ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,治る!最前線,患者急増 前立腺がん治療の現場は・・・:ワールドビジネスサテライト.Log

ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,治る!最前線,患者急増 前立腺がん治療の現場は・・・

ワールドビジネスサテライト.Log
トレたまは上のカテゴリーから飛んでください

番組でよく使われるアンケート
>>マクロミル
関連記事:金曜フォーカス,ネット予約維新
関連記事:超・円高時代の資産運用は

↑海外旅行の両替に便利↑
番組でも使われるアンケートに参加しませんか

ライブ 商品先物 表の提供はForexpros.jp
このクロスレートの提供はForexpros - FX ポータルサイト
Seesaaモバイルにも広告がはれる!
マイクロアドBTパートナーでおこづかいゲット!
test
WBSRSSボタン.png
Sponsored Link

ワールドビジネスサテライト,2/24,特集,治る!最前線,患者急増 前立腺がん治療の現場は・・・

男性だけが持つ臓器
前立腺

いまその癌が急速に増えているという

肺がんに次いで
男性で2番目に多い患者数になるという予測も出ているのだ

食の欧米化が原因とも言われている
そしてこの前立腺がん死亡率こそ低いが問題がある

それは・・・

東京女子医科大学 肝臓病総合医療センター 泌尿器科
田邉一成 主任教授
「勃起神経の温存や尿失禁を少なくする」
「といった成績が少し悪かった」

男性機能や排尿機能を失う割合
約50%

急増する前立腺がん
その最前線を追った

東京・新宿区
東京女子医科大学病院

この日手術をするという60代の男性
3ヵ月前前立腺にがんが見つかった

検査で早期に発見されたというこの患者のがん
前立腺を摘出する手術をする事になった

「前立腺と精嚢線をそっくり摘出する」
「片側だけ神経を残して男性機能を温存し」
「尿失禁もなるべく抑えたい」

前立腺は狭い骨盤の中にあるため
手術がし辛い

そして男性機能や排尿機能を温存するためには
張り付いている神経を傷つけずに前立腺を取りださなければならない

そのためかなり精密な手術が必要で
これまでは機能を維持できない事が多かったのだ

問題解決のため去年導入したのがコレ

手術支援ボット ダビンチ(動画は別の病院)

日本にはまだ40台ほどしかない

ロボット用のアームのわずか8mmほどの先端部分は
360°回転し細やかな動きができる

そしてロボットの目となるのが
腹腔鏡という医療用のカメラ

体の中に挿入し中を映し出す

医師はロボットから離れた操作台に座り
10倍に拡大された腹腔鏡の3D映像を見ながらコントロールする

その手の動きは半分から1/5に縮小されロボットに伝えられるので
コレまで不可能だった細かい作業ができるのだ

さらに
微妙な手ぶれもコンピューターが補正してくれるので
手術の安全性も飛躍的に高まったという

無事に前立腺を取りだした
この患者は男性機能を失わずに済んだのだ

コチラではロボット手術を導入した結果

男性機能を温存できる割合
導入前 50%
導入後 70%


20%上昇したという

このロボット手術
4月から保険適用される予定だ

「日本人も男性機能温存を望む人が増え」
「失禁は誰でも嫌」
「こういった機械を使うことで正確な手術が可能になり」
「機能を温存できる確率は上がる」
「今後は前立腺がんのメインの手術法になっていくのは間違いない」

前立腺治療のもう1つの柱
放射線

ココにも男性機能を守る
新しい治療法が登場している

3ヵ月前にがんが見つかった50代の患者

この患者が受けているのは
4年前に保険適用になったばかりの

IMRT(強度変調放射線治療)
患者にピンポイントで放射線を照射する事ができる

手術は持病の合併症のため断念したのだ

手術が始まった

まずは
超音波で前立腺の位置を確認する

そして予め測定してあった線に沿って
ミリ単位で機械を調整

前立腺を正確な位置に置く事が
この治療のカギを握るのだ

そして放射線の照射が始まった

実はこの放射線の当て方にあった課題を
この治療法が解決したのだ

コレまでの方法では
正常な組織にも多く放射線が当たってしまい
機能の低下や直腸からの出血などリスクがあった

またそのリスクを抑えるために
放射線を抑えていて患部に十分な量を照射できないでいた

そこでIMRTでは

放射線の範囲や強さを細かく調整
前立腺の形に合わせて照射する事で

必要な部分にだけ放射線を強く当てる事ができるようになった

放射線の調整は放射口に取り付けられた
120枚の鉛の板マルチリーフコリメーターで行う

放射線を通さない鉛で
前立腺の形に合わせた照射口を作り

当たる範囲をコントロールしているのだ

コレにより従来型に比べ
放射線が当たる範囲が狭くなった

IMRTにより
患部にあたる放射線量は増加

治療成績は
手術の水準に近付きつつあるという

東京女子医科大学 放射線腫瘍学講座 前林勝也 講師
「患者の負担を減らしつつ治療効果を上げて」
「副作用は変えないという方向に進んでいくのが」
「前立腺がんにはいいのかなと考えます」

日常生活の質を左右する大事な機能を守る
そんな治療法が広がっている様だ

*食事が原因なら食事で何とかならんかね?
晩期ガンから生還した15人の食事
 (膵臓・食道・胃・大腸・肺・前立腺・卵巣・乳ガン…奇跡の症例)
アマゾンで見る
楽天で検索

晩期ガンから生還した15人の食事 (膵臓・食道・胃・大腸・肺・前立腺・卵巣・乳ガン……奇跡の症例)


Sponsored Link
トップページに戻る

参加ブログランキング

にほんブログ村 ニュースブログ 国内ニュースへ人気ブログランキングへ

 

相互リンク募集

プロフィール

WBS

バスケットマン

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

メインブログ買い捲リンク


ゲームのブログ

DNFCbanner定.jpg
楽天のサービス
楽天トラベル
楽天トラベル(高速バス予約)
楽天仕事紹介
楽天カード
楽天プレミアムカード
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。