で培った技術を生かし
今回のモーターショーで発表された車があります

それがコチラのコンセプトカー

PX−MiEV2

売りは何なのか開発拠点である

愛知・岡崎市
三菱自動車 技術センター

を訪ねました

走行テストが続けられるPX−ミーブ2

特長は家庭用電源で充電できるプラグインハイブリッド
プラグインハイブリッド車はトヨタやホンダなども今回のモーターショーに出展しています

他のメーカーとの違いは

三菱自動車 商品戦略本部 服部光善プロジェクトマネージャー
「電気自動車から派生したプラグインハイブリッドEVシステム」

PX−ミーブ2
電気のみでの走行距離→50km以上

他社のハイブリッドプラグイン車と比べて長く走れます

「日常生活のほとんどは電気自動車として使える」

燃費は60km/L

三菱自動車ではPX−ミーブ2をベースとしたハイブリッド車を
来年度中に発売する予定です

短距離に便利な電気自動車とその技術を生かし
長距離に対応したプラグインハイブリッド

益子社長の考える車の未来像とは

東京モーターショーに登場した主なエコカー
トヨタ自動車
PHVプリウス
HVアクア
日産自動車
小型EV PIVO3
ホンダ
PHV AC-X
EV EV-STER
三菱自動車
PHV PX-MiEVU
BMW
EV i3コンセプト
PHV i8コンセプト
メルセデスベンツ
燃料電池車 F125!
フォルクスワーゲン
小型EV ニルス(NILS)

Q.PX-MiVEは開発の流れが逆行している様ですが

益子 社長
「山登りに例えていただければ」
「ガソリン車→HV→PHV→EV」

「山を登っていく感じがあると思うんですけど」

「私どもの場合ハイブリッド技術には先行する他社に勝てない」
「と思いましたので頂点を最初から目指そうと」

「電気自動車の開発に優先順位を置いた」

「開発してみたらPHVの開発もめどが立ったので」
「私どもは山を下りてきている感じですから」

「いずれはHVも商品ラインナップに加えていきたいと思ってます」

Q.PX-MiVE2を元にするPHV車の型は何になるんですかね

「来年新しく出す車でまだ何と公表していないので」
「今日まだ申し上げるわけにはいかないw」

Q.新型PHV車の他社との違う点は

「私どもの波限りなく電気自動車に近い」
「モーターだけで走れる距離が50km/L以上ありますし」
「電気が消費されていくとエンジンが動き出して」
「発電して電気を電池に送ると」
「電気が無くならないように走り続けると」

「高速走行の時はエンジンがモーターをアシストする」
「3つの走行パターンを持っていまして」
「満充電満タンで800km走れると」

「電気自動車では走行距離が短いという問題がありましたけど」
「800km走れればその問題は解決できるんじゃないかと思います」

Q.PHVはガソリンでは走らないんでしたっけ?

「エンジンだけでは私どものシステムでは走らない」
「エンジンはアシストするか電気を起こすために使うか」

Q.急速充電器が普及しなければEVは普及しない?

「E車はシティーコミューター」
「都市である程度短い距離で十分にEV車の機能を果たせると」
「長距離になるとPHVの方がより使い勝手がいい」

Q.楽しくなければ車じゃない楽しくなくても走ればいいドッチのマーケットに力を入れる

「私どもの成長戦略のかでエンジンは新興国と環境対応の2本柱」
「今言った新興国の中間所得層対応としてはミラージュを」
「競争力のある価格で出していく」

「もう一方では環境に力を入れた車の2本立てで」
「という事になります」

*未来を見つめてた三菱自動車復権なるか?
三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈01〉
2030年の「クルマ社会」を考える (フロネシス 1)
アマゾンで見る
楽天で検索
三菱総研の総合未来読本 Phronesis『フロネシス』〈01〉2030年の「クルマ社会」を考える (フロネシス 1)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。