ワールドビジネスサテライト,12/12,技あり!,300回,ものづくり復興の道:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/12,技あり!,300回,ものづくり復興の道

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/12,技あり!,300回,ものづくり復興の道

宮城・気仙沼市

東日本大震災で最も大きな被害を受けた地域の1つだ
9ヵ月たった今もまだかつての町並みは戻らない

しかし人々は確実に復興へと向かっている
市街地から車で15分の場所に

中華高橋(本吉工場)がある
ここで作られているのは高級食材フカヒレの姿煮

この場所を訪れたのは2005年5月
フカヒレは気仙沼が日本一の特産品

その4割をココが生産していた

かつてフカヒレは
お湯でかき混ぜて戻すうちに形を崩すことが多かった

中華高橋が考案したのは技は
圧力釜で戻すことだった

それはフカヒレを崩すことなく
そのままの姿で加工できる技だ

中華高橋を訪れた
工場にかつての姿はない

4つあった工場のうち2つは津波で全壊した

中華高橋 高橋滉 社長
「ここは海面から13メートルと高い」
「でも津波が来ましてね」

唯一の救いは残った工場があることだが
津波による浸水 電気は止まり壁は歪み復旧には時間がかかった

震災からおよそ半年後
10月1日 工場再開

戻ってきた従業員は半分
原料不足でフル稼働とは行かないがモノづくりはできる

中華高橋の新たな挑戦が始まった

「自分たちが復興する環境を与えられたからには」
「先陣を切って原動力となってやっていきたい」

技でもある圧力釜も健在だ
フカヒレも崩れることなくそのままの形を保っていた

6月に再開した気仙沼港
全体の水揚げ高はまだ震災前の1割程度だ

全国1位を誇ったフカヒレの原料のサメの水揚げも止まっていたが
中華高橋の工場再開と共に活気を取り戻しつつある

気仙沼港の付近のフカヒレ工場は中華高橋も含め全滅したが
復興を感じさせる光景が

骨組みだけが残った工場跡2階に
フカヒレの天日干し

復興に向け業者が動き出した

ここに技あり
特産品を絶やさない復興への第一歩

「多くの人に気仙沼のフカヒレを届ける復興してきた事を示していく」
「気仙沼は頑張ってる事を示す」
「それしかないと思う我々にできる事は」

フカヒレの姿煮を供給する事
それが技あり企業からのメッセージだ

気仙沼の南およそ50kmにある
宮城・石巻市

津波で被災したこの地にも
技あり企業はある

ウェットスーツで国内20%のシェアを持つ
モビーディックの技を紹介したのは2006年8月

それはオーダーメードのモノづくり
常にユーザーからの高い信頼を得てきた

震災の影響はあったのだろうか
5年ぶりにモビーディックを訪ねてみた

モビーディック 保田守 社長
「幸い本社工場はほぼ無傷」
「倉庫関係が被災して完全に全壊した」

その場所は本社工場から車でおよそ10分
津波で社長の自宅2階も200m流されたという

自宅を含め出荷間近の商品を全て失った
しかし被災してもモノづくりは続けた

さいわにも無事だった本社工場では
4月1日から生産を再開

製品の中にはこんなモノも

「海上保安庁を始め自衛隊や消防」
「そういった方々用のウェットスーツも作っている」

捜索活動で活躍したウェットスーツだ

保田社長は今回での震災での教訓を形にしていた

「がれきの水中捜索でたいへん苦労している」
「釘や突起物があるためすぐにスーツが壊れてしまう」

そこで丈夫な生地を使い
要所要所に釘などの突起物も貫通しない素材を使ったウェットスーツを完成していた

保田社長
商品開発だけに止まらない

新たな雇用も生みだそうとしている

製品を作る上でどうしても出てしまう素材の切れ端
この再利用を復興に役立てる

「もっと地元の雇用の役に立ちたい」
「被災した方々に内職的な仕事のお願いができないか」

それはウェットスーツの切れ端で作ったアクセサリー

この企画にあたっているのが
製造部長の木村さん

毎日のように仮設住宅を訪れ
被災者に内職の材料を運んでいる

10月下旬から始め
今では被災者10数名が内職している

作っているのはスマートフォン用のケース
メイドイン石巻の商品だ

モビーディック 木村忠弘 製造部長
「年末年始に大量に作る予定」
「皆さんにお願いしようと思っている」

ここに技あり
ウェットスーツの切れ端で仮設の被災者がモノづくり

モビーディック 保田守 社長
「雇用の維持を最優先」
「我々はどうやって生き残っていくべきかを考えた」
「あらゆることできることは何でもやって行こうと思った」

被災地からそして技あり企業から
全国に復興メッセージは届けられている

*モビーディックのブランド”mobby's(楽天)”で検索すると
*ちょっとおしゃれなマリンシューズもあった
mobby's マリンシューズ
アマゾンで検索
楽天で検索
現状アマゾンでヒットしません(12/13現在)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。