ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,復興特区ようやく始動:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,復興特区ようやく始動

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/21,特集,復興特区ようやく始動

復興特区とは
被災地の経済の活性化目指した制度で
”法人税などの減免””規制緩和”など

復興特区法のメニューから
被災地自治体が選んで申請

今までに

復興特区
青森 あおもり産業づくり復興特区←
岩手 産業再生特区←
    保険・医療・福祉特区
宮木 千賀の浦観光推進産業集積地域←
    農と食のフロンティア推進特区←
    民間投資推進特区←

が申請されていて
そのうち5つが法人税の優遇措置を使って

企業の設備投資や
新規進出を促す内容となっています

この中で法律が想定する税の優遇措置の
ほぼ全てを申請した

青森・八戸市
を中心とする特区を取材しました

震災で多くの被害を受けた市は
先月末復興特区の申請をした

三菱製紙・八戸工場
関連企業を含めて2000人以上を雇用する
八戸市最大の工場だ

被害総額200億円以上
→秋には震災前の生産量まで回復

今後は復興特区の活用を検討している

”あおもり生業づくり復興特区”特例措置
  • 新規立地 新設企業は5年間法人税 実質無税
  • 設備投資に対する税額控除
  • 固定資産税など地方税の減免など
 
コレを活用し新分野への進出を目指す
 
三菱製紙 執行役員 日比野良彦 八戸工場長
「(工場の)エネルギーと土地と人を有効活用する分野がある」
「その1つがアグリ(農業)分野」
 
特区の後押しを得て新たな産業として注目される
植物工場への進出を検討
 
沿岸部の工業地帯で建設が進む
天然ガスの輸入基地
 
JX日鉱日石エネルギー
八戸LNGターミナル
 
震災前に着工
2015年に操業開始予定
 
現場を訪れる市の職員
 
震災前から計画されていた事業を
あえて積極的に特区で優遇しようというのだ
 
その理由は
 
八戸市 産業振興課 市川国昭さん
「東日本大震災で(八戸エリアでは)1000人近くが解雇された」
「まずは1000人の雇用をつくって以前の姿に戻す」
 
八戸市が重視するのは地元の雇用
この天然ガスプラントの建設は
 
建設作業員として約600人を雇用
 
建設中のプラントに加えJXではさらにもう1つ
LNGタンクの建設を検討している
 
八戸市としては復興特区の活用で
今の計画をスムースに進めてJXの次の投資を促し
 
雇用に繋げる狙いだ
 
JX日鉱日石エネルギー 天然ガスプロジェクトマネージャー 松田浩二さん
「大規模な投資をするのでいくつか該当しそうなモノがある」
「八戸市と協議して進めていきたい」
 
数百億円規模の投資を検討しているJXにとっても
特区のメリットは大きい

工業地帯に隣接する八戸港お菓子メーカーしみず食品の工場がある
 
津波の被害を受けた11ヵ月前のままだ
 
しみず食品 田中洋 代表取締役
「もう一度 大きな津波が来た時にどうするのかがトラウマになってて」
「なかなかココでやる決断ができない」
 
震災前にはココで125人の従業員が働いていたが
今では全て解雇
 
地域では大手の菓子メーカーで
アメリカや中国にも輸出していた
 
津波のない内陸部への移転を検討するが
土地購入は復旧補助金の適用外
 
「まるまる土地をか買わなければいけばい」
「ゼロというよりマイナスからやらなければいけない」
 
復興特区制度
投資への税制優遇はあるが
直接の資金援助なし
 
「復興特区で税制の特遇の話は出ているが」
「コレだけでは前に進む事ができるのかという不安感はある」
 
自力の投資が難しい中小企業には
復興特区はまだまだ遠い存在だ
 
八戸に視察にやってきたITベンチャーの代表たち
人件費の安い八戸市への進出を検討中だ
 
プログラミングファスト 松本享 社長
「システムを使った実際の業務運用を求められるので」
「その拠点として地方人材の活用を考えている」
 
呼び込みたい八戸市は特区を売り込むが
製造業と比べて設備の少ないITベンチャーにとっては
 
今回の特区は活用しにくいようだ
 
マクロミル 八木学 執行役員
「特定の業界しか適用のイメージがない」
「未完成な制度という印象」
「僕らの業界としてはイメージが遠い」
 
八戸への進出は今後も検討するが
特区の利用は当面考えないという
 
18日
宮城県庁
 
平野復興大臣が
被災した自治体との意見交換のため訪れていた
 
意見交換会は復興庁設立後初めて
自治体からは復興制度をもっと使いやすくしてほしいと
声が相次いだ
 
コレに対し
 
平野復興大臣
「私から見ても復興税制は分かりづらい」
「進めていくには隙間がある」
「正すべきは正す姿勢で臨む」
「よろしくお願いします」
 
動き始めた復興特区
地方の声に耳を傾けて柔軟に制度を変えていけるかが問われる
 
*大企業専用になってるな・・・
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか?
アマゾンで見る
楽天で検索
地域再生の罠 なぜ市民と地方は豊かになれないのか? (ちくま新書)
 
 


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。