ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,バイオ薬で注目の日本技術:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,バイオ薬で注目の日本技術

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,12/16,特集,バイオ薬で注目の日本技術

東京・荒川区
東京女子医科大学 東医療センター

バイオ医薬品の1つ
レミケードを患者に点滴で処方でいている

投与を受けるの間接リュマチの患者
3年前ひざに発症したという佐々木さん

歩く事だ出来なくなったという

レミケード
バイオ医薬品でも主流の抗体医薬品

抗体医薬品は抗体というたんぱく質が
病気を引き起こす物質をブロック

従来の薬のように他の部分に作用せず
副作用が少ないといわれる

実際2年前に初めて投与した時は

佐々木さん
「点滴が終わって帰る次の日くらいには普通になっていて」
「びっくりした」

効果は劇的いまでは
約1ヵ月に1度の点滴で普通の生活が可能

「今はスポーツクラブでエアロビクスもできる」

リュウマチに詳しい

東京女子医科大学 東医療センター 千葉純司 教授
「実際に臨床で使ってみると劇的に効く」
「急激にみんなに支持されている」
「(病状の)進行を抑制する事が目標だが」
「”レミケード”は唯一目標を達成できる薬」

世界の医薬品売上高トップ10
1位 リピトール
2位 プラビックス
3位 レミケード ←バイオ医薬品
4位 アドエア
5位 リツキサン ←バイオ医薬品
6位 エンブレル ←バイオ医薬品
7位 ディオバン
8位 アバスチン ←バイオ医薬品
9位 クレストール
10位 ヒュミラ ←バイオ医薬品

実は医薬品売上高トップ10の内5つが
バイオ医薬品だ

ただ問題は価格

佐々木さんの自己負担額
1回 約13万円

バイオ医薬品の平均価格
従来型の10〜20倍

と高額になるという

「安くなって多くの人が使えるようになれば」
「患者は恩恵を受ける事ができる」

効き目は高いが高額な負担が患者にかかるバイオ医薬品
しかしその価格を大きく下げるかもしれない技術が

群馬県のベンチャー企業で生まれつつある
そのカギがカイコ

一体何の研究なのか

免疫生物研究所 冨田正浩 室長
「繭の中の有用なタンパク質を吐き出させ回収する」

一見普通のカイコだが遺伝子を組み替えた
いわゆる

GMカイコ
カイコの卵に遺伝子を注射して遺伝子を組み替え
繭の中に”抗体”などのタンパク質を作るようになる

組み替え方であらゆるタンパク質を作れるという

例えば試験的に蛍光タンパク質 (ノーベル賞を受賞した”GFP")を
作れるようにしたカイコ

繭の繊維をつなぐセリシンにタンパク質が含まれる
繭を水につければタンパク質だけが溶けだしていく

崩した繭を水の中で攪拌し溶けた水を乾燥させれば
白いタンパク質だけを容易に取りだすことができる

「カイコの場合は温度・湿度をコントロールできればタンクが必要ない」

現在のバイオ医薬品
大型の細胞培養槽などが必要

一方
カイコはコレまでの量産技術通りに飼えばよいという

「カイコ蛾は羽があるが飛べない」

そもそもカイコは
数千年にわたり品種改良され家畜化
→飼いやすくタンパク質を大量に作る

コレによりバイオ医薬品の生産コストが
将来 大きく下がるかもしれないという

免疫生物研究所 清藤勉 社長
「診断薬や抗体医薬を目指している」
「最終的には(薬を)人に使えるようにしたい」

すでに研究用の試薬メーカーと契約
日本の大手企業からも問い合わせが来ているという

さらに地元群馬の経済にも恩恵が
群馬県とGMカイコの大量飼育の実験も始まった

群馬県蚕糸技術センター 伊藤寛 独立研究員
「最大で30万頭まで飼育可能」

養蚕農家のノウハウを生かして
現在3万頭を飼育中

飼育を担当する糸井さん
現在も養蚕を続け年2tほど繭を生産する

しかし絹の利用低迷や海外産に押され
経営は楽ではない

養蚕農家 糸井さん
「繭の値段がだいぶ安くなってこれからどうするかと」
「GM(カイコ)の飼育ができるので養蚕農家にとっても期待できる」

高齢化などもあり激減する日本の養蚕農家
技が失われる瀬戸際でソレを生かすことができそうだと言う

免疫生物研究所 冨田正浩
「テクノロジーと養蚕の技術 両方を持っているのは日本だけ」
「何としても日本で開発すべき技術」

欧米に出遅れていると言われる日本のバイオ医薬開発
古くからの技術を活用し巻き返しを狙う

他の動物の細胞を使い世界初の技術を開発した企業も

埼玉・和光市
カイオム・バイオサイエンス

使うのはニワトリの内蔵の細胞

カイオム・バイオサイエンス 瀬尾秀宗シニアディレクター
「この細胞は遺伝子の組み換えが起きている」
「非常に珍しい細胞」
「この組み換えを驚異的に活性化させる事に成功した」

この細胞
自分の遺伝子を変異させながら自己増殖

この会社ではその変異スピードを
100倍にスピードアップ

ソレによって作り出された数十億種類の細胞から
欲しい細胞を取り出す技術を確立した

無数の種類が入った細胞の液を
欲しい細胞のみにくっつく茶色い試薬に混ぜる

しばらくすると便の中に茶色いシミのような部分がでる
これが目的の細胞だ

コレにより

従来 マウスで約半年
新技術 ニワトリで約10日

カイオム・バイオサイエンス 藤原正明 社長
「世界中の医薬企業と話をしている約200社」
「契約(への話)はその上位10%くらい」

カイオム・バイオサイエンス
12月20日 東証マザーズに上場予定

その資金でさらに高速でバイオ医薬品を作る技術を完成させると言う

日本で急速に進む新たな生産開発技術
バイオ医薬品を低価格で手にできる日も遠くないかもしれない

*なんかバイオハザードが起きそうな開発方法だなぁ
ここまで進んだ次世代医薬品
ちょっと未来の薬の科学
アマゾンで見る
楽天で検索
ここまで進んだ次世代医薬品 ―ちょっと未来の薬の科学 (知りたい!サイエンス)




Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。